時代とともに内職の内容もかわってきています。

スポンサーリンク

内職というと

内職というと、在宅でできる仕事になるため、研修などがいらず、誰でもすぐにできる簡単な仕事が多くなります。
例えば、服飾関係などではボタンつけ、事務作業では、シール貼りや景品の詰め物など工場などで行う作業的なものが中心になっていました。

物の作業になるので、当然場所もとりますし、数を大量にこなさないとなかなか賃金もあがることができません。
内職は、技術や何か資格のある人は別にして、多くの人が誰でもすぐできる作業に近い仕事をするので、長時間、低賃金といったイメージもあります。

しかしそれでも内職という仕事がなくならないのは、家庭の事情で、時間などに制限があって少しでも生活の足しにできるように働くという状況の人が多くいて需要があるからなのです。

今内職の求人は

それでも今は、インターネットが普及したおかげで内職の仕事も様々なものができるようになっています。
パソコンがあればできる内職の仕事として、データ入力や記事を書くライターなどの仕事もあります。

また、スキルがあれば、webコンテンツの作成やデザイナー、プロブラミングなど今までは会社で行っていた仕事が内職でできるようになってきています。

電話があれば、コールセンターのような仕事も内職でできるのです。
世界をみるとこういったことは、既に当たり前で自宅や会社以外のところで仕事をすることをリモートワークなどと読んだりしています。

今は、家にパソコンがあることが普通になったので、スキルがあれば、内職でも働いている時と同じくらい稼ぎだすこともできるようになってきているのです。

内職のメリットとデメリット

内職をする理由のひとつに、家の中で仕事ができるということがあります。家から出ることができない。介護や子供の世話など外出できない理由はいろいろあるかもしれませんが、会社にいって仕事をすると通勤時間などでかなりの時間を会社に拘束されていまいます。
なので、会社に行かず、仕事を家でやる場合、ノルマはきまっているので、その仕事だけ集中して行うことができ、時間を節約することができます。

さらに、スキルがある場合は、好きなことを仕事にすることができます。
逆にデメリットしては、仕事が安定しない、会社員のようにいろいろと複利厚生などがないため、体調管理などに気を付けないといけないこと。

そして、賃金が通常に働くより低く設定されていたりする場合があります。
会社にとっては、人件費を抑えることができるのにも関わらず、大抵外でバイトをするよりも低く設定されているところが多いです。

内職を探すにはどうしたよい?

内職を探すには、内職・求人で探してもでてきますが、パソコンが家にある場合は、在宅ワークというので求人を探すこともできます。
最近は、企業も在宅ワークに力を入れてきているので、在宅ワークで行う仕事が増えてきてが探しやすくなっています。

昔の袋詰めなどのような作業に近い内職は、場所をとりますので、部屋に入りきれないなどということがないように、事前に確認した方がよいです。

内職は、自分ひとりでやるのでどうしても時間配分をきっちりしていかないと大変です。
自分の興味があることや好きなことからはじめて慣らしていくことも大切だと思います。

自分ができるスキルが見つからない場合は、作業に近いものから選んでいくのも一つの方法だと思います。

内職をする際の注意点

昔も今も内職に関する詐欺のような事件は多いです。内職ですぐに儲かるなどという話は、基本あやしいと思ってください。
内職は、一般的に特別なスキルを必要としない場合は、低い賃金設定になっています。
作業のような内職はかなり量をこなさないといけないです。

また、内職をするにあたりお金を先に支払わないといけないというところも疑った方がよいです。
とりあえず、内職をする前に作業内容や賃金、会社などを調べてから申し込みをすることをおすすめします。

内職をしたいと思ったら

内職には、作業的な内職とPCスキルを必要とした内職があるということ。

PCスキルを必要としている内職は、在宅ワークという名前に変わってきており、今の会社員と変わらない仕事をする場合も多くあるということ。

賃金も通常会社で働くよりも安く設定してあるところがほとんどだが、本人のスキルによって賃金もアップする可能性があること。

どの内職にしても、最初に入会金などの資金を支払ったり、すごく儲かるような内職の求人は、詐欺の場合もあるので注意することが必要です。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。