副業でお金儲け。どんな仕事が副業にはあるの?

スポンサーリンク

誰でもできる副業、アンケートモニター

誰にでもできる副業をまず紹介します。

まずはアンケートモニターです。アンケートモニターとは、アンケートモニターを募集している会社からアンケートがきます。そのアンケートに答えるという副業です。基本的には簡単なアンケートと時間のかかるアンケートがあります。簡単なアンケートは2~5円ほどもらえます。時間のかかるアンケートであれば20~80円程度もらえるようになっています。

アンケートにこたえることで社会貢献もできますし、お小遣いを稼ぐことができます。有名なのがマクロミルとキューモニターというところです。

この2つはアンケートが定期的に一定量あるのでよいです。

また、これらのアンケートモニター会社にはお買いものモニターやPCモニターなどがあります。お買いものモニターというものは自分が買った商品のバーコードを読み取ってそれを送るというものです。1週間で最高400円もらえます。またお買いものモニターをつづけるとボーナスポイントがもらえるのでお小遣い程度にはなります。

PCモニターというものは、パソコンやスマホにアプリを入れてどんなインターネットサイトを見ているかチェックするモニターなのですが、アプリをインストールするだけであとは放置すればよいので、あとは不労所得的に自動的にお小遣いを稼ぐことが可能です。

ただ不労所得な分だけ、単価が安いという欠点があります。だいたい1週間50円ほどしかもらえません。しかし、インストールしてそこからずっともらうことができるのがよい点です。

クラウドソーシングの紹介

クラウドソーシングを知っていますか?クラウドソーシングは、インターネットを介して仕事をします。アンケートであったり、記事の制作であったり、またスキルがあればプログラミングやホームページ制作などさまざまな仕事があります。
パソコンがあまりできなという人でも記事の制作などはできると思うのでよいです。

ここで気をつけてほしい点だけあります。クラウドソーシングの目的はマージンをなくすため(仲介手数料のこと)につくられたのですが、仕事の単価が安くてどう考えても労働力の搾取だろというものがあります。そういうものはやらないほうがいいです。また、相手の要求が厳しすぎるときもあるのでそういうのは無視してもらってよいと思います。

自分はスキルがないから・・・これで十分と考えるのではなく、単価の高い仕事をするとよいです。5円とか100円とかで時間のかかるものだと副業といっても稼げないのでやっても意味がないと思います。また1つのサイトに登録するのではなく、複数のところに登録しておきましょう。そうすればいろんな仕事があるので、自分にあったものを探して楽しんで副業をすることができます。

株式取引(誰でも簡単に稼げる方法)

ここでは株式取引を紹介していきます。
株式は危ないというイメージがあると思いますが、今からいうことをしっかりやれば副業として十分すぎるくらい稼ぐことができます。
アベノミクスのときに株をしなかったのはもったいないです。どういうことかというと、それくらい好景気のとき、株は稼ぐことができるのです。
株はプロではない限り、優待目的ではない限り基本的にやらなくて大丈夫です。

景気が停滞したときに株を購入しましょう。
景気が停滞したとき株価は低いです。つぶれないような日本を代表する企業の株を買いましょう。それでそこが底値でなくとも景気が回復するまで株を保有しましょう。

景気が回復すれば株価が何倍にもなります。そこで売り抜けてください。

また株式を持っている間は、株主優待を受け取ることもできますし、配当金だってもらえるので、資産が株に代わっただけという気持ちでやればいいです。
景気が低迷しているときに買うので、株価が下がっても長期保有目的で購入していますので、含み損は気にする必要はないです。

短期バイトで稼ごう

正社員で働いていても休みの日はあると思います。
そういう日にお金を稼ごうという感じではなく、たまには違う仕事をしてみようという感覚で短期アルバイトをしてみるとよいです。
土日であればイベントのアルバイトであったり、受験シーズンになれば受験会場のアルバイトであったりと労働力が必要とされます。高い仕事であれば日給1万円もらえることも可能です。もちろん仕事としての責任は必要ですが、仕事だとは思わず、気分転換で働くとよいでしょう。

まとめ

・副業は自分にあったものを探すとよい!
・たくさん稼ぐという考え方は捨てて楽しく稼ぐようにしよう!
・労働力の搾取だけにはあわないように!

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。