給料いい仕事は難しい?仕事の難易度と給料について

スポンサーリンク

給与いい仕事に共通した条件

冒頭でもお伝えしたように、給与のいい仕事にはある共通した条件があります。それは責任が伴うか技術が求められる、ということです。

これはどんな業界のどんな職種を例にとってもいえることですが、平社員よりもリーダーや管理職などマネジメントを行う仕事の方が給与は高くなります。よほどインセンティブが発生するような仕事でない限り、これに例外はありませんよね。

また誰でもできる仕事であれば、経営者は外国人労働者や学生など安い人件費で雇える人を求めます。しかしながら最初から高い職業スキルを持つことはできないですよね。リーダーやマネジメント業務もいきなり任されることはほとんどありません。

したがって給与がいい仕事に就く為には最初は安い給与が働いたとしても、自分自身の業務スキルを磨くことが大前提となるのです。

給与いい仕事が多い業界について

給与のいい仕事について考える際は、業界選びが欠かせません。沢山の給与を受け取る為には、職種だけでなく、景気のいい業界を見極めることが大切なのです。

では給与のいい仕事に就く為にはどのような業界を選ぶべきなのでしょうか。それは次のような条件を満たす業界です。

・国の助成金や補助の影響が大きい業界
・長期的に見たら伸び続けている業界
・大企業が複数存在する業界

これらの条件を満たす業界について考えてみましょう。例えば以下のような業界はこれらの条件を満たします。

金融業界、保険業界、マスコミ、不動産、通信業界などはこれらの条件を満たしますよね。そして実際にこれらの業界はテレビコマーシャルを常時出し続けることができている業界です。

それは循環しているお金の金額も大きいことを意味しているのです。

給与いい仕事に就く為の職種の見極め方とは?

給与いい仕事といえば、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。一般的に給与いい仕事は医者や弁護士、もしくはエンジニアなどの専門的な職種ですよね。

ではなぜこういった専門的な職種は給与が良いのでしょうか。その理由は希少性の高さにあります。世の中から求められるニーズがあり、それでいて人手が不足していると、給与は高くなりがちです。人が集まりにくい僻地の病院の医者の給与が高いのは、それだけ希少性が高いからなのです。

つまり給与いい仕事に就く為には、世の中に求められていて、尚且つ人手が不足している職種が大切です。かつての弁護士はそういった職種の代表格の一つでしたが、弁護士が増えたことで状況は変わっています。実際に安い給与で働く弁護士は少なくありません。

したがって、これから長期的に給与が上がる職種を見極める為には世の中のニーズと希少性から考える必要があるのです。

不動産業界の営業職は給与いい仕事といえるのか

ネット求人の広告を見ていると、給与のいい仕事を探す際に必ず目に飛び込んでくる仕事があります。それが不動産業界の営業職です。

実際に求人広告の内容を読んでみると、30代で年収1,000万円以上稼いでいる社員が写真付きでコメントしていたりしますよね。こういった仕事に就いたとして実際にそれだけ稼ぐことができるのか、と疑問に持った方も多いのではないでしょうか。

これは実力や自信がある場合はチャレンジする価値があるといえるでしょう。しかしながら営業がそこまで好きではない場合や不動産に情熱を持てない場合は慎重な判断が必要です。不動産業界の営業職は一般的な法人営業職よりもハードな現場である可能性が高いので金銭的な動機だけでは途中で挫折する場合が多いのです。

しかしながらそんな厳しい不動産業界の営業職でも環境の良い職場は存在します。それは新人を教育する体制がしっかりと整っている会社です。そういった会社に就職できれば、売れるようになるまでの苦労はあるかもしれませんが、長期的に働ける可能性も高くなります。

そして営業職としてのインセンティブは確実に他の業界よりも高いので、長期的に働き年収1,000万円を目指すことは夢ではありません。したがって不動産業界で営業職として働くことを検討する際は、新人を教育する仕組みや社風について冷静に見極めることが大切なのです。

給与いい仕事を探す際の注意点

給与いい仕事を探そうとすると、どうしても月給や賞与、福利厚生にばかり関心がいきがちです。しかしながら手元にお金を残していくことを考えるのであれば、そういったところだけにフォーカスして就職活動をすべきではありません。

何故なら給与や福利厚生などの条件だけで選んだ仕事は長期的に働けなくなる可能性が高いからです。ブラック企業に注目が集まったことで職場でのストレスが問題視される傾向が増えてきましたが、過度なストレスは体調を崩す原因となります。そして最悪の場合退職という結末を迎えます。

そうなってしまうとせっかく昇給してきたこれまでのキャリアが無駄になり、尚且つ転職活動や無職の期間で貯金したはずのお金が減ってしまう可能性が高いのです。

では何故職場でのストレスは発生するのでしょうか。その原因は人間関係や会社の教育制度など、細かい原因は個別に存在しますが、一番の原因は自分に合わない仕事をしていることです。

仕事を選ぶ際は好きか嫌いか、給与が高いか低いかではなく、本当は自分に合うかどうかで判断することが必要なのです。自分の性格や体調に合った仕事であれば、ほとんどの人が長期的に働けます。

そして長期的に一つの組織で働けば自然とマネジメントのポジションを任されるチャンスが増えてくるので、結果的に給与も上がりやすいのです。

その為給与のいい仕事を探す際は、短期的な視点だけでなく、長期的な視点を持つことが欠かせないのです。

給与いい仕事を探す際は長期的な視点を持って考えよう

いかがでしたか。給与のいい仕事を探す際は、長期的な視点を持つことが欠かせません。短期的な視点で自分に合わない仕事を選ぶと、転職を繰り返すことになってしまう可能性があるからです。

そうなると、例え一時的に高い給与が受け取れても、手元にお金は残らないですよね。したがって給与いい仕事を探す際は、長く働けることを前提として考えることが大切なのです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。