高卒でもつける給料のいい仕事

スポンサーリンク

高卒で給料のいい仕事に就くための原則-独立

高卒で給料のいい仕事に就くための原則として言えるのは、高卒でも良い給料を得たいと思ったら独立するということを視野に入れる必要があるということです。会社員や公務員といったような組織で働いてしまえば、特にその組織が大きければ大きいほど個人の能力よりもシステム化された給与体系に基づいて給料が決められてしまうことになります。

このような給与体系というのは基本的には学歴をベースに作られている場合がほとんどになります。したがって、このような学歴をベースとした給与体系を取っている企業などにおいては高卒であれば高収入を得るというのは難しくなります。したがって、高卒でも給料のいい仕事を得たいと思った場合は独立というものも視野に入れる必要があります。

高卒で給料のいい仕事に就くための原則-手に職を

高卒で給料のいい仕事に就くための原則としては手に職をつけるということも挙げられます。学歴で高収入を見込む事が出来ない高卒者であれば、高収入を得るためには仕事の実力で周囲を納得させる必要があります。このような仕事の実力が一目で分かるような仕事のタイプとしてはいわゆる職人の仕事のような手に職と言われてるタイプの職業があります。

上記で述べている手に職タイプの仕事の代表例としては大工・電気工事士・配管工・トラック運転手といったような仕事を挙げることが出来ます。このような仕事はいわゆる熟練の技が光るという分野になります。また、今流行りのIT系企業のように苦労して身に着けた知識や技術が数年で陳腐化するといったようなこともありません。したがって、腕を磨けば磨くほど高収入が期待できます。

高卒で給料のいい仕事に就くための原則-継続

高卒で給料がいい仕事に就くための原則として挙げられるのが継続になります。日本の雇用システムにおいて何かとデメリットとして挙げられることが多いシステムが年功序列賃金システムというものになります。これは長く務めることにより給料が上がっていくというシステムになっており、実力のある若手からは働いた分の給料がもらえないという不満の種になっています。

ただ、このような年功序列賃金システムは高卒者のような人にとってはむしろメリットになります。高卒であってもずっと継続して同じ仕事を続けていることにより、賃金が徐々に上昇していき、大卒で入って来た若手社員などと比較するとかなり高い給料をもらうことが出来ます。

職種で給料が決まっており、いくらその仕事を続けても同じ仕事内容であれば給料がずっと変わらないことが多いという諸外国の賃金システムと比較すると、日本の賃金システムは高卒などでも継続することによって、給料面の挽回が効くシステムになっています。

高卒で就ける給料のいい仕事-生保レディ

高卒で就ける給料のいい仕事の具体例としては生保レディの仕事があります。この生保レディという仕事は女性限定になりますが、高卒でもかなりの高収入を得ることが出来る可能性がある仕事です。

というのも、この生保レディの給料というのはどのくらい生命保険の契約を取って来たかという事で決まる完全な歩合制の仕組みになっており、そこに学歴は全く関係ありません。自分自身が優れた営業能力を持っていたら、それこそ年収1,000万円以上稼ぐことも現実的な職業になってきます。ただし、その反面保険契約がまったく取れない場合はかなり安い給料しか得ることができません。

高卒で就ける給料のいい仕事-ガテン系の職場

高卒で就ける給料のいい仕事の具体例としてはガテン系の職場を挙げることが出来ます。このようなガテン系の職場は基本的に高卒の男性向けの給料のいい仕事になってくるでしょう。ガテン系の職場で最も多いのが建設現場での仕事になります。建設現場で働く大工・とび職といったような仕事はガテン系の仕事の代表例になります。

このような建築系の仕事については東日本大震災の復興需要に始まり、2020年の東京オリンピックに向けた建築ラッシュもあり、今後しばらくは安定して需要があると言われています。また、しばらく続いた建設不況によって、人材も不足しているため、高卒であっても高収入を得られる給料のいい仕事になっています。

高卒でもつける給料のいい仕事まとめ

上記の文章では高卒でもつくことの出来る給料のいい仕事について紹介してきました。色々な事情があって大学を卒業できなかったとしてもあきらめる必要はありません。高卒でも高収入を目指しているのであれば、上記で紹介したような給料のいい仕事に就くことを狙ってみましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。