意外!?職業別の平均年収順位ランキング

今回は、職業別での平均年収について調査してみました。
医者やパイロット、弁護士などの給料が高いといわれているなか、実際はどうなのでしょうか?

30位は製鋼工の486万円です。
製鉄工場などの溶鉱炉で製造されたものを精錬し、鉄鋼も性質に有害な不純物を取り除く仕事です。

29位はキャビンアテンダントの487万円です。
客室乗務員、飛行機でのサービスをします。女性しかなれない仕事です。

28位は港湾荷役作業員の492万円です。
港湾での荷役作業に関わる仕事です。

27位は技術士の511万円です。
技術士の資格をとることで任されられる仕事です。さまざまな分野があります。

26位は各種学校・専修学校教員の513万円
教育業になります。知識、教え方などスキルが必要です。

25位は診療放射線技師の514万円。
放射線の機械を病院で扱う仕事です。

24位は薬剤師の529万円
薬剤師の国家資格が必要になります。薬学部の大学を卒業しないと薬剤師の国家試験の受験資格を得ることができません。

23位はシステムエンジニアの538万円。
コンピュータスキルが必要になります。
プログラミング言語の勉強が必要で今はJAVAなどが主流になっています。

22位は獣医師の545万円。
こちらも獣医師の資格が必要です。

21位は電車車掌の550万円。
私鉄やJRなどがあります。責任が伴う仕事です。

20位は一級建築士の580万円
建築の知識が必要で、これも資格が必要な仕事になります。建築学科を出ていないと受験資格がありません。

19位は不動産鑑定士の629万円
これも難関資格の不動産鑑定士の資格が必要になります。
公認会計士試験、司法試験と並ぶ日本の3大資格とも呼ばれています。

18位は電車運転手の639万円
JRなどに就職しなければ電車の運転をすることはできません。

17位は弁護士の642万円
ここで弁護士です。以外と少ないです。司法試験という難関な資格を合格しなければならないのにもかかわらず1000万円の大台を突破することはできていませんが、実力でかなり年収が異なってくる仕事になります。

16位は研究者の669万円
企業の研究者、大学や研究機関の研究者に分かれます。
最低で修士課程が必要で、博士課程がないと厳しい世界になります。

15位は歯科医師の679万円
歯科大学を卒業しないとなれません。

14位は海上保安管の688万円
海上保安庁の採用試験にパスしたものだけがなれる職業になります。

13位は高等学校教員の690万円
高等学校の免許、各都道府県での採用試験に合格しなければなりません。

12位は記者の695万円
新聞社などのマスコミに入って行う仕事になります。
いろいろなタイプの記者がいますが、やはりスクープを入手するのが大変なのといろんなところにアンテナを張っていないと記事を書くことができませんし、文章力がないと記事をおこすことができないので入社するさいにも学歴が必要です。

11位は大学講師の703万円
博士課程などを取得して、社会的に認められた人のみがなれます。

10位は税理士の713万円
これも難関資格に合格しないとなれない仕事です。
税の仕事に関わる仕事で税理士事務所だけでなく企業でも重宝されます。

9位は公認会計士の713万円
難関資格である公認会計士試験に合格しなければならないため給料も高めです。
大企業には必要な人材となります。

8位は消防士の717万円
ときには命も伴う使命感のある仕事が消防士です。

7位は公立の小中学校教員の742万円
教員免許が必要で各都道府県の採用試験に合格しなければいけません。

6位は公立の高等学校教員
なかなかなるのは難しい仕事です。採用試験の難易度が高いです。
高等学校の免許は教育学部以外でも取得することが可能ですが、けっこう大変です。

5位は警察官の813万円
町を守る、人を守る仕事で大変な仕事です。

4位は大学準教授の862万円
大学教授の1つ前の役職です。

3位は大学教授の1081万円
1000万円を突破。やはり大学教授は高い給料をもらってます。

2位は医師の1144万円
医学部に行かないとまずなれません。なるのが難しい。

1位はパイロットの1152万円
航空会社に入社後、適正があえばなることができます。
というランキングになりました。

実際のところ見てみると、世間のうわさはだいたいあっていますが、以外なことに弁護士の年収が低いことが分かります。
これは司法試験の合格者が増えて、弁護士の数が飽和していることが原因だと思われます。
ただこれは平均であって弁護士には数千万円稼ぐ人もいるなか全く稼ぐことができていない人もいるのが現状です。

また、これはあくまで職業別ですので勤め先によって給料はかなり異なってくると思います。また中小企業、大企業と比べると大企業のほうが平均年収は高いですが、中小企業の中でも、役職につけば大企業の平社員より圧倒的に年収は高くなります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。