意外としられていない国会議員の仕事と給料について

スポンサーリンク

国会議員とはどの様な人たちなのでしょうか

国会議員になるための資格としては、日本国民であり、かつ、25歳以上であれば衆議院議員に、30歳以上なら参議院議員になることができるとされています。ですので、極端に言えば学歴、経歴はまったく不問とされます。

ですが、現実的には国民の代表者となる、限られた人数しか枠のないのが国会議員という仕事ですのでそう易々とは当選することは出来ません。

多くの人々の共感を得て、国政でどれほどの国民の期待にこたえ、日本という国を繁栄させていくことが出来るのかをきちんと示すことが出来なければ国会議員に当選することは非常に難しいといえます。

幅広い人脈を持ち、国民にその知名度を広げることの出来、国民の期待にこたえることが出来るという信望を集めることが出来る人。それが国会議員になっている人々といえるかもしれません。もちろん、中にはとんでもない国会議員もいますが。

国会議員の仕事とはどのようなものでしょう

国会議員のしごとの中核は日本という国の発展や日本国民の幸せのために必要な法律を作ることです。そして、その法律を作る場所が「国会」です。

国会のない期間は地元に帰ってその地域の人々の声を聞いたり、問題があればどのように今後取り組んでいくかを秘書ともに考えたり、地元に戻らずに議員会館などで陳情を聞いたりなど、常に休むことなく国のため、国民のために仕事をしています。

国会議員の中には「衆議院議員」と「参議院議員」があり、それぞれの仕事には多少ちがいがあります。衆議院では法律を作ったり、予算案を審議したりと、主体的に国会での活動を行い、参議院ではそれらについて再可決を行います。これにより、一院制と比較するとダブルチェック機構が働き、独断的な政治運営は出来ない構造になっています。

国会議員の年収の実態

さて、国会議員の年収はどの程度のものでしょうか。
国会議員の給料は「歳費」と呼ばれ、特別な役職についていない議員であっても年収はおよそ2,000万円といわれています。これに加え、「期末手当」と呼ばれる、会社員でいうボーナスのような手当てや、業務上必要とされる「事務通信費等」が給与とは別に支給されますので、これらをあわせるとかなりな額の収入を得ていることになります。

この、議員個人の収入以外でも、3名の秘書(政策秘書、第一秘書、第二秘書)については公費で雇いいれることが認められており、この額は3名分で1,800万円以上となります。

さらに、国会議員には公務に必要であると言う理由から、「JR特殊乗車券」や「国内定期航空券」が支給されます。

これら以外にも、各党に分配される「政党助成金」もありますので、これらをすべて合計すると、ゆうに議員一人当たり5,000万円以上の歳費および公費がかかっていることになります。

国会議員になるために必要な資金

国会議員になるための資金はどれくらい必要なのでしょうか。
まず、国会議員は国民の代表として国会で立法や予算編成に携わることから、その仕事は日本という国を幸せな未来へと導いてゆく、きわめて重要な舵取りをおこなう責任を負っています。

しかも、衆議院・参議院ともに国会議員の定数数が決められていますので、そのイスを得るべく、選挙で当選を果たさなければなりません。

ここで重要となってくるのが選挙資金です。もちろん、選挙の期間や候補者の意向によっても変わってきますが、一般的にはおよそ1,000万円以上の選挙資金が必要と言われています。

この選挙資金のほかにも、選挙区選挙の場合は300万円、比例代表選挙の場合は600万円の供託金の支払いも必要です。(この供託金は一定の得票数に達すれば返還されます。)

特定の政党に所属していれば、それらの政党からの支援を得て得票数の増加を見込むことも出来るでしょう。そして、多くの立候補者は政党からの支援を取り付けて得票数の上積みを得座しているのが現状です。

ですので、一個人がそう簡単に国政選挙で当選できるものでもないといえるでしょうし、選挙辞退に多額の費用がかかります。

国会議員として仕事をするために必要とされる費用

国会議員の給料(歳費)や支給される公費を合わせると多額の金額になることは先に触れましたが、では、実際に国会議員になってから日々の仕事や国会議員としての活動をおこなうために必要とされる費用にはどのようなものがあり、どのくらいかかるものなのでしょうか。

国会議員の主な仕事の一つとして、地元の人々との交流や付き合いがあり、これらの付き合いを通して自身への支持者・自身の政党への支持者を増やしていきます。この支持者が増えれば増えるほど、様々なしがらみが必然として発生します。多い人では年間に100回以上もお通夜へ出向き、年末年始のあいさつ回りや忘年会新年会への出席数も年間100回を越えることもあるようで、この場合、年間に100万円以上の出費となります。

実際のところ、ほとんど休むまもなく国会議員としての日々の活動をこなしている人が多いと思いますので、その仕事の多忙さやさまざまなしがらみを考えると、収支的にはそれほど高給を取っている職業ではないかもしれません。国会議員の中には、単純にお金がほしいのであれば外資系の会社に就職するほうがいいと考える人もいるくらいです。

国会議員の仕事と給料について・まとめ

国会議員の主な仕事としては、国旗においては法律を作ること、予算編成を行うなどがあり、国会以外では国民の声を聞くこと、後援者との付き合いなどがある。

給料は歳費以外にも公費のものがあり、一見高額な収入を得ているように思われるが、実際の仕事の多忙さや仕事がらみの支出の多さを考慮すると、必ずしもそれほど高給取りとはいえない場合もある。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。