お小遣い

小学生だからこそ貯金できるお小遣いの効率化

まずは貯金をしよう

小学生ってお金を持っていても意外とどのように使うかと考えると悩んでしまいます。お金はたくさんあった方がよいですよね。その為にはまずは“貯金”です。小学生だと誰かにプレゼントをすることや誰かにご飯を奢るなんてことはよっぽどないと思います。

どちらかというとお小遣いやお年玉など金を貰う機会の方が多いと思います。無理におもちゃや勉強道具を買う必要はありません。使い道がないのであればとことん貯金をしておけばいざという時にお金は人を助けてくれます。

一番効率が良いのはお小遣いやお年玉は小学生の特に低学年時はお母さんやお父さんにお預けしておくと良いと思います。

お小遣いで算数の勉強をしてみよう

お金には“計算”がつきものです。小学生であれば足し算、引き算、掛け算、割り算を勉強します。お小遣いを活用して算数の勉強をするのも1つの手段だと思いませんか。

例えば今月お小遣いを貰って次回お小遣いを貰う時に「今回は○○円あげるから今まで貰った分を足すといくらになるかな?」って計算をさせて答えがでたらご褒美でお小遣いを渡してみても面白いと思います。

小学生はいろいろな事にたくさん挑戦をする年頃です。ましてや、お小遣いで算数の計算ができたら貰えるとなると恐らく真剣に問題を解こうとすると思います。

一見、子供をお金で釣っている感じがしてあまり良い光景ではないと思いますがメリットもあるんです。やはり、お金の計算“算数や数学”の知識がつくことまた、それに対して真剣に解こうとする姿勢です。やる気の引き出しや能力向上にも繋がります。

中学生ですとその辺りの判断ができるようになってしまうのでチャレンジ精神が沸き上がっている小学生のうちにお小遣いを用いてお金の勉強をさせてみるのも良いでしょう。

実際にお小遣いで買い物をしてみよう

お小遣いがある程度溜まったら一度両親と買い物に行ってみてはいかがでしょうか。お金を手にしている以上どこかで必ずお金を消費するということをしなければなりません。でも、ただ買い物をするのではなく“節約”をしながら買い物をするということもしみましょう。

例えば小学生のお子さんが欲しいものが2つあるとします。同じ商品でも値段が違う商品は今ではよく売られています。商品のグレードの問題はありますがせっかく貰ったお小遣いをどのようにしたら効率良くお金を消費できるか節約の勉強もしてみましょう。

例えば500円のおもちゃとおなじおもちゃだけど300円で売られているとします。どちらが安いのかをまず考えてもらいます。そして500円と300円ではいくらの差がでるのかも考えさせてみましょう。これだけで節約する事と引き算をすることと差額の勉強ができます。

お小遣いの使い道は小学校で役に立つものに使おう

せっかく貰ったお小遣いおもちゃや好きなジュースやお菓子に使いたくなる気持ちはとても分かります。しかし、あれもこれも全部お小遣いで使ってしまうと意味がありません。小学生であれば誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどありとあらゆる面で欲しいものを貰える機会があります。欲しいおもちゃなどはそういったイベントまでにお願いをしてプレゼントしてもらいましょう。

お小遣いは小学校で活用できるものに使いましょう。例えば筆箱や鉛筆や学習帳などに使うとよいと思います。特に小学生あれば6年生には修学旅行があります。ある種ここで初めて子供一人でお金を管理しお金の使いかと考える絶好のイベントだと思います。

しかし、ここでお金がないとせっかくの修学旅行がなにも楽しめずお土産も変えず悔いが残ってしまいます。まずは、修学旅行を楽しむためにお金を節約するという目標を立てるのもよいと思います。

学校使う道具には拘りを持とう

貴重なお小遣いをいくら節約、節約と言ってもせっかく自分で買うものまで制御してしまってはつまらないです。小学生であれば鉛筆1つでも絵柄も何もない無字の鉛筆よりもアニメのキャラクターや飾りがついている鉛筆の方がよいと思います。

学校で使う道具にはせっかく貰ったお小遣いで無駄使いの無い範囲でこだわり持ってもよいと思います。特に筆箱や消しゴムなどには絵柄やキーホルダなどに拘る小学生はいると思います。自分のお小遣いなのでどのような使い方をするか見守ってみてはいかがでしょうか。

貰えるものは遠慮せずに貰う

近年の子供は遠慮がちな人が結構見受けられます。小学生でもお金に敏感になることは悪い事ではありません。むしろお小遣いは貰える時にもらって欲を言えるぐらいになるといいかと思います。

でも、無駄遣いはしなように子供がお金を触るときは大人が敏感にならないといけないですね。

お小遣いを稼ぎたい!そんな主婦におすすめの方法とは?

主婦の多くの人が「お小遣いがもっと欲しい」と感じています。それだけ色々と欲しいモノなどは出てくるもので、空いた時間を使ってお小遣いを稼ぎたいと感じている主婦は決して少なくないのです。そんな主婦におすすめしたいのがお小遣いサイトです。お小遣いサイトは主婦でも簡単に空き時間を使ってできるもので、コツコツとやっていくことで確実に稼いでいくことができる方法です。

お小遣いサイトではアンケートやゲーム、そしてメールチェックなどをしてお小遣いを稼いでいきますが、慣れていけば1ヶ月に1万円以上は簡単に稼いでいくことができます。一万円もあればお小遣いとしては十分なのではないでしょうか。とはいえ、お小遣いサイトは挫折する人も少なくありません。

その理由はいろいろありますが、「一つのお小遣いサイトにしか登録していない」ことも大きな理由です。一つのお小遣いサイトで紹介される仕事には限りがありますから、できるだけ色々なお小遣いサイトに登録しておくことで稼ぐチャンスを増やしていくことが肝心です。

また、お小遣いサイトの仕事にも色々ありますが、自分にとってやりやすい仕事を見つけておくことも大事です。例えば「アンケートならば得意」「クリック系の仕事ならば得意」といったように得意分野を作っておくだけでお小遣いサイトは遥かに稼ぎやすくなります。

また、お小遣いサイトに当てる時間を一日に決めておくのも良いでしょう。「入浴後はお小遣いサイトをする」といったように一日にお小遣いサイトをする時間を決めておくことで、遥かにお小遣いサイトも有効に使っていくことができます。このようにコツはいろいろとありますから、是非とも実践してお小遣いサイトをより有意義に使って行ってもらいたいものです。

 また、他にもお小遣いをためたい人におすすめなのがモニターのお仕事です。モニターのお仕事は実に色々なものがあり、ネットでも簡単に検索することができます。モニターのお仕事と言っても決して難しいものはなく、むしろ楽しみながら仕事をしていけるのも利点でしょう。

例えば化粧品のモニターであれば、化粧品を一定期間使用してみてその使用感を報告するといったような仕事の流れになります。このようなモニターの仕事はいつでも仕事があり、応募しやすいことも利点です。また、一回モニターをしただけでも1万円を超えるような高額モニター案件もあります。そのため、まとまった額を稼ぎたいなんて人にも良いでしょう。

 また、お小遣いを稼ぎたいならば添削の仕事もおすすめです。添削の仕事はいろいろとありますが、どれも空き時間を使って自分のスペースでしていけるといったメリットが有ります。添削の仕事は特に資格もいらず、良い頭の体操になる点も良いところです。もらえる給料も高いですから、是非とも添削の仕事は一度はやってみてほしいものでしょう。とはいえ、添削の仕事は基本的に補充目的でしか求人が行われず、仕事が見つけにくいのが難点かもしれません。

 他にもお小遣いを稼ぎたいならば内職もおすすめです。内職といっても実に色々なものがあり、自分の状況に応じて選んでいくことができます。子供がいてアルバイトやパートができないといった場合でも、内職の仕事であれば問題なく働いていくことができるでしょう。内職の仕事は長期的にできるものもも多く、一度良い仕事を見つけられれば長期間働いていくことができます。内職をしている主婦仲間がいるといった場合には是非とも話を聞いてみましょう。場合によっては紹介してもらえることもあるでしょう。
 
このようにお小遣いを稼ぐ方法は実に色いろあるのですが、他にもネットにはお小遣いを稼げるサイトが色々有ります。例えば最近では「話を聞くだけでお金が稼げる」なんてサイトも有ります。こういったサイトではスカイプなどで話を聞いてあげるだけでお金がもらえますから、お小遣いを空いた時間で稼ぎたいといった場合には最適でしょう。

他にも、自宅で埋もれている家電などをオークションで売ってみるのも良いでしょう。特にオークションサイトでは転売もできます。転売は正に主婦にうってつけの副業であり、空き時間を有効に使っていくことができます。転売と言っても決して労力はかかりませんから、自分の興味のある転売分野を選んでやってみると良いでしょう。

また、自分で制作した手芸品などをネットのサイトで販売することもおすすめです。実際にこういった方法で稼いでいる主婦は少なくなく、成功すれば大儲けすることもできます。最後に紹介した置きたいのがアフィリエイトです。アフィリエイトは主婦でも簡単に始めることができ、しかも定期収入が手に入るのも利点です。

とはいえ、アフィリエイトは読者の傾向を抑えておかないと成功しないといったこともありますから、アフィリエイトを始める前にはしっかりとした準備が必要になってくることは言うまでもありません。

旦那の給料じゃやっぱり不安。そんな時役立つ主婦による「お小遣い」の稼ぎ方

まずは鉄板。内職系のバイトってどう?

まず副業と聞いてイメージされるのは「内職」でしょう。封筒に宛名のラベルを貼ったり、100円均一商品の袋詰め、最近ではお手製のアクセサリーを作る、なんていう商売もあります。

さて、こちらの場合のコツ・方法は「慣れる」ことにつきます。ズバリ、出来高払いなのでいかに「スピーディー」にかつ「クオリティを保って」納品できるか、が大事です。

しかし慣れていない内は月/1000円稼ぐのも大変なほどハードな世界です。また宛名張りや梱包ならまだいいのですが、お手製のアクセサリーなどは完全に個人のセンスにゆだねられることが多く、ややハードルが高いかもしれません。

ノルマなどがある場合は、精神的な負担も大きく筆者としては余りお勧めしません。
もっともある程度の「器用さ」や「センス」がある人は試してみるのもいいかもしれません。

以外にクリエイティブ?人気商売も副業に。

次に紹介するのはやや毛色の違う商売。すなわち世間では「人気商売」とよばれている仕事分野も実は副業でできたりします、すなわち企業のCM等のナレーションの仕事です。こちらは「VOIP」というサイトで登録すれば、すぐに訓練を受けなくても(あくまでセンスがあればですが)可能です。なお収録は自宅で行うのでスタジオを借りる必要もなく手軽にクリエィティブな仕事が可能になります。しかし、収録の機械はテクニックもいるし大変そう、と感じる人もいるかもしれません。

大丈夫です。今はスマホしかもiphoneで収録は可能なのです。Iphoneの録音機能はプロが舌を巻くほど高性能で収録レベルに耐えうる品質です。無料録音アプリもあるので併せて使えば、なにもダイレクトマイクやコンポーザーを買わずとも仕事可能です。

いまや王道、クラウドソーシングのお仕事~その1

これが一番確実で王道でしょう。すなわちクラウドソーシングのお仕事。こちらはやや多岐にわたっているので2章に分割してお伝えします。

クラウドソーシングのお仕事で手っ取り早いのが「クラウドワークス」や「ランサーズ」に登録して稼ぐという方法。具体的には「タスク」という作業が初心者にはお勧め。

タスクの中には簡単なアンケートやブログ記事のライティングなどがあり、ある程度の文章力がある方は、コツコツやればある程度の収入が見込めます。

ここでも重要になってくるのが「クオリティ」を保つこと。

中途半端な文章では非承認になり、お金もいただけません。

スピーディー、センス、そしてコツコツやる忍耐力がここでも必要になります。
また一日のうちどのくらいPCの前で作業できるかも報酬の分かれ目です。

時間の取れる人にもお勧めでしょう。

いまや王道、クラウドソーシングのお仕事~その2

さてその2です。クラウドワークス、ランサーズ等の「タスク」の作業にもなれ、次のステップに進みたい方は、プロ契約を結ぶことをお勧めします。

すなわちプロのライターとして企業と「契約」を行うのです。

当然記事の求められるクオリティもあがり、作業量も増え、ひと月当たりのノルマもあります。

しかしこと「稼ぐ」ということに関しては、タスク契約よりも稼げます。
契約条件、ノルマ、報酬も自分である程度設定可能ですので腕に覚えのある方、経験を十分積まれた方はチャレンジすることをお勧めします。

こちらは収入面でも旦那を追い越す人もいるらしく、なかなか奥の深い世界です。
また一定以上の成績を納めた方にはボーナス等の特典もあります。
ここまでくると立派な職業ですね。

参考までに。その他の在宅ワーク、お小遣いの稼ぎ方

ここでは少々変わり種を。
在宅、お小遣いサイトの中には「占い師」専門のサイトも当たりします。

なにもプロの「占い師」である必要はなく、相談者にアドバイスするだけでお金をもらえるサイトがあります。チャレンジされたい方は複数の登録サイトがあるの、で自分の目で選択しましょう。

また、これもかなりの変わり種ですが「萌えボイス」というサイトがあります。

こちらは先ほど挙げた「VOIP」の声優版でゲームの声優をネット上で募集しております。しかも受注先によっては大手のゲームメーカーもからんでいることもあり、センスがあればそこからプロ声優デビューも夢ではありません。

ただ声優と言ってもアダルティーな分野の仕事もあるので、そういった仕事に嫌悪感のあるかたはアダルトNGをサイト登録する際に申請しましょう。

旦那を支えるお小遣いの稼ぎかた、のまとめ、「総論」

旦那を援護するお小遣いの稼ぎかたについてみてきましたが、総論としていえるのはお小遣い稼ぎと言えど、そこにはお金が発生しており、プロとしての仕事が求められるという点は、総論として抑えておくべきでしょう。つまり稼ぐにはある程度のセンス、訓練、経験が必要なわけですね。さて、みなさんも経験を積み、センスを磨き、家計の面からも旦那様を支えてみませんか?