在宅ワーク

在宅ワークの募集を探す際に見ておきたい優良サイト

ネットで探すメリットとは?

在宅ワークをネットで探すことはメリットが大きいものです。例えば、自分の住んでいる地域外の求人も見つけることができるのはその一つでしょう。確かに在宅ワークは口づてで紹介してもらうのが主流ですが、これでは紹介してもらえる仕事もその地域だけのものに限られてきてしまうのです。それがネットを活用すれば遠方の仕事も簡単に見つける事が可能になります。

また、ネットで探せる在宅ワークは雇い主と対面する必要性すらないものもあります。そのため、在宅ワークだけに専念したいといった人にとってもおすすめなのです。加えて、ネットで探せる在宅ワークは種類が豊富なことも利点でしょう。定番の内職などから、サポート業務などの仕事まで、色々な在宅ワークを探していくことができます。

そのため、それまでに馴染みのなかった在宅ワークを探したい、なんて場合にもおすすめしておきたいのです。

indeedで在宅ワークを探す

そんな在宅ワークを見つけたいならば、まず見ておきたいのがindeedです。indeedは通常の求人も豊富に検索できますが、特に在宅ワークの検索能力が優れていることは特筆しておきたいことでしょう。全国から在宅ワークを探せますから、お望みの地域でお望みの在宅ワークを探していけます。特に、indeedに登録されている在宅ワークには業務サポート系の在宅ワークが多いことが特徴です。

こういった業務サポート系の在宅ワークは時給で給料が支払われるために、しっかりと定期的に給料を稼いでいくこともできます。加えて、編集プロダクション業務などのように専門性の高い在宅ワークを探すことができるのも特徴になっています。また、indeedではメールで新着の在宅ワーク求人の情報を受け取るといったこともできます。このように在宅ワークを探す際には是非とも活用してみて欲しいのがindeedなのです。

個性的な仕事が見つかる「在宅の仕事を探そう」

他にも「在宅の仕事を探そう」というサイトもおすすめです。このサイトでは添削者の在宅ワークなどを見つけることができ、他のサイトでは見られないような在宅ワークも少なくありません。

また、メールサポート業務などの経験がなくてもできるものも多くなっており、これから在宅ワークを始めてみたいといった人にも安心して使ってみて欲しいサイトになっています。とはいえ、この「在宅の仕事を探そう」は基本的に在宅ワークの紹介しかしていませんから、実際に在宅ワークに申し込む際には自分で電話をするなどして申し込む必要性があります。

「バイトル」で在宅ワークを探す

全国的に在宅ワークを探していきたいならば重宝するのが「バイトル」です。このサイトでは全国から在宅ワークを探していくことができ、それまでには出会えなかったような在宅ワークも知ることができます。また、遠隔地からでもできるような在宅ワークも多いですから、田舎に住んでいるといった場合でも利用して起きたいサイトでしょう。

「タウンワーク」の在宅ワーク

求人雑誌で有名なタウンワークも在宅ワークを募集しています。何より、タウンワークはその在宅ワークの求人数が豊富であり、どんな地域に住んでいても在宅ワークを探していくことができます。また、優良の在宅ワーク求人が多いので、いわゆる”騙し”の在宅ワークがないことも利点でしょう。とはいえ、それだけ在宅ワークは直ぐに埋まってしまうので、定期的にチェックして、新しい在宅ワークがないかどうか確認しておくことが大事になってきます。

幾つかのサイトを使い分ける

このように在宅ワークの優良サイトを幾つか紹介しましたが、ネットで在宅ワークを探す際には紹介した在宅ワークのサイトを幾つか使い分けると良いでしょう。そうすることでより良い在宅ワークに巡り会える可能性も上がってきます。

良い仕事があっても飛びつかない!

もしも在宅ワーク募集サイトを見ていて良い仕事がっても、直ぐに飛びつかないようにすることは大事です。まずはその在宅ワークをしている人の口コミなどをみて、どのような仕事内容なのかチェックすることから初めて見ましょう。在宅ワークは中には余り稼げないものもありますから、特にこのような注意をしておくことが肝心なのです。

長期的に在宅ワークをしよう

在宅ワークによっては短期的なもの、長期的なもの、といったように仕事がわかれていることがあります。例えば内職系の在宅ワークは長期的にしやすいですが、業務サポートなどの在宅ワークは短期間で終わってしまうことも少なくありません。このような在宅ワークによる特性がありますから、これから在宅ワークを探すといった際には意識しておくと良いでしょう。

手作業の在宅ワークはどんな仕事?よくあるQ&A5選

手作業の在宅ワークとはどんな仕事?

主にシール貼りや商品の検品といった仕事が該当します。
手作業の在宅ワークと一口に言っても、仕事内容は数多くあります。
が、概ね一昔前の内職のイメージで行う仕事と考えてもらっても良いでしょう。

請け負った依頼主から物品を受け取り、シールを所定の位置へ貼る。
商品に異常が無いかチェックを行う。全ての作業終了後に再度依頼主に返送をするあるいは特定の商品を購入し、依頼主や指定された住所に発送するといった購入代行、発送代行といった変わり種の仕事も存在します。

「パソコンや携帯電話を使用する事があまりない、自宅で出来る細かい簡単な単純作業を数多くこなす」
手作業の在宅ワークのイメージは、このように捉えてもらって差し支えありません。

手作業の在宅ワークはどんな人に人気?

在宅ワークの主流はパソコンを使った仕事ですが、様々な理由からパソコンを使う事が難しい方もおられます。
ブラインドタッチが使えない、複雑なパソコンの設定方法が分からない。
そもそもインターネットで仕事をする事が少々怖い…。
経済的な理由からパソコンを購入する事も難しい方もおられます。
そんな方々でも出来る在宅ワークは一定の人気をもっています。

また自宅にパソコンを持っていても仕事に使うのは敬遠してしまう。
仕事内容がイメージしやすいので初めての副業として行ってみたい。

といった理由からも手作業の在宅ワークを選択する方もおられます。

経済面、技術的な面からパソコンを使えない人からアナログ志向な方、また副業初心者でもOKなど間口の広さが手作業の在宅ワークの人気のポイントです。

どこから手作業の在宅ワークを見つける?

主に求人情報誌や求人サイトから手作業の在宅ワークの仕事を見つける事になります。
それ以外にも、依頼主である企業が事業のアウトソーシング(外注化)の一環として、インターネット上のクラウドソーシングサイトで募集している事もあり、そこへ申し込むケースも増えています。

求人情報誌であればコンビニや駅といった商業、公共施設に置いてある事も多いので、必ずしも情報が載っている訳ではありませんが手軽に情報を得られる利点があります。
求人サイトやクラウドソーシングサイト経由では、仕事を請け負う場合には、メール等のネット上でのやり取りが必須ですが情報量は求人情報誌とは比べ物になりません。

どちらを選んだ方が効率的か?これは環境や人によって大きく変わりますので実際に探してみると良いでしょう。

手作業の在宅ワークの大まかな仕事の流れは?

1.依頼主から請け負う仕事内容を指示される
2.商品が送られるので、商品にシールを所定の位置へ貼る。定められた数を期間内にこなす。
3.全て終わったら商品を依頼主の元へ返送する。
4.依頼主のチェックで問題無ければ報酬受け取り。

シール貼りの在宅ワークを一例に出すと、このようになる事が多いようです。
仕事内容や依頼人によって異なる部分はありますが、商品を届けられて作業を行い返送するといった流れに概ね沿うことになります。

報酬の受け取り方ですが銀行振込が主流となります。よくある不安点として挙げられる報酬が支払われずに商品だけ持ち逃げされるトラブルは現在減少傾向にあるようです。
またクラウドソーシングサイトで申し込むと、サイトが仲介に立ち、依頼主が報酬の仮払い後に仕事をするといった流れになるので報酬の不払いも防ぐことが可能となります。

サイトに支払う手数料の分、報酬は下がるものの安心して仕事をしたいならオススメです。

手作業の在宅ワーク。気になる給料は?

シール貼りや商品の検品等の単純作業であれば、1件数円~数十円程度。
商品の発送代行といった仕事は、1回につき数百円~数千円程度。
概ねそのあたりが報酬金額の相場といったところです。

専門的な作業ではない為、必然的に報酬額が低めなのは否めませんが裏を返せば、頭を捻らずとも数多くこなせばお金を稼げる事。
専門的な知識や経験は一切不要でも良いという事です。
少しでも家計の足しにしたい、お小遣い稼ぎがしたいのであれば選択の余地はあります。

もし手作業の在宅ワークで報酬の増額を狙うのであればとにかく数をこなしていき単価を稼ぐ事が必須となるでしょう。

また高いクオリティかつ短期間で仕事を行う人には継続して依頼する。
単価を上昇させて引き続き仕事を継続してもらうケースも珍しくないようです。

敷居の低さがウリの手作業の在宅ワーク

手作業の在宅ワークは主流ではありませんが根強い仕事となっています。
副業の初心者から、専門的な知識を持たない人でも受け入れる敷居の低さが魅力。
興味が湧いたなら、一度調べてみるのも良いでしょう。

在宅ワークは口コミで選ぶのが大事!その理由を説明します!

「在宅ワークをしてみたいけれども、どういったお仕事を選べば良いのかわからない」といった人はいませんか。これは在宅ワークを始めたいと考えている人の多くが突き当たる問題です。というのも、在宅ワークは他のアルバイトなどに比べて「どんな仕事をしているのか」よくわからないといった事が少なくないからです。
 
 例えば、アルバイトであれば営業中に言ってみれば「こんなことをしているのか」といったことが直ぐにわかります。しかし、在宅ワークでは実際に初めて見るまで何をするのかよくわからず、期待ハズレに終わるといったことも少なくないのです。

 そんな在宅ワークを選ぶ際に重視しておきたいのが口コミです。口コミは特に在宅ワークを選ぶ際には大事なものになってきます。口コミは言ってみればナマの情報源ですから、「何をしているのかよくわからない」在宅ワークを選ぶ際にも大いに役立つのです。

 そんな口コミにも色々ありますが、まずは口コミサイトに行って興味のある在宅ワークの口コミを見てみると良いでしょう。「この仕事は余り稼げません」「ノルマも特にない仕事です」といったように色々な口コミを見つけることができますが、口コミを見れば見るほどにその仕事の実態がわかるようになります。これは特に応募が必要だったり、研修費がかかるといった「初めにくい」在宅ワークを選ぶ際には役立つものでしょう。

 また、中には「自作自演の口コミ」もあることには注意しておきましょう。例えば「この在宅ワークは最高に稼げます!」といったように過剰な口コミを見かけたら、業者の自作自演の可能性があります。

 そのため、しっかりとこういった自作自演の口コミには気をつけつつ口コミサイトを見ていくようにすると良いでしょう。他にも、口コミによっては役立たないものも少なくありません。とはいえ、口コミをいっぱい見ていけば「この口コミは嘘」といったようなことがわかるようになりますから、まずは口コミを色々と見てみることから初めて見ると良いでしょう。

 他にも、口コミサイト以外にも役立つのが、知人の口コミです。例えば主婦仲間がいるのであれば、している在宅ワークについて聞いてみましょう。こういった知人の口コミは何よりも役立つものであり、在宅ワークを選ぶ際にも大いに参考になります。とはいえ、在宅ワークをしている知人がいないといったこともあるでしょう。そんな場合には在宅ワークがテーマのサークルに入ってみるのもおすすめです。こういったサークルはSNSであればどこでもありますから、まずは加入してみて様子を見てみましょう。話を伺ってみれば「この在宅ワークはおすすめ」「この在宅ワークはダメ」といったことがわかってくるはずです。

 こういった口コミを参考にすれば良い在宅ワークを見つけるのにも役立ってくるのですが、他にも口コミを参考にするメリットは有ります。それが「仕事を紹介してもらえることがある」といったことでス。例えば在宅ワークをしている知人の話を聞けば在宅ワークをついでに紹介してもらえるといったこともあるでしょう。他にも在宅ワークのSNSサークルでも、時々在宅ワークを紹介してもらえるといったことがあります。そもそも在宅ワークは紹介制のものが少なからずあり、しかも良質の在宅ワークはこういった紹介制のものがほとんどなのです。だからこそ、在宅ワークを紹介してもらうためにも、まずは話を色々と聞いてみましょう。

 また、実際に口コミを聞いてみて「この在宅ワークは良さそう」と思ったものがあったら、まずははじめて見る事が大事です。在宅ワークも流れが早いですから、「来年始めよう」と思っていると既に募集が終わっているなんてこともあります。だからこそ、「思い立ったが吉日」ですぐに取り掛かってみることが良いのです。また、在宅ワークを始めたら最低1っヶ月は継続してやってみると良いでしょう。そうすることで、本当に「この在宅ワークは自分に向いているかどうか」といったことがわかってきます。あまりにも早い段階でやめてしまうと思わぬ後悔をすることもあるので気をつけましょう。

 また、在宅ワークは幾つもしておくことがおすすめです。そもそも在宅ワーク自体がそこまで稼げるものではありませんが、一つだけの在宅ワークでは十分に稼げないこともしばしばです。だからこそ、内職などの在宅ワークを幾つも組み合わせてみましょう。

 こうすることで、在宅ワークに飽きてしまうといったことも防げるようになりますし、効率も上がってくるのです。これは特に大事なことで、実際に成功している在宅ワーカーは幾つもの在宅ワークを組み合わせていることがしばしばです。

 このように口コミを活用した在宅ワークの探し方を紹介していきましたが、実際にこうした口コミは役立つものです。是非ともこの記事を参考にしてみて、自分に本当にあった在宅ワーク探しに役立ててみてください。

<主婦の在宅ワーク>始める前に知っておきたい事。

高給、すぐに稼げる。甘い言葉はNGワード。

ネットワークで調べてみると、「主婦が在宅で稼げます」「高給優遇」「経験不要ですぐに稼げる」などと美味しい言葉が並んでいます。けれども、良く考えて下さい。楽して稼げるというのは怪しいのです。勿論それなりに高いスキルや資格を持っているならば、納得出来ます。そうでなければ、気を付けて下さい。

登録料、教材費、年会費、指導料、様々な名目でお金を要求されます。在宅で働く事は、外で働くより低い金額になるものと思っておいて下さい。

何だか夢のない話をしましたか?

勿論スキルアップする事で、収入を上げる事は可能です。初心者が何十万円も、最初から稼げないということです。
働いて収入を得る筈が、お金を出しただけにならないように気をつけて下さい。

在宅ワーク 内職の場合は。

昔からある在宅ワークといえば、内職です。

[コツコツ作業が大好きな人や根気の良い方にお勧めの内職]
宛名シールを貼る、袋を作る、指定通りに紙を折り畳む、等々。
単価は安く1つ0.5円かそれ以下の場合もあります。月に数万円位になります。

[手先が器用で、工夫するのがすきな人]
ネイルチップ、携帯電話のデコルテ。アクセサリーの作成など。
1つ数十円から100円位貰えるものもあります。月に10万円位稼ぐこともできます。

内職は地元の職業安定所でも紹介している事があります。あるいは新聞の折り込みチラシなどで探す事が出来ます。
配達してくれる処もありますが、納入に行かなければならない場合もありますから、家の近くで探すのが良いでしょう。

在宅ワーク クラウドソーシングの場合。

クラウドソーシングには、様々な仕事があります。

[モニターやアンケート調査]
質問に答えるだけ、時間も数分から10分位です。1件数円~数十円になります。

[データ入力]
パソコン入力が出来れば、誰でも簡単に出来ます。
納期までに入力する必要がありますが、コツコツ入力出来れば、1日数千円稼げます。

[電話応対]
専用のパソコンサイトで、インカムを使いコールセンターのような仕事をします。
受信と発信があり、受信は時間制、発信は出来高払いになる事があります。
約束の時間には、必ずパソコンの前で待機する必要があります。
家庭ですが、出勤と同様決まった時間には、パソコンの前にいなければなりません。

[ライター]
ライターとは、指定された内容で記事を書く仕事です。初心者から募集があるので、文章を書くのが好きな人にはお勧めです。
1記事20円位から始まります。

企業の在宅ワーク。

様々な企業が、在宅ワークを募集しています。

[通信教育の添削]
多くの通信教育を行う会社では、添削を在宅ワーカーに依頼しています。
丁寧な添削はが必要で、子育て経験のある主婦にとっては、身近な仕事でもあります。
在宅ですが、一般的なパート主婦と同等の給与が支払われます。添削の良しあしは、生徒の評判に密着している為、評価は厳しい事が多いです。

[英語の仕事]
翻訳などの英語の仕事も在宅ワークがあります。
最初は会社に出勤し、慣れてきたら在宅という場合も多いようです。
スキルによりますが、在宅の中では単価は高いです。
翻訳の経験が豊富でしたら、専用サイトに登録して仕事を受ける方法もあります。

企業の募集に応募するので、就職活動は必要です。入社して在宅で働くというイメージです。

主婦の在宅ワークのメリットとデメリット。

[主婦在宅ワークのメリット。]
通勤時間の必要がない。
通勤ラッシュに、まき込まれたり、通勤に長い時間をかけなくてよくなります。

時間の自由がきく。
いつ、どれくらい働くのか自分で決められます。急に子供が熱を出すと、働いていて時は遅刻や早退をしなければならない事もありました。在宅なら、緊急の場合も、すぐに対応出来ます。

[主婦在宅ワークのデメリット]
職場と生活の場のメリハリが難しい。
仕事をしていても家にいるので、どうしても家人も甘えやすくなります。パートに出ていれば、この時間は仕事と納得できても、実際に家にいるのですから、ついつい用事を頼む事になります。納期がある場合は、イライラが募ることも。

気分転換が難しい
職場にいれば、仲間とお喋りしたり、帰りにみんなでカフェテリアに寄り道したり、気分転換が容易に出来ますが、いつも自宅だと誰ともお喋りしない日もあります。

主婦の在宅ワークいかがでしたか。

在宅ワークにも、沢山の種類がある事がわかりました。
年齢や経験等を問わない仕事や、主婦の経験や、趣味を生かせるものもあります。
先ずは、自分の得意な事や好きな事を仕事にしてみましょう。
すきま時間ではじめるのが、主婦の在宅ワークです。

どうやって探すの?在宅ワークの求人の探し方について

そもそも在宅ワークって稼げるの?

本当に働きに出るわけではないため、あまり稼げないのではないか、というイメージを持つ方もいるかもしれません。安心して下さい。在宅ワークは、働き方次第でかなり稼げます。中には在宅ワークを本業のようにして、収入源にしている人もいるようです。

在宅ワークの仕事には、単価10円〜の簡単な入力作業の仕事もあれば、ブログのような記事を作成して単価500円〜800円といった高収入のお仕事など、様々です。また、単価ではなく時給制であったり、固定収入制で月々10000円〜50000円と決められていたり、と収入額もまた様々です。

そのため、スキマ時間を見つけてはコツコツと仕事をこなすと、いつの間にかガッツリと稼げている、ということもあります。特に仕事の実績が上がってくると、発注側からスカウトがたくさん来るため、徐々に稼げるようになるのです。

ここで「報酬は絶対にもらえるのか」と疑問になる方もいるでしょう。多くの在宅ワークのサイトでは「仮払い」という形式が取られています。この仮払いとは、仕事の契約を結んだ時点で、受注側がサイト側に先にお金を払う制度です。そのため、こちらがきちんと仕事を終わらせれば、報酬が確実に受け取れる仕組みになっています。

在宅ワークの仕事の種類

在宅ワークのお仕事には、どういった種類のものがあるのでしょうか。ここでは一例をご紹介します。

・ライティング作業
データ入力や文字起こし・テープ起こしといった簡単な作業から、テーマに合わせた執筆、ブログ記事作成などがあります。基本的にワードやエクセルを使える方であれば、誰でも簡単に作業可能です。

・デザイン制作
ロゴやイラストの立案、ポスター作成、DTPなど、デザイナーさんがやるようなお仕事です。この手のお仕事はコンペ形式のことが多く、アイディアが採用されれば一気に高収入を獲得できます。中には、コンペではなく受注側の担当者と連絡を取り合いながら、一つの作品をてがけるお仕事もあります。ただし、デザイン関係はプロ向けのお仕事が多いので、要注意です。

・Web制作
Webサイトの運営や制作、ECサイトの運営などに携われます。多くのお仕事では、Web関係の知識を持っていることが最低条件となりますが、初心者の方でも募集しているお仕事もあります。ただし、基本的な知識のある方のほうが、高収入のお仕事に携われます。

この他にも色々な仕事がありますが、在宅ワークでよく発注されるお仕事はこの3種類が多いです。これらの中から、自分に合うお仕事を見つけると、お仕事がし易いのではないかと思います。

自分に合った在宅ワークの求人の探し方

上でも述べましたが、自分に合うお仕事を見つけないと、いくら仕事をしても作業に慣れず、なかなかうまくはいきません。そこで、自分の適性に合うお仕事の見つけ方をご紹介します。

まず、信頼できるクラウドソーシングを見つけましょう。信頼できる、というのは、報酬が確実に入ってくる、セキュリティ面で安心できる、といったことです。報酬は仮払い制度を採用しているサイトを選びましょう。有名なサイトには

・クラウドワークス
・ランサーズ
・シェフティ

があります。これらは有名で人気も高く、なおかつ仮払い制度を採用しているため、安全性も確保されています。

では、次に仕事の探し方ですが、その前に自分の理想の働き方を考えてみましょう。一週間の中で一定時間は確保できるのか、スキマ時間があるときにだけ作業をしたいのか、あまり頻繁に連絡を取らなくて良い仕事がしたいのか、などです。それによって、自分の好きな時にだけ仕事をして納品する「タスク型」か、それ以外かに分かれます。

そして仕事を探すときには、検索画面において①収入②求められるスキル③自分の興味のある職種といった条件を選択し、仕事を絞ります。特に②の求められるスキルについては、よく考えて選択して下さい。デザインが好きだから、という理由でデザイン関係のお仕事を選んでしまうと、案外プロ向けの仕事が多く、上手く仕事をこなせないということもあり得ます。

このように仕事を絞っていき、自分の適性に合うお仕事を見つけましょう。最初は時間がかかっても、適性に合っていれば徐々に慣れていきます。慣れてくれば、必ず自ずとスピードも早くなっていきます。

自分に合う在宅ワークの求人を見つけましょう

在宅ワークは、スキマ時間の利用次第で誰でも簡単にお仕事をすることができます。また、主婦の皆さんにとっては、良いお小遣い稼ぎになりますから、ぜひ自分の適性に合うお仕事を見つけて頑張って下さい。

おすすめ内職在宅ワーク「シール貼り」の給料、探し方は?

シール貼りの仕事内容、特徴

内職在宅ワーク「シール貼り」はその名の通りシールを貼っていくお仕事で、パッケージ商品、雑貨、郵送物など様々なモノにシールを貼っていきます。スーパーなどで値札を貼るのもシール張りのお仕事の一つです。

寸分の狂いも無く正確にシールを貼る場合もあれば、乱雑でも良いのでとにかく数をこなす場合もあり、シールの貼り方は案件、職場によって様々です。

シール貼りのお仕事は、自宅で行える内職制と、職場(工場やスーパー)に出向いて行う通勤制の大きく2タイプがあります。内職制の場合は、製品とシールが自宅に郵送され好きな時間に作業できます。(ただし納期を意識する必要はあり)通勤制の場合は、職場に出向き、リーダーの指示の下、作業していく形となります。

シール貼りの給料

内職在宅ワーク「シール貼り」の給料については、成果型と時給型の2タイプがあります。成果型の方が案件の数としては多めです。

・成果型の給料
成果型の場合は、シールを貼った製品の個数に応じて、給料がカウントされます。相場としては0.1円~0.3円となっており、内職在宅ワークとしては低めの単価です。ただし、貼り方が複雑であったり、正確さが求められる案件の場合は、単価が1円前後となる事もあります。
在宅制のシール貼りは、大半が成果型です。

・時給型の給料
時給型の場合は、コンビニアルバイトの様に1時間毎に給料が支払われます。相場は地域にもよりますが700円~800円程度です。なお、時給型でも最低限のノルマはあります。また時給制でも多くの数をこなせる方は、プラスαのインセンティブが付く事もあります。
通勤制のシール貼りが、時給型となっている事が多いです。

シール貼りの探し方

内職在宅ワーク「シール貼り」の仕事の探し方については、以下の方法があります。

・知り合い経由で探す
シール貼りのお仕事は、なかなか表ざたには出てこない事が多いですので、昔から知り合い経由で紹介したり発見したりするのが通例です。
ママ友などに相談してみたり、近所の製造業や卸売業などを営んでいる方に相談してみると紹介される事が多いです。地域のフリーペーパーや、街頭の広告で発見するケースもありますので、自分の足で探してみるのも一つの方法です。

内職系のサイトで探す
現在は、「内職ワーク」、「在宅ワーク」、「副業ワーク」といったジャンルのインターネットサイトを利用して探すのも一つの方法となっています。地元でなかなか見つからない方はインターネットを利用してみるのもおすすめです。

アルバイト雑誌で探す
タウンワークなどのアルバイト雑誌(アルバイトサイト)にも、稀ではありますがシール貼りの求人が載せられています。なおアルバイト雑誌に載せられるのは、時給制のシール貼りが多いです。

シール貼りのメリット、デメリット

内職在宅ワーク「シール貼り」のメリット、デメリットについては以下が挙げられます。

・シール貼りのメリット
シール貼りのメリットはなんといっても手軽に気楽に行える事です。正確さは求められますが、それ以外は特別なスキルは求められません。基本的には未経験であっても直ぐに始められます。また人間関係でストレスを溜める事もありませんし、肉体を酷使する程の仕事でもありません。慣れればテレビや音楽を聴きながら片手間に行う事もできてしまうので、向いている方にはこの上ない仕事と言えるかもしれません。

・シール貼りのデメリット
シール貼りのデメリットは、単価が低いことです。前述した通り、単価は0.1円~0.3円とかなり低めであり、シール貼りだけでまとまった収入を得ることはやはり難しいです。
中にはシール貼りで大きく稼ぐ方もいますが、そうなると血眼で行う必要があり、メリットであるはずの手軽さや気楽さまで消えてしまいます。

シール貼り向いている人

内職在宅ワーク「シール貼り」に向いているのは、以下の様な人です。

・手先が器用な人
手先が器用な人の方が、やはりこなせる数が増え収入も増えます。特に正確さが求められる案件の場合は、手先の器用さが大きく影響してきます。

・ルーチンワークが苦にならない人
シール貼りは、同じ作業を何度も何度も繰り返す、これぞルーチンワークと言うべき仕事です。このため、ルーチンワークが苦手な方や、一つの事に集中するのが苦手な方には不向きです。

・一人で作業するのが苦にならない人
シール貼りは、一人でもくもくとシールを貼っていく作業が続きますので、仕事を通じて人と会話したい、人と触れ合いたいという方には不向きな仕事です。一方で、一人で作業していても苦にならない、人と関わるのが苦手という方にはおすすめの仕事です。

シール貼りで内職在宅ワークデビュー?

いかがでしたでしょうか。
この様にシール貼りは、デメリットとなる部分もありますが、初心者でも気楽にできる内職在宅ワークとしてはおすすめの仕事です。もしもこれから内職在宅ワークを始めようと考えている方は、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

在宅ワークでお小遣い程度~高収入まで稼ぐ5つの方法。あなたはどの方法で稼ぐ?

クラウドソーシング

クラウドソーシングを知っていますか?クラウドソーシングというのは、仕事をしてほしいという人が仕事をしてくれる人を募集します。そして、仕事を探している人がその中から仕事を探して仕事をします。これをインターネットだけでやりとりをして仕事をするのです。

アンケートから、記事制作、プログラミング、製造設計、英語翻訳など様々な仕事があります。アンケートや記事制作では月何千円程度しか稼げないと思いますが、プログラミングとか英語翻訳とかスキルがない人にしかできない仕事は高単価高収入をのぞむことができます。

ランサーズや、クラウドワークスといったクラウドソーシングの会社が有名です。登録や利用は無料ですので一度やってみてはいかがですか?

クラウドワークスはユーザーインターフェースがしっかりしているためとても使いやすいです。仕事の検索などそういった条件を絞りやすいのでスムーズに自分にあった仕事を探していくことができます。

株式投資で稼げ

インターネットでの株式取引が一般的になってから個人投資家がものすごい増えました。兼業でやっているトレーダー、個人で専業でやっているトレーダーもいます。
最近はアベノミクスの影響でものすごいトレーダーの数が増えたのと同時にものすごい稼いでいる人が増えました。

一見、株式投資は危ないと感じるかもしれませんが、一定のルールをまもり、しっかり勉強して資産を運用すれば増やす事は可能です。

もちろん、簡単にもうかるわけではありませんので、リスクを承知の上で取引は行っていかないといけません。

ネットでは有名な個人投資家BNF氏は株式投資で何百億円も稼いでいることで有名です。株式投資をする際は本を読むだけでなく、twitterで有名な個人投資家などのツイートをみたりすることがかなりの勉強になるのでオススメです。

バイナリーオプションで稼げ

バイナリーオプションは金融取引の1つで、最近ではニートが1000万稼いだなどで話題です。バイナリーオプションは一定時間に上がるか、下がるのかを予測する取引です。
なので、誰にでも簡単に参加することが可能です。為替のチャートの見方などを勉強して挑戦すれば稼ぐことができるでしょう。

金融商品で在宅ワークするさいの注意点

株式投資やバイナリーオプションをおすすめしたのですが、気をつけてほしい点があります。株式投資などをする場合は信用取引でレバレッジを使うのはやめましょう。もちろん凄腕のトレーダーレベルになればやってもいいと思います。しっかり稼げるまでは信用に手を出さない方がいいです。

もう1つ注意点があります。それは余裕資金で取引をすることです。ギャンブルで全財産つっこむなんてことはありませんが、金融取引になると全財産つっこむという人は多くいます。そんなことをしてはいけません。

もちろん、いろいろとリスク分散とかいろんな手法でそうしているんだとしっかり戦略があり勝てる人ならいいですが、そうでない人はやめたほうがいいです。また金融商品の取引は個人の責任です。無理な取引はやめて長い目でみて増やしていくことにしましょう。

広告収入で大きく稼げ

インターネットが発展してからインターネットを使って大きく稼ぐ人が現れました。
株式投資などもそうですがそのほかにもあります。それは広告収入です。

Youtubeや大手のまとめサイトなどそういったところで閲覧数を稼ぐことができれば広告収入で生計が立てられるようになります。

さいしょのころはよい記事を制作したとしてもなかなか閲覧数を稼ぐことができないので、根気と努力が必要になります。ただ、成功すればほぼ働くことなく広告収入が入ってくるので本などを見たり、他人のまとめ方をみたりして記事を制作していくとよいです。

また、失敗してもまとめ記事を買い取ってくれる人がいますので、まとめ記事をクラウドソーシングで売って儲けることも可能です。Youtubeで大きく稼ぐにはYoutuberという人に見習うとよいでしょう。

商品の紹介であったり、普段できないようなことをしていたたりそういったことを動画にしています。HIKAKINさんであったりはじめしゃちょーさんに見習うとよいでしょう。またtwitterを使ったりして自分のつくったものをどんどんアピールしていきましょう。閲覧数を稼がなければならないので、どういった方法でもいいので宣伝することが大切です。

また根気よく続けるだけでは動画での閲覧数はとれません。毎日工夫を凝らして面白い動画、閲覧数を稼げる動画はどんなものかを考えていく必要があります。

在宅ワークはこれで安心!5つの不安と回答まとめ

不安点1 在宅ワークってそもそも大丈夫?

仕事を始めたい人からすると
「仕事と偽って高額な詐欺の被害にあったらどうしよう…」
「仕事をしたのは良いけれど報酬が払われずに成果物だけ持ち逃げされるのでは…」
と思うのは当然かもしれません。
事実、手作業による内職が主流であった時代においても、そういった詐欺の事件がマスコミによって報じられることも珍しくありませんでした。

不安になるのは仕事を発注する立場も同様です。

「お金を払ったのに適当な仕事をされてしまったら結局赤字」となる危険性もある為、依頼する方も受注する方も、双方が疑心暗鬼になる状況となっていました。

それを解消する為に発足されたのが、インターネット上で在宅ワーク等クラウドソーシングを斡旋するマッチングサイトの存在です。

仲介業者として依頼者と受注者の間に立つことにより

・発注者に対しては仕事の報酬を仮払いとして預かる事で報酬の不払いを防ぐ。
・受注者に対しては仕事を紹介し力量に見合った仕事を選択する場を提供する。

成果物と対価の報酬という最も肝心な部分をスムーズに行えるようにした為トラブルを減らし双方にとって安心な取引を実現しています。

代表的なサイトは主にランサーズとクラウドワークスですが、それ以外にも数多くのマッチングサイトが出てきています。

不安点2 どんな仕事を実際にやるの?

在宅ワークで行う仕事は、今まで内職の代表であったシール貼りや商品の検品に代わり、パソコンを用いた仕事も増えています。

・企業のロゴデザインや新商品のネーミング募集
・スマートフォンアプリの作成請負
・ウェブサイトの構築から管理

といった専門的な仕事も珍しくありません。

現在そういった仕事を主業務としているならばキャリアアップや独立への実績にもなり人脈構成にもつながる可能性もゼロではありません。

勿論そういった専門職は経験が無い人でも問題ありません。

・依頼主から指定されたデータを収集し入力するデータ入力
・指定のキーワードを元に、ブログ記事の作成を行うライティング

のような、初心者でも請け負いやすい仕事も存在します。

自らの実力や経験を棚卸しして、力量に見合った仕事だけを請け負う事も出来るので、在宅ワークを無理なく続けることも十分可能です。

不安点3 仕事はどうやって請け負うの?

サイトに登録して待っていれば仕事が舞い込んでくる訳ではありません。
自分から仕事を取りに行く必要があります。

「仕事を取りに行くなんて営業のスキルが無いから無理!」
と早々に諦めてはいけません。

電話やスカイプ等で依頼主と仕事において打ち合わせややり取りを行う等、営業のスキルが必要になる場面もありますが、仕事形式によっては依頼主とのやり取りが行われる事が少ない形式も存在しますのでご安心を。

やり取りがあまり行われない仕事の形式は主にタスク形式と呼ばれる仕事です。

タスク形式全てがそうとは限りませんが、主にデータ入力や体験談の投稿。指定された記事の感想文の投稿といった簡単な仕事が主に該当します。

これらは数をこなすのが主となるので、依頼主とメッセージのやり取りすら行わない事も珍しくはありません。
仕事自体も簡単な事も相まって、初心者は無難にタスク形式の仕事をこなしていき
仕事に慣れたら他の形式に手を出してみても良いでしょう。

不安点4 報酬はどうやって支払われるの?

登録した金融機関の口座に振り込まれる形式が主となっています。
お小遣い稼ぎに用いられるサイトだと、ポイントを貯めて商品をもらう、電子マネーに変換するといった方法もありますが、直接現金が振り込まれるのが、お小遣い稼ぎとの最大の違いと言えるでしょう。

ここで報酬を得る事に対して注意点を二つ述べておきます。それは報酬の支払われるタイミングと金融機関によって手数料が変化する二点です。

●報酬の支払われるタイミング
マッチングサイトで得た報酬は月々の所定のタイミングで報酬額が確定した後にその後振り込まれるといった手順を踏む事が多いです。

一例をあげますと、クラウドソーシングのランサーズにおいては、報酬額が1,000円以上ある状態で15日締の月末払い、月末締めの翌月15日払いの計二回が報酬の支払いタイミングとなっています。
仕事をこなしたら即時報酬が口座に支払われる訳ではありませんので注意が必要です。

●金融機関によって振込手数料が変化する事
報酬の振込先に特定の銀行を用いると振込手数料は100円程度。
しかしそれ以外の金融機関だと100円前後だったのが500円近くまで上がり差額が大きく異なる事は決して珍しくありません。
手数料を稼ぐ為に仕事をするというのは、なかなか厳しいものがあります。

これから仕事を行ううえで、報酬振込の手数料には注意しておきましょう。

不安点5 実際にどんなサイトが良いの?

クラウドソーシングのマッチングサイトは無数にあります。
初心者や未経験者でも出来る事を謳い文句にするサイトは珍しくありませんがそれがかえって混乱を招いているのも事実とも言えます。

ランサーズ、シュフティ、クラウドワークス等々サイト名を挙げればキリがありません。
そこで二つの利点からクラウドワークスが初心者にオススメできるサイトと紹介させていただきます。

●タスク手数料が無料
仲介業者も慈善行為で行っている訳ではありません。
何らかの形で利益を取らなくては採算が合いません。

そこで仕事を発注・受注する際に一定の割合で手数料を徴収する事により収益を上げるシステムにしているケースが多めです。
仕事をする受注者の立場からすると業者によりけりですが、仕事の報酬に対して10%から20%程度が手数料の相場といった所でしょう。

この手数料がなかなかの曲者。高額な仕事を数多くこなせるのであれば、そこまで問題ないかもしれませんが、仮に報酬が1,000円の仕事に対して、手数料が20%となると実利は800円で手数料は200円。
この仕事を5件終わらせれば、丁度仕事1件分の1,000円が手数料として徴収される訳です。

しかしクラウドワークスはタスク形式の仕事に対して、現在手数料を無料としています。
初心者でも出来るタスク形式の仕事に対して丸々報酬が入ってくるのは嬉しいポイント。
初心者には大きく開口が開けたと入っても過言ではないでしょう。
期間は未定ですが長く続くようであれば今後も継続していくが、逆に存続する事に対して勢いが無くなれば手数料が復活することを示唆しています。

●在宅ワークではユニークな時給制
在宅ワークは出来上がった成果物に対して報酬を払うのが主です。
その成果物を仕上げるに掛かった時間や経費は計上されることはない為、苦労して仕上げた仕事が時給に換算すると雀の涙…そんな事も珍しくありません。

これに対してクラウドワークスにおいては時給制という報酬形態を、プロジェクト形式の仕事限定ではありますが募集する事があります。時給制とは通常の仕事と同様に働いた時間分報酬を得る事が可能です。

当然仕事に対して満足のいくクオリティでなければいけませんが、仕事に費やした時間も報酬として受け取りたい!
そんな願いを叶えてくれるユニークな報酬形態と言えます。

以上二点の理由からクラウドワークスをオススメしました。
しかし何よりも重要なのは自分の出来る仕事、やりたい仕事があるか?が最も重要な点です。
人によっては上記二点を差し引いてでも別のサイトの方が良いという声もあります。
自分にあったサイトを探すだけでなく、別のサイトによさ気な情報があれば、そちらをメインにするなど常日頃からサイトの動向にも気を配ると良いでしょう。。

まずはやってみよう!の気持ちが一番大事

在宅ワークに不安点は多々あると思います。
しかしやってみようかと悩んでいる間に仕事は他の人に取られてしまいます。

とりあえずやってみよう!と一歩踏み出す事が次の自信にも繋がりますので
臆せず始めてみる事が何よりも大事です。

パソコンを使って、在宅ワークでお金を稼ごう!

クラウドソーシングで新しい働き方

クラウドソーシンググをご存知ですか?クラウドソーシングというのは今までの働き方、職場にいって働くというのがアルバイトでもパートでも当たり前でしたが、そういうのではなくインターネットを介して働く新しい働き方です。家で仕事をするのがクラウドソーシング。アンケートや記事の制作などスキルのない普通の主婦でもできることから、プログラミング、英語翻訳、ホームページ作成などスキルの必要な仕事まで幅広くあります。

クラウドソーシングの特徴としては、ふつうは発注者と請負の間に媒介で何かがあるのですが、そこがなく、仕事を頼む人、する人がつながっているので連携がとりやすく、媒介のところでお金を取られないので仕事をする人により多くお金がいきます。また、在宅ワークですので好きな時間に仕事ができることや、好きな仕事を探して仕事をすることができます。ただ、よい仕事はみんなすぐにしてしまうので、頻繁にどういった仕事があるか確認しておく必要があります。

オススメのクラウドソーシングはクラウドワークス、ランサーズ、ザグーワークスです。
クラウドワークスは業界最大手といっても過言ではないでしょう。見やすいプラットフォームに、仕事が多くありますし、なんとタスクでは手数料が取られないので発注者の掲示したお金がそのまま手元にきます。なので、オススメです。

ランサーズもクラウドワークスに似た感じのクラウドソーシングになります。仕事が多いのが特徴で、クラウドワークスを使っている人は掛け持ちしてランサーズを使っている人が多いです。

ザグーワークスは記事を専門にやっていきたいという人にオススメです。記事の仕事だけ大量にあるので、どんどん記事を制作して稼ぐことができます。

まとめ記事作成もおすすめ!

なにかしらまとめるのが得意だ!という人にオススメなのがまとめ記事作成です。NAVERまとめとかそういったところでまとめ記事を作成してアップロードします。閲覧数に応じてお金が入るシステムになっているのですが、まとめ記事はクラウドソーシングなどの仕事と違って、一回働けばその記事が見られることでお金がもらえるのでうまくいけば不労所得ということになります。

ものすごい閲覧数を稼いでいる人もいます。やはり、世の中のニュースや流行に敏感な人が成功しやすいです。インターネットの検索サイトの上位検索数キーワードなどそういうところに注目して他の人よりいち早くまとめ記事を作成するのが成功の鍵です。

アンケートモニターもおすすめ

ちょっとしたお小遣い稼ぎ、社会貢献したいというのであればアンケートモニターがおすすめです。
アンケートモニターって何かといいますと、その名前の通り、アンケートをするモニターになるのです。ようは送られてきたアンケートに答えるという仕事です。隙間時間にちょちょっとスマホでお小遣いを稼ぐことができますよ。オススメするのはマクロミル、キューモニター、ライフメディアです。

マクロミルはアンケートモニターの最大手です。アンケート数が多く、ポイントが貯まりやすいです。お買い物モニターというものがあり、お買い物モニターになって買ったものを報告するだけで高単価な報酬を毎週うけとることもできます。

キューモニターもユーザー数が多いです、マクロミルほどアンケート数は多くありませんが、こちらはお買い物モニター、インターネット調査、テレビ視聴などそういったのもあります。なので、これらを全部やることができればものすごいポイントが貯まりますよ。
お買い物モニターは8週連続やっていれば500ポイント、16週間で1000ポイントのようにボーナスポイントを受け取ることも可能です。

インターネット調査もパソコンやスマホにアプリをインストールするだけでよく、それだけでポイントをもらうことができます。
ライフメディアはもともと富士通がやっていたものなので信頼性があります。アンケート数も多く、たまに高単価なアンケートを実施することがあり、お小遣いを稼ぐにはもってこいです。

アンケートモニターは同じようなアンケートをしています。複数のアンケートモニター会社のところに登録しておくとよいです。1つだけだとなかなか稼げないので何個か登録してアンケートに答えれば月に何千円かのお小遣いができますよ。

動画配信もオススメ

最近子供たちに人気の職業がYOUTUBERです。これは人気動画サイトYOUTUBEで動画を配信している人のことをいいます。動画に表示される広告で広告料が発生し、再生回数に応じてお金がもらえるシステムになっています。顔を出して面白いことができるならものすごい金額を稼ぐことも可能です。

顔が出せないという人でもゲームの実況動画であったり、まとめ動画的なものをアップロードして稼いでいる人もいます。もちろん、トップクラスじゃないとご飯を食べていくことはできませんが、在宅ワーク感覚で毎月のお小遣いをここで稼ぐこともできます。

気軽にできると話題!おすすめの在宅ワークとは?

データ入力

お家にパソコンがあれば、特別スキルがいるわけでもなくどなたでも始めることができます。もともとある資料をExcelやWordなど決まったフォーマットに入力していくことが多いので、しいて言えばタイピングができないといけないというところです。
また、一言でデータ入力と言っても、顧客情報や商品情報など機密情報である場合もあるので取り扱いには気を付けましょう。
ここで金額ですが、幅広いです。

1件10円とかなり安い場合もありますが、300円も高額な場合もあります。
高額な場合はそれなりの仕事であるので、自分のスキルと照らし合わせながら選んで下さい。

しかし、毎日この時間帯にしなければいけないというよりかは、空いた時間にできることが多いので、子供が幼稚園に行っている間とか寝ている間などにできます。

ですから、主婦の方におすすめの在宅ワークと言えるでしょう。

文章作成

文章なんて学生以来書いていないよと懸念される方も多いのではないでしょうか。

しかし、在宅ワークならそんな難しく考えなくても大丈夫です。
それなりのスキルを求める場合もありますが、基本的に代わりにブログを書いたり、商品を評価したりなど、素人でもできる仕事が盛りだくさんです。

金額のほうですが、データ入力同様バラつきがあります。
ブログなど気軽に書けるものは一文字1円以下の場合がほとんどです。
しかし、政治や学問についてとなると一文字1~5円と相場がだいぶ上がります。
一文字1円と聞くと安く感じるかもしれませんが、10000文字書けば1万円になるので一日1記事かけたら、時給のいいバイトと変わらない収入になりますね。

日給1万円なんてそんなにありませんからね。
普段から日記を書いていたりSNSが好きという方にはピッタリな在宅ワークと言えるでしょう。

調査や分析

この2つの単語を聞いても「???」という感じだと思いますが、近年とても増えてきている在宅ワークです。
調査や分析は専門知識がいるのではないかと思いがちですが、全くいりません。
なぜなら、依頼者側が事前に指定しているキーワードをネットで調べて1位のものは何か2位のものは何かと報告するだけなんです。

調べる内容は色んなものがありますが、大体今流行っている商品であることが多いです。
パソコンで商品を見るのが好きという方にはピッタリな在宅ワークと言えます。

金額の方は低いもので5円とかなので、がっつり稼ぎたいという人には不向きかもしれませんが、時間が空いたときにささっとできて小遣い程度の稼ぎが欲しいという人にもってこいの在宅ワークです。

アフィリエイト

これは、少しネットの知識がないとできない在宅ワークになります。

しかし、ガッツリ稼ぎたいという人にとっても本当にオススメの在宅ワークです。
まず、アフィリエイトとは広告収入のことを言います。

自分が所有しているブログ/HPなどに商品の広告を貼ることでその掲載費を貰えるという仕組みになっています。
商品を売っている側は広告を見てもらうことができ購入に繋がり、広告を貼っている方は収入がるという「win・win」の関係が築けているのです。

例えば、ブログに健康器具のことを書くとします、そしてその健康器具の広告を貼ります。
その後に、ブログを読みその広告から健康器具を購入すればブログを書いた人に収入が入るのです。

そのブログ/HPを多くの人が見ていないと、意味がないのですぐに稼ぐことができるかというと微妙ですが、長い目をみてしていて損はない在宅ワークと言えます。

月30万以上を稼ぐ人もいてただ記事作成をしているよりかいいという場合もあります。

シール貼り

パソコン作業ばかりを紹介してきましたが、そもそもパソコンが使えない/家にないという人も多くいるはずです。
そこで、オススメしたいのが「シール貼り」です。
決まった位置にシールを貼っていくだけの作業です。

会社によってはシワになったら不良扱いするなど厳しいところもありますが、細かい作業が好きな人であれば問題はないでしょう。
しかし、シール貼りは簡易であるのでしたい人も多く詐欺が多いのも事実です。

作業を始める前に料金を請求してきたりするところには気を付けましょう。

その辺りを、気をつければ一つ貼ると0.1円とお安いですが塵も積もれば山となるといった感じで、稼ぐことができます。
ずっと同じ作業ですから、好き嫌いが別れるかもしれませんがハマるとスピードも上がっていき、パートで働くより時給が良いという人もたくさんいらっしゃいますよ。

希望がいっぱいの在宅ワーク

以前までは、在宅ワークと言わず「内職」という言い方の方が浸透していました。
しかし、今ではワークとつくので働くことであるという意識が強くなっています。
これも働く一つの形であるということではないでしょうか。