ハローワークの求人紹介を利用して、内職を見つける方法とは。

スポンサーリンク

内職とは?

製造業者や問屋、仲介業者より仕事を任せられて、企業側にて準備した製造用の道具や材料を使って企業から任された成果物を作る仕事のことで、工場などに出向くことなく自宅のような自分の好きな場所で仕事が出来る職種です。

厚生労働省にも定義されている仕事スタイルでこの仕事に準拠する方は「内職的家内労働者」と呼ばれています。2009年時点で「内職的家内労働者」は14万人との統計が出ています。

また、最近ではパソコンやスマートフォンの普及拡大、インターネット通信網の完備により、パソコンやスマートフォンを使ってデータ入力やテープの文字起こし、インターネット上にあげられるホームページの作成などの新たな内職の形態も出てきています。

ハローワークで本当に内職は募集しているのか?

結論から先に言います。

答えは「半分ノー」「半分イエス」です。

これではどういうこと?と疑問に思われるかと思いますので解説をします。

まず、ハローワークのホームページにも明記されているのですが、『ハローワークでは内職(ハローワーク)について紹介は行なっておりません。』としっかり明記されています。

そのため、内職という特定分野での求人は紹介されていないことが分かります。

ただし、『雇用関係のある在宅勤務の求人については取り扱っております。』との内容も同じハローワークのホームページにも明記されているため、求人紹介がまったくないわけではないということも分かります。

要約すると、ハローワークの目的は企業と労働者が雇用契約を結ぶことが重要と考えているため、雇用契約があれば、内職でも工場勤務でも構いませんよということです。
この場合は、『内職』という定義ではなく『在宅勤務』と定義されます。

そのため、紹介状のなかに『内職』『在宅ワーク』という記載があっても問題はないため、フリーワードで『内職』『在宅ワーク』『在宅勤務』と検索すると、内職や在宅ワークでの仕事を探すことは可能です。

内職、在宅ワーク、在宅勤務の違い

まず、『内職』と『在宅ワーク』の違いですが、これに関しては仕事内容と法的な扱いが違います。

『内職』
刺繍や編み物、部品組み立てなどの手作業が中心の仕事のこと。
「家内労働法」により最低賃金や責任問題の定義がされており、法律により保護されている。

『在宅ワーク』
データ入力やテープ起こし、Webライターなどのパソコンやスマホなどで行なう作業。
新しい仕事スタイルでガイドラインが制定されているのみで法的な保護は一切ない。

次に『在宅勤務』の違いについてですが、これに関しては雇用契約のありなしによって変わります。

つまり、企業に雇用されて企業の保護のもとで内職や在宅ワークを行なうことで仕事内容は問われません。
『在宅勤務』の場合は、「労働者基準法」の保護のもとで仕事を行なうことが出来ます。

ハローワークに求人が載っているのもこの『在宅勤務』となります。

ハローワークでの内職探しのメリット

では、ハローワークでの内職探しのメリットを考えていきましょう。

先述したとおり、ハローワークでの内職、在宅ワークは『在宅勤務』の紹介になります。

当然、正社員としてではなくアルバイト、パートでの雇用がほとんですが、ハローワークで内職を探すメリットについてはどんなことがあるでしょうか?

まず、求人紹介を受けるにあたって、ハローワークの求人情報については紹介者(企業)の情報が載っていることからどういった企業なのか情報が集めやすくなりますし、ハローワークの職員さんからどのような企業なのかといった情報を聞くこともできます。

また、その求人紹介にどのくらい人が応募しているのかといった情報も職員さんから聞くことが可能です。

就職後は、安定的に企業側から仕事を割り振ってくれるのは魅力的といえます。

また、源泉徴収なども企業側が行なってくれますので、確定申告の必要などもありません。

ハローワークではない内職探しのメリット

ハローワークを利用せずに内職、在宅ワークでの求人情報を探すには、求人雑誌、広告、インターネットから仕事を探すことができます。

しかし、これらの情報はハローワークに比べると情報量が少ないことが多く、どういった企業なのか不明になりやすいといえます。また、インターネットに至っては取引相手が企業なのか個人なのかさえ分からないということさえあります。

ただし、最近ではインターネットで募集している「在宅ワーク」については仲介企業が専門のサイトにて仕事の請負から報酬の支払いまで仲介してくれるサービスもありますので、相手の存在が見えなくても仲介企業経由でトラブルなく仕事を行なえる環境は整いつつあります。

また、雇用契約のように安定的な仕事は望めませんが、仕事の内容や時間の融通などが変えやすいため、より自由な環境のなかで仕事が出来るのが在宅ワークのメリットともいえます。

ハローワークでの内職探しは雇用契約を前提としている

ハローワークで安心して内職、在宅ワークを探したい方には相手企業の見えやすい雇用契約を結ぶ形式で内職、在宅ワークをしたい方におすすめできるといえます。
フリーワードで『内職』『在宅ワーク』『在宅勤務』と入力すると求人情報が見えられるので一度検索してみてはいかがでしょうか?

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。