給料

激楽で給料のいい仕事代表の治験。だけど、実は時給は大したことない!?

給料のいい仕事で挙げられる治験とは何か?

治験というのは、いまだ病院や市場に流通していない試作の薬を実際に人体に投与してデータを得る為の被験体となる事です。

新薬の実験体と聞くと思わず後ずさりしてしまいがちですが、いくら治験とはいえ、治療中に大きな薬害事故が起きれば大問題に発展するため、毒性試験や安全の確認がとれてから治験の対象となります。

実際に服用する薬も様々ですが、最近のトレンドだと、メタボリックシンドロームや糖尿病関連の試薬が目立ちますが、それ以外にも各種体質改善を目的とした治験の試薬もあります。

そしてこの治験という仕事は非常に給料が良い事、仕事内容が非常にラクな事から、お金に困った人から、お金を稼ぐと同時にネタ作りを目的とするなど、多くの人から注目を集めている仕事なのです。

治験の仕事内容は非常にラク

治験の実際の仕事の内容ですが、実際の治験のプログラムによって多少差はあるものの基本的に何もする必要はありません。
強いて言うなら血液検査や心電図などの各種データ採取、ある程度の運動などがありますが、逆に言えばそれだけしかありません。
それ意外の時間は備え付けの漫画や小説を楽しんでも良いですし、持ち込みOKならばパソコンで仕事される方もおり、ゲーム機で同じ治験の人と遊ぶなんてこともあります。

何故これだけなのかと言われると、治験の目的はあくまでも新薬のデータ採取。
一般人を対象に大量の治験のデータが必要なので、アスリート顔負けの激しい運動を繰り返したり、大量の新薬を摂取などしたりする事は
一般の方とは過ごされる環境とは異なるので、ほしいデータが採取できなくなるだけでなく、体調を崩されたりしたら、データの信憑性が一気に崩壊します。

その為、治験の対象者の健康には特に気をつけなくてはいけないので、このような通常の仕事とは思えない仕事内容になっているのです。

治験の給料がいい、そのワケを徹底解説

治験の給料はかなり高額です。一週間の治験で給料が15万円を超える事もあります。
これは日給に換算すると1日あたり2万円を超える給料をもらっている事になります。
「ただ薬飲んで、後は暇な時間を過ごしてなんでそんな給料が…?」
これは何故かと言われると、治験で入院している最中は全て拘束時間とみなされる為です。

先に一週間で15万円を超える事もあると書きましたが、
時給900円で換算すると、24時間拘束で一週間ですから
900×24×7=151,200円となります。

実際の給料は謝礼金という名目で、目安の金額が表示されていますから、その目安の金額を期間の時間で割ると、おおよその時給が割り出せます。
つまり治験の時給自体は他のアルバイトと大差無いが、拘束時間が劇的に違う為、短期間で大幅に稼ぐことの出来る仕事となっている訳です。

治験の魅力は対象の肉体があれば受けられること

治験の魅力は仕事内容と、いいお給料だけではありません。
専門的な知識や技術がなくても受けられる事も優れた魅力と言えます。

求められる肉体は、基本的に体重が太り過ぎず痩せすぎずで喫煙されていない方がベターですが、その条件に見合っていなくても、実は特定の病気や体質のみの方を対象とする治験も存在します。
太っているから無理だ…、自分はちょっと体質的に対象外かも…と諦める必要は無い訳です。

ただ直近で別の治験に参加した場合は、基本的にすぐ治験を受ける事は出来ません。
これは連続して受けると、そのデータの信憑性が薄れてしまう事と、万が一の薬害事故が起きた際にどの薬のどの作用が原因なのか因果関係が非常に複雑となる為です。
連続で治験に参加して大金をゲットだ!という事は不可能なので、その点だけは留意しておく必要があります。

もちろん治験もうまい話ばかりではない

治験においての最大の注意事項は、最終的な責任は自己責任もあるという事です。
もちろん治験の対象前には、万全を期していますがそれでも…という事はあります。
そういった場合には新薬の提供元が健康を取り戻すまでアフターケアをしてくれますが、契約前に最終的には本人の責任である旨の免責を確認してもらう治験も少なくありません。

また仕事内容が極端に手軽で、お金を稼げる事から治験は募集をかけても、あっという間に募集が打ち切られることも珍しくありません。
治験の仕事内容は確かにラクですが、治験自体に参加するには若干のハードルがあります。

もし治験に参加したいのであれば、最終的な責任は自分にあること。
治験情報を公開しているホームページを常にチェックしておくべきでしょう。

治験は給料だけでなく社会貢献にもなる仕事

治験は、いいお給料が目的の方がほとんどですが、長期休暇の学生や話の社会復帰の一歩など参加理由は十人十色。
いずれ治験した薬が多くの方を救うこともありますので、治験はお給料だけでなく、社会的にも立派な仕事と言えるでしょう。

給料いい仕事は難しい?仕事の難易度と給料について

給与いい仕事に共通した条件

冒頭でもお伝えしたように、給与のいい仕事にはある共通した条件があります。それは責任が伴うか技術が求められる、ということです。

これはどんな業界のどんな職種を例にとってもいえることですが、平社員よりもリーダーや管理職などマネジメントを行う仕事の方が給与は高くなります。よほどインセンティブが発生するような仕事でない限り、これに例外はありませんよね。

また誰でもできる仕事であれば、経営者は外国人労働者や学生など安い人件費で雇える人を求めます。しかしながら最初から高い職業スキルを持つことはできないですよね。リーダーやマネジメント業務もいきなり任されることはほとんどありません。

したがって給与がいい仕事に就く為には最初は安い給与が働いたとしても、自分自身の業務スキルを磨くことが大前提となるのです。

給与いい仕事が多い業界について

給与のいい仕事について考える際は、業界選びが欠かせません。沢山の給与を受け取る為には、職種だけでなく、景気のいい業界を見極めることが大切なのです。

では給与のいい仕事に就く為にはどのような業界を選ぶべきなのでしょうか。それは次のような条件を満たす業界です。

・国の助成金や補助の影響が大きい業界
・長期的に見たら伸び続けている業界
・大企業が複数存在する業界

これらの条件を満たす業界について考えてみましょう。例えば以下のような業界はこれらの条件を満たします。

金融業界、保険業界、マスコミ、不動産、通信業界などはこれらの条件を満たしますよね。そして実際にこれらの業界はテレビコマーシャルを常時出し続けることができている業界です。

それは循環しているお金の金額も大きいことを意味しているのです。

給与いい仕事に就く為の職種の見極め方とは?

給与いい仕事といえば、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。一般的に給与いい仕事は医者や弁護士、もしくはエンジニアなどの専門的な職種ですよね。

ではなぜこういった専門的な職種は給与が良いのでしょうか。その理由は希少性の高さにあります。世の中から求められるニーズがあり、それでいて人手が不足していると、給与は高くなりがちです。人が集まりにくい僻地の病院の医者の給与が高いのは、それだけ希少性が高いからなのです。

つまり給与いい仕事に就く為には、世の中に求められていて、尚且つ人手が不足している職種が大切です。かつての弁護士はそういった職種の代表格の一つでしたが、弁護士が増えたことで状況は変わっています。実際に安い給与で働く弁護士は少なくありません。

したがって、これから長期的に給与が上がる職種を見極める為には世の中のニーズと希少性から考える必要があるのです。

不動産業界の営業職は給与いい仕事といえるのか

ネット求人の広告を見ていると、給与のいい仕事を探す際に必ず目に飛び込んでくる仕事があります。それが不動産業界の営業職です。

実際に求人広告の内容を読んでみると、30代で年収1,000万円以上稼いでいる社員が写真付きでコメントしていたりしますよね。こういった仕事に就いたとして実際にそれだけ稼ぐことができるのか、と疑問に持った方も多いのではないでしょうか。

これは実力や自信がある場合はチャレンジする価値があるといえるでしょう。しかしながら営業がそこまで好きではない場合や不動産に情熱を持てない場合は慎重な判断が必要です。不動産業界の営業職は一般的な法人営業職よりもハードな現場である可能性が高いので金銭的な動機だけでは途中で挫折する場合が多いのです。

しかしながらそんな厳しい不動産業界の営業職でも環境の良い職場は存在します。それは新人を教育する体制がしっかりと整っている会社です。そういった会社に就職できれば、売れるようになるまでの苦労はあるかもしれませんが、長期的に働ける可能性も高くなります。

そして営業職としてのインセンティブは確実に他の業界よりも高いので、長期的に働き年収1,000万円を目指すことは夢ではありません。したがって不動産業界で営業職として働くことを検討する際は、新人を教育する仕組みや社風について冷静に見極めることが大切なのです。

給与いい仕事を探す際の注意点

給与いい仕事を探そうとすると、どうしても月給や賞与、福利厚生にばかり関心がいきがちです。しかしながら手元にお金を残していくことを考えるのであれば、そういったところだけにフォーカスして就職活動をすべきではありません。

何故なら給与や福利厚生などの条件だけで選んだ仕事は長期的に働けなくなる可能性が高いからです。ブラック企業に注目が集まったことで職場でのストレスが問題視される傾向が増えてきましたが、過度なストレスは体調を崩す原因となります。そして最悪の場合退職という結末を迎えます。

そうなってしまうとせっかく昇給してきたこれまでのキャリアが無駄になり、尚且つ転職活動や無職の期間で貯金したはずのお金が減ってしまう可能性が高いのです。

では何故職場でのストレスは発生するのでしょうか。その原因は人間関係や会社の教育制度など、細かい原因は個別に存在しますが、一番の原因は自分に合わない仕事をしていることです。

仕事を選ぶ際は好きか嫌いか、給与が高いか低いかではなく、本当は自分に合うかどうかで判断することが必要なのです。自分の性格や体調に合った仕事であれば、ほとんどの人が長期的に働けます。

そして長期的に一つの組織で働けば自然とマネジメントのポジションを任されるチャンスが増えてくるので、結果的に給与も上がりやすいのです。

その為給与のいい仕事を探す際は、短期的な視点だけでなく、長期的な視点を持つことが欠かせないのです。

給与いい仕事を探す際は長期的な視点を持って考えよう

いかがでしたか。給与のいい仕事を探す際は、長期的な視点を持つことが欠かせません。短期的な視点で自分に合わない仕事を選ぶと、転職を繰り返すことになってしまう可能性があるからです。

そうなると、例え一時的に高い給与が受け取れても、手元にお金は残らないですよね。したがって給与いい仕事を探す際は、長く働けることを前提として考えることが大切なのです。

いつが給料日?知ってるようで知らない公務員の給料日

国家公務員の給料日は?

さて、ではまずはじめに国家公務員の給料日について見ていきたいと思います。国家公務員の給料日については一括で人事院という部署が決定しています。ただ、国家公務員全てが同じ給料日に給料を支給されているわけではありません。

例えば、内閣、消費者庁、外務省をはじめとする19省庁においては給料日というのは16日と決められています。

これに対して、文部科学省、特許庁、中小企業庁は17日が給料日となっています。さらに経済産業省、原子力規制委員会、防衛省の給料日は18日とされています。このように同じ国家公務員でもその給料日には違いが存在しています。

給料日がそれぞれの省庁によって異なってくるというのが国家公務員の給料日の特徴になります。

地方公務員の給料日は?

上記では国家公務員の給料日について見てきました。それでは地方公務員の給料日についてはどのように考えていけばよいのでしょうか。国家公務員の給料日については人事院という部署で決定されていましたが、地方公務員の給料日は条例によって決定されることとされています。

この条例についても例えば東京都では知事が給料日を決めるとされていたり、大阪府の場合は人事委員会が決めるとしていたり、名古屋市の場合は市長が決めるとしていたりして、だれが給料日を決める権限を持っているのかはまちまちになっています。

このように地方公務員の給料日は条例によってまちまちの日付が設定されているので、東京都の場合は15日であったり、他の市町村では17日・21日が多かったりとその給料日はバラバラになっています。

公務員の給料日の締日は?

さて、給料日を考えていく上ではそれと同時に給料の締日というものも見ていく必要があります。給料の締日として設定されることが多いのは月末になります。ただ、地方公務員の給料日の中には先払い制のシステムを導入している自治体もあります。

国家公務員についても先払いという形で給与を支給している場合があります。この先払いという形をとっていることにより、公務員では一般企業には珍しい給料の払われ方をするケースが出てきます。

例えば、通常一般企業で月末締めの給与形態をとっている場合、新卒であれば、4月分の給与は4月末日に締められて、5月の給料日に4月分が支給される形になります。

しかし、公務員の場合には4月の給料日にいきなり満額の給料が支給されることになります。

土日祝日の場合の給料日の処理は?

公務員の給料日と一般企業のサラリーマンの給料日を比較したときに、違いがあることが多いのが土日祝日が給料日の場合の対応です。一般企業のサラリーマンであれば、このようなケースでは給料が先払いになるケースがほとんどです。15日が給料日でこの日が土日祝日のいずれかと重なっている場合であれば、その15日の直前の平日が給料日になります。

しかし、公務員の場合は違います。まず、15日が土曜日の場合であれば、その直前の金曜日が支給日になります。しかし、問題は日曜日と祝日の場合です。まず、日曜日の場合は基本的に後ろ倒しするという考え方を取ります。

したがって、16日の月曜日に支給される形になります。なお、16日の月曜も祝日だった場合は17日の火曜日になります。なお、祝日の場合は祝日の前日が平日だった場合は前倒し、祝日の前日が休みだった場合は後ろ倒しという対応がとられます。

公務員のボーナスの支給日は?

さて、ここまでは公務員の通常の給料、つまり月給を支給する場合の給料日について見てきました。では、月給ではなく、ボーナスを支給する場合の支給日はどのようになるのでしょうか。

こちらも給料日として一緒に押さえておきましょう。ボーナスを支給する場合の給料日は国家公務員の場合であれば、夏のボーナスが6月30日、冬のボーナスが12月10日と決まっています。

地方公務員であれば、この日程は多少前後することがありますが、基本的には国家公務員のボーナス支給日に合わせて設定が行われています。なお、公務員のボーナスは期末手当と自分自身の評価によって変動する勤勉手当というものが組み合わさって構成されています。

一般企業と微妙に違う公務員の給料日

上記の文章では公務員の給料日の考え方について見てきました。給料日が月末でなかったり、給料日が土日祝日と重なった場合に後ろ倒しになるといったような形で一般企業のサラリーマンとは微妙な違いがあることが分かりました。公務員の給料日について知りたければ上記を参考にしてみてください。

給料差し押さえになった!給料差し押さえの原因と対策

給料差し押さえって何?

さて、今回の本文中で見ていく給料差し押さえについてですが、そもそも給料差し押さえとはどのようなものなのでしょうか。給料差し押さえというのは借金などの返済が滞っている債務者に対して、債権者が裁判所に申し出ることによって、その債務者の勤務先から債権を回収するという手段になります。

きちんと裁判所を通して許可を取っているので違法な手段ではありません。債務者が裁判所にも打ち立てることにより、裁判所が認可すると、債務者と債務者の勤務先へ「差押命令正本」というものが送られることになります。これを受けて債務者の勤務先は給料の差し押さえというものを行うことになります。

給料差し押さえの原因って?

給料差し押さえの原因についてですが、基本的には上記で述べたように借金の返済を滞納していることにより、債券者から裁判所への申し立てがあったことに起因します。

しかし、これに加えて税金や社会保険料などの必ず国に払わなければいけない費用について滞納がある場合にも給料の差し押さえというものが発生する場合があります。

この場合国から直接の差し押さえということになるので、裁判所を介することなく、いきなり給料の差し押さえが行われることになります。

ただ、この国からの差押えの場合であっても事前に督促状などが送られてくることになっているので、その時点で対応するようにしましょう。また、給料差し押さえの前には最終宣告ということで最終催告書、差押予告書といったものが送られてくることになります。

給料差し押さえされる前の予防策は?

さて、給料差し押さえという事態に遭遇する前にはさまざまな前兆があります。前の文章でも述べてきたように差し押さえをするということを予告するような文章がたくさん送られてくることになります。この時点で給料の差し押さえまでにつながらないように対策を講じておく必要があります。この場合考えられる方法は3つしかありません。

1つ目はその時点でしっかりと借金を一括と完済してしまうという方法です。ただし、このように借金が一括完済できるくらいなら、給料の差し押さえをされるところまで追いつめられないという事情もあります。

その場合、2つ目に考えらえるのは勤務先を辞めてしまうということです。実際給料の差し押さえをされてしまうと、勤務先での信用はがた落ちになってしまい、居心地が悪くなるのは間違いありません。

そのようなことを考えていくと、給料の差し押さえがあれば、結局遅かれ早かれ退職することになりかねないので、先手を打って退職するという考え方もあります。

また、最後は債務整理といったような手続きをとって現実的に債務を完済するための解決策を取っていくということです。

給料差し押さえの金額は?

さて、給料差し押さえにあってしまうと給料の全額が差し押さえられてしまうのかと慌ててしまいますが、さすがに全額を差し押さえてしまうと、債務者の生活が回らなくなり、さらに借金を重ねるといったような悪循環に入ってしまうことは明らかなので、給料差し押さえといっても全額を差し押さえるということはありません。

原則的には給与の法廷控除額を引いた4分の1までを差し押さえることになっています。法廷控除額というのは国に治める税金や社会保険料の金額になっています。給料から普段惹かれている財形貯蓄の金額、共済費、住宅ローンの金額などが合った場合、このような金額は含みません。

給料差し押さえをされた場合の注意点って?

給料差し押さえにあった場合の注意点についてですが、まずすぐに想像がつくことですが、この給料の差し押さえの請求が勤務先にあったことにより、勤務先からの信用を失うことになります。

また、月々の生活費に回していたはずの給料が差し押さえられてしまうということになるので、当然その月からの生活が一気に厳しくなります。
また、給料の差し押さえの通達は突然来るということも覚えておきましょう。

突然給料の差し押さえをすることにより、その差押えの期間までに退職してしまったり、財産を隠すといったような対策を債務者に取らせないことがその目的になっています。ただ、その前の時点で裁判の申し立て、催告書などは送られてくるはずなので、その時点で何らかの対策はおこなっておくようにしましょう。

給料差し押さえの実態と差し押さえになった場合の対策まとめ

上記の文章では給料の差し押さえというものの実態について説明してきました。さらに給与差し押さえという事態に遭遇する前に発生するイベントや実際に給与差し押さえという事態に遭遇する前にはどのような対策をすればいいかということについても細かくみてきました。参考にしてください。

意外と知られていない給料の高い仕事5選

電車運転士

知られていない給料の高い仕事としてまず紹介したいのが電車運転士になります。この電車運転士という仕事はいわゆる電車を運転する運転士になります。東京付近に住んでいる人ならJRの電車などで目にするあの電車運転士になります。

このような電車運転士に関しては全く高収入というイメージは無いかもしれません。しかし、JRに勤務している電車運転士であれば年収は639万円程度と言われており、国民の平均年収が400万程度と言われている昨今において決して低い水準ではありません。

このように電車運転士の給与体系が高収入になるのは勤務体系に夜勤などがあり、不規則なスケジュールになっていることも一つの要因になっています。ただ、福利厚生などもしっかりしているため、そういった面でもおすすめの仕事になります。

警察官

知られていない給料の高い仕事として警察官も紹介したいと思います。この警察官という仕事について、仕事自体は誰でも知っているものになります。しかし、この警察官という仕事が意外に高収入な仕事であるということを知っている人はあまり多くありません。

このような警察官が給料が高い仕事となっている理由としてはそもそも警察官は公務員であるため、公務員の比較的高級と言われる給与体系が採用されるということが挙げられます。

また、これに加えて警察官にはいざという時には事件に巻き込まれて、怪我をしたり、最悪の場合には命を失う可能性もあることが挙げられます。加えて緊急の事件が起こった場合には休みだから出ませんという訳にもいかず、そういった緊急出動があることも考慮されています。警察官については平均年収は813万円程度と言われています。

馬の調教師

知られていない給料の高い仕事として紹介したいのが馬の調教師になります。この馬の調教師が高収入ということを知っている人はかなり少ないのではないでしょうか。

この馬の調教師の仕事は文字通り競馬に出る馬の調教を担っている仕事になります。この馬の調教師の仕事にはある程度歩合制のような部分もあり、自分自身が調教している馬がレースに出走したり、そのレースで勝利することにより、臨時収入を得ることも出来ます。それらを合わせての平均年収は約1,200万円と言われており、医師・弁護士といったような良く知られている高収入の職業に勝るとも劣らないほどの収入を得ることが可能になってきます。

また、あくまでこの平均年収は平均であるため、実績を上げていくと、この年収の数倍にまで給料が跳ね上がる場合もあります。

海上保安官

知られていない給料の高い仕事としては海上保安官の仕事があります。この海上保安官という仕事は海の警察官とも呼ばれている仕事になります。不審船の取り締まりなどを行う、安全な航海を行うための情報発信を行う、海上交通の管理を行うといったような仕事になります。海上における犯罪や海難事故を防ぐというのが仕事の内容になっています。

この海上保安官についてですが、その平均年収については688万円程度となっています。やはり警察官と同じで保安に係る業務を行うため、その身が危険にさらされる可能性が高いということと、公務員の給料体系が採用されているということが給料が高い理由になっています。

この海上保安官になるためには海上保安学校や海上保安大学校で専門教育を受ける必要があります。

診療放射線技師

知られていない給料の高い仕事としては診療放射線技師の仕事を挙げることが出来ます。この診療放射線技師という仕事はいわゆるレントゲン撮影を専門で行う技師になります。この診療放射線技師という仕事ですが、その平均年収は514万円程度と言われています。

また、仕事についた段階から資格手当のような形で給与に上乗せされた金額が支給されるため、一般企業の新入社員などと比較すると、高い給料をもらえることも分かっています。

また、ある程度スケジュールに従って仕事をするというもので、突発的な仕事というものも入りづらいため、労働時間も過剰に長いということはありません。この診療放射線技師になるためには大学や専門学校などで専門教育を受ける必要があります。

知られていない給料の高い仕事まとめ

上記の文章では知られていない給料の高い仕事についてまとめてきました。全く聞いたことの無いような仕事から、仕事の内容は良く知っているけれどもそれほど給料の高い仕事とは知らなかったという仕事までさまざまな仕事があったかと思います。就職を考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

給料の参考URL:
http://matome.naver.jp/odai/2139209287099421001

高卒でもつける給料のいい仕事

高卒で給料のいい仕事に就くための原則-独立

高卒で給料のいい仕事に就くための原則として言えるのは、高卒でも良い給料を得たいと思ったら独立するということを視野に入れる必要があるということです。会社員や公務員といったような組織で働いてしまえば、特にその組織が大きければ大きいほど個人の能力よりもシステム化された給与体系に基づいて給料が決められてしまうことになります。

このような給与体系というのは基本的には学歴をベースに作られている場合がほとんどになります。したがって、このような学歴をベースとした給与体系を取っている企業などにおいては高卒であれば高収入を得るというのは難しくなります。したがって、高卒でも給料のいい仕事を得たいと思った場合は独立というものも視野に入れる必要があります。

高卒で給料のいい仕事に就くための原則-手に職を

高卒で給料のいい仕事に就くための原則としては手に職をつけるということも挙げられます。学歴で高収入を見込む事が出来ない高卒者であれば、高収入を得るためには仕事の実力で周囲を納得させる必要があります。このような仕事の実力が一目で分かるような仕事のタイプとしてはいわゆる職人の仕事のような手に職と言われてるタイプの職業があります。

上記で述べている手に職タイプの仕事の代表例としては大工・電気工事士・配管工・トラック運転手といったような仕事を挙げることが出来ます。このような仕事はいわゆる熟練の技が光るという分野になります。また、今流行りのIT系企業のように苦労して身に着けた知識や技術が数年で陳腐化するといったようなこともありません。したがって、腕を磨けば磨くほど高収入が期待できます。

高卒で給料のいい仕事に就くための原則-継続

高卒で給料がいい仕事に就くための原則として挙げられるのが継続になります。日本の雇用システムにおいて何かとデメリットとして挙げられることが多いシステムが年功序列賃金システムというものになります。これは長く務めることにより給料が上がっていくというシステムになっており、実力のある若手からは働いた分の給料がもらえないという不満の種になっています。

ただ、このような年功序列賃金システムは高卒者のような人にとってはむしろメリットになります。高卒であってもずっと継続して同じ仕事を続けていることにより、賃金が徐々に上昇していき、大卒で入って来た若手社員などと比較するとかなり高い給料をもらうことが出来ます。

職種で給料が決まっており、いくらその仕事を続けても同じ仕事内容であれば給料がずっと変わらないことが多いという諸外国の賃金システムと比較すると、日本の賃金システムは高卒などでも継続することによって、給料面の挽回が効くシステムになっています。

高卒で就ける給料のいい仕事-生保レディ

高卒で就ける給料のいい仕事の具体例としては生保レディの仕事があります。この生保レディという仕事は女性限定になりますが、高卒でもかなりの高収入を得ることが出来る可能性がある仕事です。

というのも、この生保レディの給料というのはどのくらい生命保険の契約を取って来たかという事で決まる完全な歩合制の仕組みになっており、そこに学歴は全く関係ありません。自分自身が優れた営業能力を持っていたら、それこそ年収1,000万円以上稼ぐことも現実的な職業になってきます。ただし、その反面保険契約がまったく取れない場合はかなり安い給料しか得ることができません。

高卒で就ける給料のいい仕事-ガテン系の職場

高卒で就ける給料のいい仕事の具体例としてはガテン系の職場を挙げることが出来ます。このようなガテン系の職場は基本的に高卒の男性向けの給料のいい仕事になってくるでしょう。ガテン系の職場で最も多いのが建設現場での仕事になります。建設現場で働く大工・とび職といったような仕事はガテン系の仕事の代表例になります。

このような建築系の仕事については東日本大震災の復興需要に始まり、2020年の東京オリンピックに向けた建築ラッシュもあり、今後しばらくは安定して需要があると言われています。また、しばらく続いた建設不況によって、人材も不足しているため、高卒であっても高収入を得られる給料のいい仕事になっています。

高卒でもつける給料のいい仕事まとめ

上記の文章では高卒でもつくことの出来る給料のいい仕事について紹介してきました。色々な事情があって大学を卒業できなかったとしてもあきらめる必要はありません。高卒でも高収入を目指しているのであれば、上記で紹介したような給料のいい仕事に就くことを狙ってみましょう。

本当に給料の高い仕事ランキングTOP5!

航空機操縦士

まず給料の高い仕事の代表例として挙げたい仕事が航空機操縦士になります。これはいわゆるパイロットです。航空機操縦士に関しては平均年収は1,152万円程度といわれています。

航空機操縦士になるには航空会社に入社して航空機操縦士の養成訓練を受ける、航空大学校に入学して在学中にいくつかの資格を取得して航空機操縦士候補生として航空会社に入社するという2つのパターンがあります。

また、これ以外の方法としては防衛大学校に入学して自衛隊の航空機操縦士を目指す方法があります。旧来航空機操縦士になるのは狭き門と言われてきましたが、近年は格安航空の台頭もあり、航空機操縦士の求人も増えてきています。航空機操縦士になりたい人にとってはよい時代になってきました。

大学教授

給料の高い仕事の代表的な例としては大学教授の仕事を挙げることが出来ます。大学教授というのは大学という最高学府において、学生に知識を教授するということで、かなり高度な知識が要求される職業です。その大学教授という仕事にステータスに見合うように大学教授の給料も非常に高く設定されています。平均年収は1,081万円程度というデータが出ています。

近年は大学経営の悪化や少子化の影響で年収は減少傾向にあるといってもまだまだ十分に高いレベルの給与水準を維持しています。また、仕事も激務ということはなく、学生に授業をしながら自分の研究も出来るという恵まれた環境にあります。ただ、大学教授になるというのは非常に狭い門になっており、なりたいと思ってもなかなかなることは難しいのが実情になっています。

医師

給料の高い仕事としては医師を挙げることができます。この医師という仕事はまさに給料の高い仕事の代表格ともされており、ステータスもかなり高い仕事になります。平均年収は1,144万円程度と言われています。

ただ、高齢化社会の進行により、医療が必要となる高齢者は増えているにも関わらず、医師自体の数は不足傾向になります。これについては医師になるための医学部入学が私立であれば金銭面の負担が大きい、国公立であればかなり難易度が高いといったような問題があることも一因となっています。

このような医師の不足が要因となって、医師という仕事は給料の高い仕事ではあるけれども、同時にかなりの激務としても知られる仕事になっています。ただ、人の命を救う仕事ということでそのやりがいは大きいと言ってよいでしょう。

大学准教授

給料の高い仕事としては准教授という仕事もあります。先ほど給料の高い仕事の例として大学教授を例に挙げてきました。大学教授には給料の面で及びませんが、大学の准教授という仕事も給料の高い仕事として知られています。

この大学の准教授という仕事はもともとは助教授と呼ばれていた職業になります。助教授については自分自身の研究と共に教授の研究の手伝いといったような補助的な役割も担っていました。ただ、近年の制度改革により、この教授の補助を行うという役割を助手という職業に任せてることによって、研究により専念できる形になった職業が准教授になります。

大学においては教授に次ぐ研究職となっており、その平均年収は862万円と言われています。この大学准教授になるには教授の推薦が必要になってきます。

税理士

給料の高い仕事としては税理士という仕事を挙げることができます。税理士という仕事については平均年収は713万円程度と言われています。ただ、この税理士については独立開業することが認められている資格になるので、自分自身で事務所を設立してうまく顧客をつかむことができれば、この平均年収を大きく超える年収を得ることも可能になります。

この税理士になるには税理士試験と呼ばれる試験で5科目の試験に合格する必要があります。この税理士試験については簿記の知識を問う会計分野の試験科目と所得税・法人税といったような税法の知識を問う税法分野の試験科目から成り立っている試験になります。

特徴としては科目合格制度というものを設けているため、5つの科目に同時に合格する必要は無いということです。そのため、社会人などが働きながら受験する事が現実的に可能な数少ない難関資格となっており、社会人がキャリアアップやキャリアチェンジのために受験する例が多くなっています。

給料の高い仕事5選まとめ

上記の文章では給料の高い仕事についてまとめてきました。基本的には給料が高い仕事として、良く知られている仕事を中心にまとめたので、王道といっても良いランキングになっています。給料が高い仕事につきたいなら上記を参考にしてみて下さい。

給料のデータの引用元

http://matome.naver.jp/odai/2139209287099421001

自分で計算しよう!給料計算を習慣化しておくメリットとは?

会社から支給される給料を何の疑問もなしに受け取っていませんか。これは実は危険です。会社に給料計算を全て任せてしまっていると、給料額をごまかされてしまうこともあります。だからこそ、行っておきたいのが自分で給料を計算することなのです。そんな給料計算の仕方やメリットについてこの記事で解説していきましょう。

 まずは給料額をごまかされる危険性を知っておきましょう。「そんなこと会社がするわけがない」という思い込みは大変危険です。実際に過去に何百件も給料詐称の問題は起こっており、潜在的な給料詐称を合わせたらかなりの件数になります。それくらい給料詐欺は珍しくないことですが、だからこそ自分で給料を計算できる様になっておくことが大事なのです。

 そんな給料の計算の仕方はそこまで難しくありません。会社員であれば社則で決められた基準報酬額がありますから、これを基にして計算してみましょう。この際に注意したいのが社会保険料や福利厚生費などをしっかりと考慮しておくことです。特にサラリーマンはこうした社会保険料や福利厚生費などでごまかされてしまうことが多くなっています。そのため、しっかりと会社の規則を確認して、「自分の給料から何がどれくらい引かれて手取りになっているのか」を確認しておきましょう。社会保険料を自分で計算するのが面倒という人は会社の経理に聞いてみても良いでしょう。こういった給料計算はネットのサイトでも簡単にすることができます。時間がない人は利用してみても良いでしょう。

 給料計算を専門家に頼んでやってもらうことも良いでしょう。サラリーマンであれば、給料明細などを持って弁護士事務所にいけば簡単に適正な給料額などを教えてもらえます。こういったことは手軽にできることですから、まずはこれから初めてみても良いかもしれません。

 また、アルバイトの場合は特に給料詐欺には注意しておきたいものです。実際、給料詐欺はアルバイトの人の方が多く、しかも日常的に行われていますから、アルバイトならば必ず給料詐欺については意識を張り巡らしておきましょう。まず、時給通りにしっかり払われているかは真っ先に確認しておきたいことです、また、他にも労働時間もよくごまかされる点です。例えば「少しのトイレ休憩」が労働時間として除外されてしまったり、準備時間としてごまかされてしまうことがあります。

こういったことを確認するためにはストップウォッチを利用して自分で労働時間を計算する他ありません。面倒なようですが、積もり積もれば大きな額になりますからしっかりやっておきましょう。

 特に会社員であれば残業代はごまかされやすいことです。そもそも残業代事態が払われないこともありますが、そういった場合も訴訟に備えて「残業をどれくらいしているのか」といったことはしっかりと測っておきましょう。

 また、経理や店長に労働時間や残業代などについて聞いてみるのも良いでしょう。しっかりと残業代などについて答えてくれないようであれば、給料詐欺の問題を疑ってみたほうがよいかもしれません。

 もしも給料詐欺されているといった場合には行動を起こす前にしっかりと証拠を積み上げましょう。例えば、社会保険料が通常よりも多く給料から引かれていることを上司に指摘しても「計算間違いだった」で済まされてしまうことがあるからです。そのため、行動を起こす前にはそれまでの源泉徴収表などの証拠を集めるとともに、弁護士にも相談しておきましょう。こうすることで、それまでに支払われるはずだった賃金を確実に取り返すことができるようになります。

 こういったことを行うと「首になるのでは」といったことを危惧する人もいます。しかし、給料額が適正に支給されていないと訴えたからといって首になることはありません。確かに会社に少し居づらくなるかもしれませんが、殆どの場合それだけです。そのため勇気を出してやってみることが大事です。

 また、もしも自分だけでなく他の社員も給料詐欺されていたといったよな際には団体訴訟に持ち込むといったこともできます。団体訴訟にしても個人訴訟にしてもそれまでに支払われなかった給料だけでなく、場合によっては慰謝料も払ってもらうことができます。加えて、こうした訴訟を起こせば会社の健全化にもつながっていきますから、是非とも給料詐欺をされているといった際には行動を起こしておきたいものでしょう。

 加えて、給料を自分で計算する習慣をつけておけば表や数字に強くなることもメリットとして覚えておきましょう。こういった習慣は自分で確定申告する際などにも役立って来ます。

この記事では給料詐欺について紹介しましたが、給料詐欺を許しておくと他の問題に発展することもあります。だからこそ、給料詐欺があるのかどうかまずは給料計算をして事実確認しておくことが肝心でしょう。

安い給料がイヤ?なら収入増かダウンサイジングだ!

給料が安いなら副業で収入を増やせば万事解決

単純に安い給料が不満であるならば、更なる収入増加を行えば解決です。
収入を増やす手段はたくさんあります。
本業を頑張り出世するというオーソドックスな方法はもちろんですが

・週末限定でコンビニや居酒屋等でアルバイトをする
・休日や仕事帰り後に自宅で副業を行う
・単発の日雇いの派遣の仕事を請け負う
・お小遣いサイトに登録して収入を増加させる
と、様々な方法もあります。

昨今では長期間のデフレから給料が安い事は、社会全体でも共通の認識となっており、正社員でも副業をする事を禁止せず、逆に奨励する会社も増加傾向にあります。
収入が少ないのであれば、スキマ時間を利用して収入を増やしてしまいましょう。

ただし公務員はもちろんですが、大多数の企業では明確に副業を禁止しているところも珍しくありません。
副業をやった結果、うっかり仕事をクビになるような事態にならない為にも
就業規則はチェックしておきましょう。

副業で将来独立や見知らぬ才能が開花する事も

副業の魅力は収入の増加だけに留まりません。
本業で培った知恵や経験を活かす仕事を行えば、本業にもフィードバックは可能ですし、コンサルタントや講師として仕事を行えば、会社を越えた人脈開拓にもつながります。
結果として将来に独立した時には大きな宝となるのです。

全くやった事の無い分野の仕事に手を出してみる事も良い経験になります。
普段デスクワークの人間が、休日に単発日雇い派遣で運動不足解消も兼ねて体を動かしたり、逆に普段肉体労働の方が、休日に自分の興味のある分野でWEBライティングの仕事をする事もあります。
その結果、今までやった事の無い仕事を通して、知識や仕事の経験から、自分の新たな得意なジャンルが見つかる事もあります。

収入だけでなく、自分の新たな可能性の開拓にも副業は適していると言えます。

給料が安い?なら生活の質を落としてみよう

「副業の魅力は分かったが、勤務先が副業を明確に禁止しているので無理」
「休日に仕事するなんてイヤ!休みは寝ていたい」
という人には、生活の質を落としていくダウンサイジングがお勧めです。

生活の質を落とすと言っても、安くて体に悪い物ばかり食べるとかそう言った類ではなく、生活における無駄な箇所をドンドンカットしていく事です。
生活の質の無駄な部分をシェイプアップしていくと言い換えても良いかもしれません。

・携帯電話料金の見直し
・煙草やお酒等の嗜好品の数を減らす
・お金のかかる趣味を止めて、お金のかからない趣味に切り替える

等、様々な方法が挙げられます。
仮に月2,000円カット出来れば年間トータルで24,000円上昇になります。

特に携帯電話料金は、格安SIM等の影響で通信事業者を切り替えると、非常にお得になる事もあるので携帯電話料金の見直しはダウンサイジングでは必須と言えます。

ダウンサイジングと断捨離を合わせて行うとより効果的

ダウンサイジングと合わせて行うと効果的なのが
身の回りの不要な物を徹底的に処分する断捨離です。

人間は物を持てば、例えそれが無駄だと分かっていても維持したくなります。
維持するのであれば当然維持費や手入れの時間などコストはかかります。
逆に言えば、物を持たなければ維持費はかからないし手入れする必要もありません。
物を置く場所も確保しなくてよいので住居のスペースも広くなると良い事尽くめ。

生活のダウンサイジングと並行して、不要な物はドンドン捨ててしまいましょう。
「また使う機会があるかもしれないから取っておこうかな…」
と思っている物こそ、実は使う機会が訪れない可能性が高く、再度手に入れるのが容易なら、猶更持っている必要はありません。

副業とダウンサイジングの両立で相乗効果を狙え!

給料が安いのであれば、収入の増加を狙うか支出を抑えるかが根本的な解決策になります。
もちろん自らの環境が許すのであれば、副業と生活のダウンサイジングの両方を行うことで、収入の増加と支出の抑制の、両方の相乗効果を狙っても問題ありません。
むしろ積極的に両立を狙っていくべきです。

経済状況はいまだ予断を許さない状況です。
万が一仕事が無くなった時などの事態が起きた時の為にも、早い内から新しい仕事でスキルアップや生活の見直しをすることをお勧めします。

給料が安い一点だけど悲観的に捉えて嘆いて終わりにするのではなく
「給料が安くて生活が厳しい。今の状況を打破するにはどうしたら良いか?」
と、日々自らの頭で論理的に考える意識を持つ必要があります。

まずは口より頭と手を動かすべき

「働けど働けど生活は楽にならずぢっと手をみる」と歌人・石川啄木は歌集に残しています。
しかし現代では働けど給料安く、故に頭捻り手を動かす必要があります。
副業もダウンサイジングも動かなくては始まりません。
まずはやってみる。その心が大事です。

意外としられていない国会議員の仕事と給料について

国会議員とはどの様な人たちなのでしょうか

国会議員になるための資格としては、日本国民であり、かつ、25歳以上であれば衆議院議員に、30歳以上なら参議院議員になることができるとされています。ですので、極端に言えば学歴、経歴はまったく不問とされます。

ですが、現実的には国民の代表者となる、限られた人数しか枠のないのが国会議員という仕事ですのでそう易々とは当選することは出来ません。

多くの人々の共感を得て、国政でどれほどの国民の期待にこたえ、日本という国を繁栄させていくことが出来るのかをきちんと示すことが出来なければ国会議員に当選することは非常に難しいといえます。

幅広い人脈を持ち、国民にその知名度を広げることの出来、国民の期待にこたえることが出来るという信望を集めることが出来る人。それが国会議員になっている人々といえるかもしれません。もちろん、中にはとんでもない国会議員もいますが。

国会議員の仕事とはどのようなものでしょう

国会議員のしごとの中核は日本という国の発展や日本国民の幸せのために必要な法律を作ることです。そして、その法律を作る場所が「国会」です。

国会のない期間は地元に帰ってその地域の人々の声を聞いたり、問題があればどのように今後取り組んでいくかを秘書ともに考えたり、地元に戻らずに議員会館などで陳情を聞いたりなど、常に休むことなく国のため、国民のために仕事をしています。

国会議員の中には「衆議院議員」と「参議院議員」があり、それぞれの仕事には多少ちがいがあります。衆議院では法律を作ったり、予算案を審議したりと、主体的に国会での活動を行い、参議院ではそれらについて再可決を行います。これにより、一院制と比較するとダブルチェック機構が働き、独断的な政治運営は出来ない構造になっています。

国会議員の年収の実態

さて、国会議員の年収はどの程度のものでしょうか。
国会議員の給料は「歳費」と呼ばれ、特別な役職についていない議員であっても年収はおよそ2,000万円といわれています。これに加え、「期末手当」と呼ばれる、会社員でいうボーナスのような手当てや、業務上必要とされる「事務通信費等」が給与とは別に支給されますので、これらをあわせるとかなりな額の収入を得ていることになります。

この、議員個人の収入以外でも、3名の秘書(政策秘書、第一秘書、第二秘書)については公費で雇いいれることが認められており、この額は3名分で1,800万円以上となります。

さらに、国会議員には公務に必要であると言う理由から、「JR特殊乗車券」や「国内定期航空券」が支給されます。

これら以外にも、各党に分配される「政党助成金」もありますので、これらをすべて合計すると、ゆうに議員一人当たり5,000万円以上の歳費および公費がかかっていることになります。

国会議員になるために必要な資金

国会議員になるための資金はどれくらい必要なのでしょうか。
まず、国会議員は国民の代表として国会で立法や予算編成に携わることから、その仕事は日本という国を幸せな未来へと導いてゆく、きわめて重要な舵取りをおこなう責任を負っています。

しかも、衆議院・参議院ともに国会議員の定数数が決められていますので、そのイスを得るべく、選挙で当選を果たさなければなりません。

ここで重要となってくるのが選挙資金です。もちろん、選挙の期間や候補者の意向によっても変わってきますが、一般的にはおよそ1,000万円以上の選挙資金が必要と言われています。

この選挙資金のほかにも、選挙区選挙の場合は300万円、比例代表選挙の場合は600万円の供託金の支払いも必要です。(この供託金は一定の得票数に達すれば返還されます。)

特定の政党に所属していれば、それらの政党からの支援を得て得票数の増加を見込むことも出来るでしょう。そして、多くの立候補者は政党からの支援を取り付けて得票数の上積みを得座しているのが現状です。

ですので、一個人がそう簡単に国政選挙で当選できるものでもないといえるでしょうし、選挙辞退に多額の費用がかかります。

国会議員として仕事をするために必要とされる費用

国会議員の給料(歳費)や支給される公費を合わせると多額の金額になることは先に触れましたが、では、実際に国会議員になってから日々の仕事や国会議員としての活動をおこなうために必要とされる費用にはどのようなものがあり、どのくらいかかるものなのでしょうか。

国会議員の主な仕事の一つとして、地元の人々との交流や付き合いがあり、これらの付き合いを通して自身への支持者・自身の政党への支持者を増やしていきます。この支持者が増えれば増えるほど、様々なしがらみが必然として発生します。多い人では年間に100回以上もお通夜へ出向き、年末年始のあいさつ回りや忘年会新年会への出席数も年間100回を越えることもあるようで、この場合、年間に100万円以上の出費となります。

実際のところ、ほとんど休むまもなく国会議員としての日々の活動をこなしている人が多いと思いますので、その仕事の多忙さやさまざまなしがらみを考えると、収支的にはそれほど高給を取っている職業ではないかもしれません。国会議員の中には、単純にお金がほしいのであれば外資系の会社に就職するほうがいいと考える人もいるくらいです。

国会議員の仕事と給料について・まとめ

国会議員の主な仕事としては、国旗においては法律を作ること、予算編成を行うなどがあり、国会以外では国民の声を聞くこと、後援者との付き合いなどがある。

給料は歳費以外にも公費のものがあり、一見高額な収入を得ているように思われるが、実際の仕事の多忙さや仕事がらみの支出の多さを考慮すると、必ずしもそれほど高給取りとはいえない場合もある。