給料が高い企業、業種はどこだ!!

スポンサーリンク

平均年収が高い企業は?

平均年収ランキング 平成27年度
1位 M&Aキャピタルパートナーズ  1950万
企業買収の仲介を行っている会社
2位 キーエンス           1650万
機器を販売している会社
3位 野村ホールディングス      15480万
野村グループの経営を行う
4位 朝日放送            1520万
放送業を行っている TV関係
5位 TBSホールディングス     1510万
放送業を行っている
6位 GCAサヴィアン        1490万
企業買収の仲介を行っている会社
7位 日本テレビホールディングス   1490万
放送業を行っている
8位 フジ・メディアホールディングス 1450万
放送業を行っている

8位までを見てもらうと、圧倒的にTV業界の年収が高いことが分かります。
しかし、これはあくまでも平均年収です。上記のランキングの企業でホールディングスがありますが。ホールディングスはもともと従業員数が少なく、経営の最高なので年収が高いのです。

日本を代表する企業はどうか?

日本を代表する企業の年収はどうなっているのでしょうか?
日本の代表といえばやっぱり世界のトヨタですよね。トヨタの平均年収はどうなっているのでしょうか?
有価証券報告書調べによると、783万となっています。あれ?思ったより少ない・・・
そう感じている方が多いと思います。

しかし、これには製造業のカラクリがあります。

製造業は、製造をするために工場に多くの高卒の作業員などを正社員として雇っています。そういった工場で働くワーカーの人たちは給料が開発や経営をしている人と比べるととても低いです。

製造業はこのワーカーの人たちが大半を占めていますので、自然と製造業の平均年収は低くなるわけです。だから大卒の人や役職がついている人は高い給料をもらっています。

また銀行業もそうです。女性の受付などにいる一般職の人、総合職のサポートをする人の給料はあまり高くないため平均年収は高くないように感じますが、実際は総合職、基本的に男性なのですが、そういった方は高い年収をもらっています。

年収が高い業種は?

年収が高い業種は、圧倒的に総合商社がぬきんでています。あとはヨコヨコといった感じですね。三菱商事や三井物産、住友商事、丸紅、伊藤忠商事などといったところが総合商社です。

このあたりの企業は、早稲田や慶応、東大、京大といったいわゆるエリートの人たちしかエントリーシートを受け取らないことでも有名です。なので、ものすごい頭のいい人たちばかりが働いているので平均年収が1200~1500万円となるのも納得できる気がします。

しかし、総合商社は給料が高い反面、海外勤務や転勤、厳しいノルマがあります。

採用された人たちはできる人たちばかりなのでこういった厳しい環境でも頑張れる人が多いため離職率は低めになっています。
女性はこういった総合商社勤務の人と結婚したいですね。
年収も高く、地位もいいので勝ち組になった気分になります。

さきほども述べたように、高卒などが多くいる業界では平均年収は少なめになっているのですが。製造業や銀行業で大手と呼ばれている一流企業であれば役職がつけば年収は1000万を超えてくるのは間違いないでしょう。

年収の差はどこから生まれるか、どうやったら高くできるか

年収の差は、やはり大手なの中小企業であるのか、一般職なのか総合職なのか、高卒なのか大卒かで大きく変わってきます
高卒のほうが大卒よりも4年も長く働くのですが、生涯賃金で見てみると、大卒のほうが5000万円ほど多いというデータがあります。

基本給の上昇が大卒のほうが大きいからでしょう。
大手であるか、中小企業であるのかも年収が異なってきます。

やはり規模が大きい会社だと、それだけ資金が潤沢なので、あまり活躍できていない社員にも高い給与をまわすことができます。逆に、中小であると、ほとんどの企業が下請けであったりして大企業に逆らえないことなど大企業の影響をもろにうけてしまうため、財政状況はあまりよくないのが現実です。そうなってくると、やはり社員にあまり高い給与をまわせなくなってしまうのです。
大卒であっても、一般職なのか、総合職なのかで大きく給与は異なります。

最初の給与は一緒ですが、総合職は給与の上がり方がものすごい勢いであがります。

総合職は企業の幹部候補生なので当たり前なのかもしれません。なので、企業に入るときは大企業だから大丈夫!と一般職で就職をしてしまうと、中小企業の総合職の人より給与が低くなる可能性もあります。

どうやったら年収を高くできるのかですが、やはり企業に入ってしまえば給与はその企業の賃金がベースとなってしまいます。なので、転職であったり副業をしないと自分の年収はそのままです。

一番いいのが、ヘッドハンティングされることです。

給与がやはり保障されます。ヘッドハンティングされるためにはその業界で有名にならなければなりません。仕事でものすごい成果を発揮したり、技術職であればその技術が他にできる人がいないなど、そういうことになってくれば転職もうまくいくでしょう。

年収が高いのはいいことなのか、まとめ!!

年収が高いことは確かにいいことかもしれませんが、仕事が激務であって私生活がよくなければ満足した生活とはいえませんよね。
だから、本当にやりたい仕事なのか、充実しているのか、社会の役にたっているかなど年収だけを見るのではなく、さまざまな観点で仕事を見て、するのがよいです

クラウドワークスで自宅で稼ぐ!今すぐお仕事開始!




クラウドワークスはこちら

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。