副業をこっそりやりたい人に知ってほしい「周りにばれない副業のやりかた」

スポンサーリンク

副業はバレないようにすることが大事

 だからこそ副業はできるだけばれないようにやることが大事です。「副業は調べられればバレてしまうのでは」と思う人もいるかもしれませんが、少し気をつけるだけで遥かに副業はバレにくくなります。そんなコツの一つが副業をする場所です。飲食店でアルバイトなどをするのは本業によいフォードバックを与えることがありオススメなのですが、職場から近いとバレてしまう可能性も当然高まります。そのため、アルバイトなどの副業をする際にはなるべく職場から離れた地域でするようにしましょう。できれば職場の最寄り駅とは違う路線の駅であればなおさら良いでしょう。職場の定期券を便利に使おうとして職場から近いアルバイト先を選ぶ人もいますが、これはバレる可能性を高めてしまうだけですから避けておきましょう。このようなアルバイトは奥さんに副業を隠したい際にも最適です。こっそりへそくりを作りたいなんて場合には仕事帰りに副業でアルバイトをしてみるのも良いでしょう。

バレにくいアルバイト

 バレにくいアルバイトとしてオススメなのが運送業のバイトです。運送業といっても普通免許さえあればできる宅配便などの仕事が多いですから、アルバイト先は選びやすくなっています。このような仕事は基本的にバレる可能性がほとんどなく、しかも余計な交流関係も築かなくて済みます。
 他にもバレにくいのが工場でのバイトです。工場バイトは工場の人としか関係がありませんから、業界の違う工場を選べばほとんど副業がバレることはありません。工場バイトは肉体労働が多いので、デスクワークをしている人にとっては仕事後の良い運動になるといったメリットもあります。

 逆にファーストフード点などでの客商売はバレやすい副業です。お客さんだけでなく、色々な人と接点があるので、それだけ職場がバレてしまうことも増えます。特に、ファーストフード店は店舗によっては兼業を嫌うこともしばしばです。このようなお店に勤めていると兼業を辞めさせようとして職場に連絡されてしまうこともあります。このようなリスクも有りますから、働くアルバイト先はしっかりと選んでおくことが肝心でしょう。

気をつけたい税金

 とはいえ、アルバイトをする際には他にも納税の際に気をつけておきたいことがあります。これまではアルバイトをしていて納税でバレるということは珍しいことでしたが、個人番号制度も導入されて納税制度も大きく変わってきています。そのため、今後の流れによっては副業が職場にバレやすくなってしまうということは大いになるのです。こういったことに備えておくためにも、しっかりと納税関係のニュースにはしっかりと目を通しておきたいものでしょう。

 また、副業がバレることが怖いならば在宅でデキる仕事で副業してみるのも良いでしょう。例えば、本業がIT関係の仕事であれば、ネットで在宅ワークを見つけることは決して難しくありません。また、特にスキルがないと言う人でも、裁縫や添削の仕事などもありますから、探そうと思えば在宅ワークは色々と見つかるものなのです。このような在宅ワークはスキマ時間にもやれますし、何よりもバレる可能性がほぼ皆無です。在宅ワークがバレる場合としては「確定申告に行った際に会社の同僚に会った」場合などが考えられますが、このようなことは殆ど起こらないと言っても良いでしょう。また、在宅ワークは本業との兼業もしやすいことも利点の一つです。とはいえ、在宅ワークはものによってはアルバイトなどのようにまとまった額が稼げないといった点は欠点でしょう。

まとめ

 最後に「副業がバレた際の言い訳」をしっかりと考えておくことも必要です。どんなに上手く隠しても思わぬことで副業がバレてしまうことはあります。うっかり同僚に口を滑らしてしまったり、アルバイト先の明細を上司に見つかってしまうこともあります。このような場合に備えて言い訳を考えておきましょう。例えば在宅ワークがバレてしまったら「妻が本来はしているのだけれど、病気で倒れてできないから代わりにやった」といったようにです。このような言い訳を用意しておけば変に副業がバレることを恐れてビクビクする必要もなくなります。とはいえ、上記のようなポイントをしっかりと気をつけていれば副業はバレるということはほとんどありませんから過度に心配する必要はありません。
 このように副業がバレないようにするためにはコツが有りますから、しっかりと実践して賢く稼いでいけるように慣れると良いでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。