内職募集の広告には気をつけて!?知っておきたい内職の話

スポンサーリンク

内職募集の広告

 特に内職を探す際に気をつけたいのが内職募集の広告です。このような内職募集の広告は特にネットには多いですが、本当に良い仕事なのかどうか見極めないといけません。場合によっては思わぬ詐欺に巻き込まれることもあるからです。

広告の注意点

 そんな内職募集の広告の注意点として、初期費用がかかるといった内職は基本的に避けておきたいものでしょう。内職に寄っては研修として研修費用がかかったり、部品代などとして数万円の初期費用がかかるといったことがありますが、このような内職は詐欺である可能性があるのです。実際にお金を払って研修を受けてみたは良いけれども、実際に内職を初めて見ると仕事がこないといったようなこともあります。

詐欺のような内職を避けるために

 このような詐欺を避けるためにはその内職について調べてみる事が大事です。ネットで少し調べれば詐欺内職についてはすぐにわかりますから、「怪しい」と思ったらまずはその内職について調べてみるようにしましょう。他にも、過度な初期費用がかかるならば詐欺である可能性が高いのです。このような内職詐欺に一度あってしまうとお金も還ってこない事が多いですから気をつけておきたいものでしょう。
 また、内職によっては仕事がそもそもほとんどないこともあります。裁縫の内職を始めてみたは良いけれども、月に3着程度しか仕事が来なくて一万円にもならないなんてことは内職の仕事では珍しくありません。このような内職をしていても無駄ですから、早めに他の内職に移りましょう。
 また、メールなどで内職の募集が来るということも増えてきています。このようなメールによる募集はまっとうな業者であれば行っていませんから、まず疑ってかかるのが良いでしょう。下手に応募すると思わぬサイトに誘導されてしまうということもあります。こういったメールに寄る詐欺も気をつけておきたいものです。

 このように内職の募集はトラップが多いのですが、もちろん優良の内職業者もあります。このような内職業者は基本的に補充がでてから募集をするので募集も不定期かつ少数の募集になりがちなのが残念なところです。とはいえ、機会があれば応募しておきたいものでしょう。このような内職の募集は地域限定ということもあります。 また、募集は内職をしている友人からの紹介でないと応募できないこともありますから、内職をしてそうな友人を作っておくことも良い内職を手に入れるためには大事です。
 内職は市役所などの公的機関が発注していることもあります。そのため、良い内職を探しているのであれば市役所などに問い合わせてみるのも良いでしょう。こういった公的機関の内職の仕事は長期間出来、しかも払いもよいこともポイントです。

ハローワークでも内職を紹介

 ハローワークなどでも内職は紹介してもらえます。このようなハローワークで紹介してもらえる内職は高額の内職も多くなっています。とはいえ、数自体は少ないですから、まめにハローワークを訪れて話を聞いておくことが大事でしょう。
 また、内職を募集していそうな地域の工場などに電話をして仕事を紹介してもらうのも良いでしょう。特に服工場が近くにあるのであればチェックしておきたいものです。運が良ければ内職の仕事を紹介してもらえることもありますから、まずは試しに電話しておきましょう。

内職の兼業

 このように内職はいろいろなところで見つかるものですが、そんな内職でしっかりと稼いでいくためにしておきたいのが内職の兼業です。内職も月の作業制限などがあって思っているように稼げないことがあります。そんな場合に備えて内職を幾つか掛け持ちしておきましょう。内職を掛け持ちしておけば一つの内職が首になってしまっても他の内職で繋いでいけます。
 また、内職で兼業をする際に気をつけたいのが「兼業規定」です。内職業者に寄っては「他の内職はしないように」契約時に規定を定めていることがあります。このような内職業者であっても仕事が十分なればよいですが、仕事がほとんどなければせっかくの働く機会を失うことにもなりかねません。そのため、仕事が十分に内容であればなるべく早めに違う内職の仕事に乗り換えてみましょう。

まとめ

 内職する際には自分の特性を知っておくことも大事です。人によっては裁縫仕事は人よりも早く出来ると言う人もいますが、逆にシール貼りの仕事は最低時給以下になってしまうなんて場合もあります。そのため、自分に合った内職を見つけてみることも内職でしっかり稼ぐためには大事です。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。