内職

主婦必見!大阪で内職を探すコツとは

まず活用していきたいのがハローワークです。大阪のハローワークでは内職の求人が数多く登録されており、単価も高いような内職求人も見つけることができます。何よりも大阪のハローワークは数も多くて、アクセスしやすいハローワークが多いところも良い点でしょう。

 しかし、ハローワークで見つけるような内職の求人は信用が大事です。もしもハローワークで内職の仕事を紹介してもらったのにも関わらず、直ぐに辞めてしまうようだといけません。次にハローワークに行って内職求人の話を聞いた際に良い仕事を紹介してもらえないことすらあるからです。

 そのため、最初に申し込む内職求人はしっかり吟味しておくと良いでしょう。また、内職求人を紹介してもらう際には基本的に「他の内職をしていないこと」が求められます。そのため、他の内職をしているといった際には気をつけておきましょう。

 また、ハローワークを利用する際にはなるべく定期的に通うことが肝心です。内職求人は大阪でも人気が高いですから、新着の仕事が直ぐになくなってしまうということもあります。

 だからこそ、内職の仕事を探している際には週に2、3度はハローワークに足を運びましょう。加えて、通うハローワークの情報更新時間を知ることも大事です。ハローワークによっては「正午に新しい仕事情報を端末に入力する」といったルーチンがあり、その時間帯を知っておけば有利です。こういったことは簡単に調べられますから、ハローワークに脚を運ぶ前には調べておくと良いでしょう。

 他にも大阪で内職求人を探す際にチェックしておいて欲しいのが下町工場の仕事です。大阪では中心部でも下町工場が数多いですが、こういった下町工場には思わぬ内職求人の仕事があります。何よりこういった工場の求人は求人雑誌などにも出ていないこともポイントです。

 そのため、高単価なだけでなく、長期間できるような内職求人もしばしばです。そんな下町工場の内職求人ですが、探す際には実際に下町工場に電話してみるか脚を運んで見るのが大事です。特に実際に脚を運んで見る際には手土産も持って行くと良いでしょう。面倒なようにも思えるかもしれませんが、こういった下町工場の仕事はお得な事が多いため、手間もムダにはなりません。

 また、大阪で内職求人を探す際に知っておきたいのが幾つかある優良サイトの存在です。例えば「おおさか在宅ワーク支援ナビ」は特におすすめしておきたいところでしょう。こちらでは各種の求人を紹介しており、特に手数料もかかりません。また、工場でできるような自由出勤の仕事など、仕事の巾が広いところも利点でしょう。何よりこのサイトのしごとは所謂内職詐欺のしごとが殆ど無いこともおすすめしておきたいところです。
 
 そのため、安心して応募できます。ネットで大阪の内職求人を探す際には重宝するサイトになりますから、チェックしておきましょう。他にも、タウンワークのネット版にも内職求人の仕事が多数あります。

 何よりタウンワークで紹介しているような内職求人は始めやすい物が多いのが特徴です。しかし、内職求人情報をチェックしている人は多く、情報が出ても直ぐになくなってしまうなんてこともあります。

 だからこそ、タウンワークで内職求人を探す際にもしっかりと定期的にチェックしておきたいものでしょう。このように大阪のサイトも役立つ物が多いですが、中には内職詐欺の仕事がほとんどといったものもあります。だからこそ、大阪で内職の仕事をネットで探す際にはしっかりと気をつけておきたいものでしょう。

 最後に内職をする際に気をつけておきたいのが納税のことです。大阪では納税に厳しくなっており、内職とはいえ脱税すると懲罰増税されることもあります。
 
 だからこそ、本格的に内職をする際にはしっかりと確定申告はしておきましょう。また、内職によっては源泉徴収されないようなところもあります。こういった仕事は特に注意が必要になってきますから、自分で確定申告をする癖をつけておくと良いでしょう。

 以上のように大阪で内職を探すコツについて解説しましたが、内職をしていく際には根気も必要です。最初は作業になれなくて余り実りがないと思っても、内職スキルは次第に上がってきます。何よりも内職の仕事をしていれば次々に色々な内職の仕事が舞い込んでくるものです。そのため、内職の仕事は次の内職の仕事へのつなぎになるとさえ言えるのです。だからこそ、内職の仕事は大事にしていきましょう。

時代とともに内職の内容もかわってきています。

内職というと

内職というと、在宅でできる仕事になるため、研修などがいらず、誰でもすぐにできる簡単な仕事が多くなります。
例えば、服飾関係などではボタンつけ、事務作業では、シール貼りや景品の詰め物など工場などで行う作業的なものが中心になっていました。

物の作業になるので、当然場所もとりますし、数を大量にこなさないとなかなか賃金もあがることができません。
内職は、技術や何か資格のある人は別にして、多くの人が誰でもすぐできる作業に近い仕事をするので、長時間、低賃金といったイメージもあります。

しかしそれでも内職という仕事がなくならないのは、家庭の事情で、時間などに制限があって少しでも生活の足しにできるように働くという状況の人が多くいて需要があるからなのです。

今内職の求人は

それでも今は、インターネットが普及したおかげで内職の仕事も様々なものができるようになっています。
パソコンがあればできる内職の仕事として、データ入力や記事を書くライターなどの仕事もあります。

また、スキルがあれば、webコンテンツの作成やデザイナー、プロブラミングなど今までは会社で行っていた仕事が内職でできるようになってきています。

電話があれば、コールセンターのような仕事も内職でできるのです。
世界をみるとこういったことは、既に当たり前で自宅や会社以外のところで仕事をすることをリモートワークなどと読んだりしています。

今は、家にパソコンがあることが普通になったので、スキルがあれば、内職でも働いている時と同じくらい稼ぎだすこともできるようになってきているのです。

内職のメリットとデメリット

内職をする理由のひとつに、家の中で仕事ができるということがあります。家から出ることができない。介護や子供の世話など外出できない理由はいろいろあるかもしれませんが、会社にいって仕事をすると通勤時間などでかなりの時間を会社に拘束されていまいます。
なので、会社に行かず、仕事を家でやる場合、ノルマはきまっているので、その仕事だけ集中して行うことができ、時間を節約することができます。

さらに、スキルがある場合は、好きなことを仕事にすることができます。
逆にデメリットしては、仕事が安定しない、会社員のようにいろいろと複利厚生などがないため、体調管理などに気を付けないといけないこと。

そして、賃金が通常に働くより低く設定されていたりする場合があります。
会社にとっては、人件費を抑えることができるのにも関わらず、大抵外でバイトをするよりも低く設定されているところが多いです。

内職を探すにはどうしたよい?

内職を探すには、内職・求人で探してもでてきますが、パソコンが家にある場合は、在宅ワークというので求人を探すこともできます。
最近は、企業も在宅ワークに力を入れてきているので、在宅ワークで行う仕事が増えてきてが探しやすくなっています。

昔の袋詰めなどのような作業に近い内職は、場所をとりますので、部屋に入りきれないなどということがないように、事前に確認した方がよいです。

内職は、自分ひとりでやるのでどうしても時間配分をきっちりしていかないと大変です。
自分の興味があることや好きなことからはじめて慣らしていくことも大切だと思います。

自分ができるスキルが見つからない場合は、作業に近いものから選んでいくのも一つの方法だと思います。

内職をする際の注意点

昔も今も内職に関する詐欺のような事件は多いです。内職ですぐに儲かるなどという話は、基本あやしいと思ってください。
内職は、一般的に特別なスキルを必要としない場合は、低い賃金設定になっています。
作業のような内職はかなり量をこなさないといけないです。

また、内職をするにあたりお金を先に支払わないといけないというところも疑った方がよいです。
とりあえず、内職をする前に作業内容や賃金、会社などを調べてから申し込みをすることをおすすめします。

内職をしたいと思ったら

内職には、作業的な内職とPCスキルを必要とした内職があるということ。

PCスキルを必要としている内職は、在宅ワークという名前に変わってきており、今の会社員と変わらない仕事をする場合も多くあるということ。

賃金も通常会社で働くよりも安く設定してあるところがほとんどだが、本人のスキルによって賃金もアップする可能性があること。

どの内職にしても、最初に入会金などの資金を支払ったり、すごく儲かるような内職の求人は、詐欺の場合もあるので注意することが必要です。

あなたも始めよう、内職で空いた時間を有効活用。

内職とは

そもそも内職は会社に雇用されるのとは違います。雇用は会社と個人が「雇用契約」を結びその契約の下で働くことを指しますが、内職は「家内労働」といわれ、「家内労働法」という法律に定める労働環境において自宅で主にアクセサリー作り、部品の組み立て、手作業等を行うことをいいます。また、雇用されると「給与」という形で働いた分の報酬をもらいますが、内職は「工賃」といわれています。

このように内職者は法律によって守られた環境下で働くことができるのです。在宅ワークと内職を混合して考えてしまう人もいますが、在宅ワークは雇用主と「業務請負契約」を結び、法律の制限を受けることはありません。内職と違い法律によって労働環境は守られていないので自分の責任で業務を請け負っていくことになります。作業内容も内職とは違い、情報通信機器を使用して作業するものと認識されています。

内職の良い点と悪い点

内職における良い点は3つあります。①家で仕事ができる ②時間に束縛されない ③手軽にできる という点です。①②ですが、最近では保育園への入園が難しいこともあり、仕事を完全に離れ育児に専念する親が多いのが現状です。そんな方々が育児の合間の時間を使って、お金を稼ぐことができます。また、設定された納期までに作業を完了すればいいので、忙しい時間以外に作業ができます。③に関しては特別なスキルが必要がない作業がほとんどなので誰にでも内職を挑戦することができることです。

一方で悪い点は2つあります。㋐収入が少ない ㋑突然の作業 ことです。一般的な内職では商品を組み立てたりするもので1個3円などかなり収入が少なく、平均しても2~3万/月の収入しか期待することができません。また㋑ですが、業者によっては突然作業を依頼してくることがあり、納期への作業時間のことを考えると寝る間を惜しんで作業を進めないといけない場合があります。

内職者に対する需要

内職って聞くと少し古い響きがあります。実際に市場のグローバル化が進み、人件費の少ない他国に作業を委託をすることが主要となり、内職自体はどんどん少なくっていると思い込まれていました。しかし、最近ではそんな人件費の安いと思われていた国も経済がよくなることでそうではなく、また、ものづくりの信頼の観点から、再度内職への需要が上がりつつとも言われています。

また、世界情勢の不安定さから、会社もいつ経営不振に陥るかわからない状況下で正社員の人数を削減し、単純作業を委託する企業は特に中小企業を中心多くなってきています。そのような背景もあり、「内職市場」という内職を活性化するのを目的とした会社もある。そういった会社ができたことには先ほど述べた、ものづくりで発生する費用をなるべく抑えるといった企業側のメリットと忙しい子育ての間にもお金を稼ぎたいといった働く側の需要が両社とも高くなっているといえます。

内職の具体的な作業内容

とはいっても、内職ってどのようなことをするのかと思っている人に具体的な例を2つご紹介します。1つ目は「シール貼り」の作業です。ダイレクトメールの葉書や封筒に大小様々なシールを貼る作業となります。ピンセットを使ってきれいに貼らないといけないものまであり、平均単価は1シール貼るごとにごとに約1円となります。2つ目は「値札結び」です。商品に添付されている値札を玉結びなどの方法で値札をつけていく作業です。

比較的に簡単な作業となり、間違っても商品が破損する恐れもないため、テレビや音楽を聞きながらやれるような作業となります。平均単価は3円ほどとなります。これらの他にもポケットティッシュに広告をいれるや色鉛筆の袋詰めなど作業内容は様々。頭を使うというよりかは器用に手作業を行うものがほとんどとなります。最近ではアプリケーションをダウンロードして、感想を書くといったようなものもあるようです。

内職をする際の注意点

内職をするに初めてしようとする人はいくつか注意が必要です。例として、内職をする際、作業を行う前に作業者側がお金を支払う必要があるものです。登録料や作業に必要な事項が書いてある資料の代金などを請求してくるようなものは引き受けないようにしましょう。冒頭にも話をしましたが、納期が明確にかつ余裕をもってわかる内職にしましょう。

納期が曖昧で作業遅延とみられたり、徹夜しないと間に合わないような短納期のようなものもあります。あなたの生活の中で優先されるのは子育てや家族のことだと思います。内職によって最優先事項が邪魔されないように内職応募前はしっかりと考慮しましょう。

まとめ

これらのことから、家で余った時間があるが働きに行くことはできない、仕事をしているが時間に余裕があるなど、少しでも空いた時間でお小遣い程度のお金を稼ぎたい人には是非内職をお勧めします。

ハローワークの求人紹介を利用して、内職を見つける方法とは。

内職とは?

製造業者や問屋、仲介業者より仕事を任せられて、企業側にて準備した製造用の道具や材料を使って企業から任された成果物を作る仕事のことで、工場などに出向くことなく自宅のような自分の好きな場所で仕事が出来る職種です。

厚生労働省にも定義されている仕事スタイルでこの仕事に準拠する方は「内職的家内労働者」と呼ばれています。2009年時点で「内職的家内労働者」は14万人との統計が出ています。

また、最近ではパソコンやスマートフォンの普及拡大、インターネット通信網の完備により、パソコンやスマートフォンを使ってデータ入力やテープの文字起こし、インターネット上にあげられるホームページの作成などの新たな内職の形態も出てきています。

ハローワークで本当に内職は募集しているのか?

結論から先に言います。

答えは「半分ノー」「半分イエス」です。

これではどういうこと?と疑問に思われるかと思いますので解説をします。

まず、ハローワークのホームページにも明記されているのですが、『ハローワークでは内職(ハローワーク)について紹介は行なっておりません。』としっかり明記されています。

そのため、内職という特定分野での求人は紹介されていないことが分かります。

ただし、『雇用関係のある在宅勤務の求人については取り扱っております。』との内容も同じハローワークのホームページにも明記されているため、求人紹介がまったくないわけではないということも分かります。

要約すると、ハローワークの目的は企業と労働者が雇用契約を結ぶことが重要と考えているため、雇用契約があれば、内職でも工場勤務でも構いませんよということです。
この場合は、『内職』という定義ではなく『在宅勤務』と定義されます。

そのため、紹介状のなかに『内職』『在宅ワーク』という記載があっても問題はないため、フリーワードで『内職』『在宅ワーク』『在宅勤務』と検索すると、内職や在宅ワークでの仕事を探すことは可能です。

内職、在宅ワーク、在宅勤務の違い

まず、『内職』と『在宅ワーク』の違いですが、これに関しては仕事内容と法的な扱いが違います。

『内職』
刺繍や編み物、部品組み立てなどの手作業が中心の仕事のこと。
「家内労働法」により最低賃金や責任問題の定義がされており、法律により保護されている。

『在宅ワーク』
データ入力やテープ起こし、Webライターなどのパソコンやスマホなどで行なう作業。
新しい仕事スタイルでガイドラインが制定されているのみで法的な保護は一切ない。

次に『在宅勤務』の違いについてですが、これに関しては雇用契約のありなしによって変わります。

つまり、企業に雇用されて企業の保護のもとで内職や在宅ワークを行なうことで仕事内容は問われません。
『在宅勤務』の場合は、「労働者基準法」の保護のもとで仕事を行なうことが出来ます。

ハローワークに求人が載っているのもこの『在宅勤務』となります。

ハローワークでの内職探しのメリット

では、ハローワークでの内職探しのメリットを考えていきましょう。

先述したとおり、ハローワークでの内職、在宅ワークは『在宅勤務』の紹介になります。

当然、正社員としてではなくアルバイト、パートでの雇用がほとんですが、ハローワークで内職を探すメリットについてはどんなことがあるでしょうか?

まず、求人紹介を受けるにあたって、ハローワークの求人情報については紹介者(企業)の情報が載っていることからどういった企業なのか情報が集めやすくなりますし、ハローワークの職員さんからどのような企業なのかといった情報を聞くこともできます。

また、その求人紹介にどのくらい人が応募しているのかといった情報も職員さんから聞くことが可能です。

就職後は、安定的に企業側から仕事を割り振ってくれるのは魅力的といえます。

また、源泉徴収なども企業側が行なってくれますので、確定申告の必要などもありません。

ハローワークではない内職探しのメリット

ハローワークを利用せずに内職、在宅ワークでの求人情報を探すには、求人雑誌、広告、インターネットから仕事を探すことができます。

しかし、これらの情報はハローワークに比べると情報量が少ないことが多く、どういった企業なのか不明になりやすいといえます。また、インターネットに至っては取引相手が企業なのか個人なのかさえ分からないということさえあります。

ただし、最近ではインターネットで募集している「在宅ワーク」については仲介企業が専門のサイトにて仕事の請負から報酬の支払いまで仲介してくれるサービスもありますので、相手の存在が見えなくても仲介企業経由でトラブルなく仕事を行なえる環境は整いつつあります。

また、雇用契約のように安定的な仕事は望めませんが、仕事の内容や時間の融通などが変えやすいため、より自由な環境のなかで仕事が出来るのが在宅ワークのメリットともいえます。

ハローワークでの内職探しは雇用契約を前提としている

ハローワークで安心して内職、在宅ワークを探したい方には相手企業の見えやすい雇用契約を結ぶ形式で内職、在宅ワークをしたい方におすすめできるといえます。
フリーワードで『内職』『在宅ワーク』『在宅勤務』と入力すると求人情報が見えられるので一度検索してみてはいかがでしょうか?

福岡で内職するために。福岡で内職を探すために必要なことは?

内職は多くの人に人気のある副業です。働く時間の指定もなく、自分のペースで働けることから、社会人から主婦の人まで色々な人に利用されています。そんな内職ですが、地域によっては内職が探しづらいことも少なくありません。とはいえ、内職は探しづらいだけで、どんな地域でも内職の需要はあります。特に福岡で内職を探す際に知っておきたい内職探しのコツについて紹介していきましょう。

 まず、福岡の内職の仕事は東京や大阪よりも遥かに探しにくい事は知っておいてください。というのも、福岡では東京や大阪で利用できるような内職斡旋業者が圧倒的に少ないからです。東京や大阪では内職斡旋業者に登録していれば内職の仕事が自然とやってくることもありますが、福岡ではこうした内職の探し方はおすすめできません。
 
 確かに福岡にも内職斡旋業者はありますが、内職斡旋業者に登録している人自体が多いので、内職の仕事の話がいつまでたっても来ないなんてことも珍しくないのです。

 とはいえ、これは福岡に内職の仕事が無いということを意味していません。むしろ、福岡の内職の需要は他の地域よりも高いと言っても良いでしょう。そもそも福岡自体が向上が大変多い地域であり、内職の需要は決して低くないのです。

 では一体内職の仕事はどこにあるのでしょうか。その答えがハローワークです。福岡で内職を探そうと思ったらまず言ってみて欲しいのがハローワークで、ハローワークには色々な内職の仕事があります。特に福岡のハローワークの内職求人は長期間できるものが多いですから、利用しておきたいものでしょう。

 しかし、ハローワークの内職求人は良い求人が多いだけに競争率も高くなっています。ハローワークで内職求人を見つけて問い合わせてもらっても、すでに埋まっていたなんてことは少なくありません。

 また、内職仕事であっても福岡のハローワークの内職求人の場合、しっかりと面接などが行われることもあります。このように面倒なこともありますが、良い求人を探しているならば福岡のハローワークはおすすめです。

 他にも、福岡の内職は人伝いで仕事が発注されることが多いことも特徴です。例えば主婦仲間伝いに求人の募集が行われたり、人員の補充が行われるといったこともしばしばです。これは内職を発注する町工場や自営業主からしたらメリットの有ることで、信頼のできる人に仕事をお願いすることができます。

 こういった特徴があるのが福岡の内職求人市場ですが、もしも周辺に主婦仲間や内職をしている人がいない場合には内職の求人が利用できないかというとそうでもありません。福岡の内職求人はハローワークや人伝いで紹介してもらう他にも、役所でもてにはいります。

 一度、自分の住んでいる自治体の市役所に行ってみましょう。市役所によっては内職求人を紹介してくれることも少なくありませんから、市役所に行っただけで内職求人を紹介してくれることもあります。これはあまり知られていない方法ですが、福岡で内職を良くしている人であればよく知られている方法です。

 とはいえ、住んでいる自治体によって 内職求人を紹介しているかどうかは大きく異なります。まずは市役所に電話してみて内職求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

 他にも商工会も役に立つ存在です。商工会に顔を出してみたら内職求人を紹介してくれた、といったことは福岡では決して珍しいことではありません。そのため、内職を探しているならば商工会に行ってみるのも良いでしょう。商工会では内職のチラシがはられていることもあり、内職を探している人にとって、役立つ存在です。

 このように内職を福岡で探す方法はいろいろありますが、直接町工場や自営業の人に話を聞いてみるのも良いでしょう。特に裁縫向上や靴工場など内職需要の有りそうな工場に話を聞いてみるのがおすすめです。

 もちろん、話を聞いてみたからといって内職を紹介してもらえるとは限りませんが、思わぬお宝内職求人を見つけられることもあります。特に、新規に営業を開始したような工場の場合には内職をしてくれる人を探していることがしばしばです。

 このような新規に営業を開始したような工場があったらぜひとも連絡してみましょう。もしかしたら思わぬ良い仕事に巡り会えるかもしれません。こういった内職の探し方をする際には電話ではなく直に工場を訪問してみる事が大事です。電話では断られても、直に赴いて熱意を聞いてもらえば仕事を紹介してもらえる可能性も格段に高まってきます。これは内職を探す上では重要なコツと言っても過言ではないのです。

 とはいえ、覚えておいて欲しいのがこの方法は絶対に内職の仕事を手に入れられるわけではないということです。むしろ、一日色々な工場に連絡しても梨の礫に終わるかもしれません。しかし、やってみる価値は十分にありますからぜひとも内職を探しているのであればやってみてください。

【内職で稼ごう】東京で内職を探す方法とは?

内職の求人数が最も多い県はどこだと思いますか。それが東京です。東京は内職の点でも大変仕事が多い地域であり、いろいろな種類の内職があります。そんな内職を東京で探していくうえで知っておきたいことを紹介しておきましょう。

 まず東京の内職求人の特徴から見ていきましょう。その一つが「求人はピンからキリまである」ことです。東京の内職はどんなに頑張っても最低時給に届かないような内職求人もありますが、その一方で時給千円以上稼げるような”美味しい内職求人もあります。また、仕事も実に様々で針仕事から貼り付けの仕事などなど色々な仕事があることも特徴です。

そのため、東京で内職求人を探す際にはなるべくアンテナを広げて色々な内職を探してみることが肝心でしょう。

 他にも東京の内職求人は東京に住んでいなくても応募できる物が少なくありません。関東に住んでいれば仕事が貰えるといった仕事や全国から応募可能なものもあります。このように地域に縛られないのが東京の内職求人のいいところであり、他の地域に住んでいる人も東京の内職求人には興味を持ってみて欲しいと思います。

 また、東京の内職求人は東京内職センターなどのように内職代行業者が求人を出している事が少なくありません。こういった内職代行業者は町工場や裁縫向上などの内職仕事を一手に引き受けて内職を手配するといった仕事をしています。対称的に、他の地域では直接的に工場から仕事を任されることが多くなっています。

こういった内職代行業者が多いことは良いことで、それだけ応募もしやすいだけでなく、内職の仕事がなくなってしまっても他の内職の仕事を紹介してもらえることもあるのです。とはいえ、内職代行業者の中には評判の良くないところもありますから応募する際にはしっかりと気をつけておきましょう。

 このように東京の内職事情には特徴がありますが、そんな東京で内緒の仕事を探していく上で活用しておきたいのがハローワークです。他の地域のハローワークでは内職仕事がほとんどないということが珍しくありませんが、東京のハローワークは内職の仕事を積極的に紹介してくれるといったポイントが有ります。

また、仕事数自体も多いですから、ぜひとも内職仕事を探しているならばまずはハローワークに行ってみることからしてみると良いでしょう。ハローワークに行くといってもそこまで肩肘張ることはありません。まずはハローワークの端末でどのような内職があるのか調べてみて、興味のあるものがあったら相談してみると良いでしょう。このようなハローワークで紹介される内職の求人は長期的に働くことができ、安定的に稼げるところも良いところです。

 他にも、東京で内職の仕事を探す際に活用しておきたいのがホームページです。内職を紹介している内職代行業者などのホームページには内職求人が幾つか紹介してありますから応募してみましょう。

とはいえ、ホームページを始めとしたインターネットから申し込んだ際には選考も厳しくなりがちです。それだけ応募人数が多いということでもありますが、そんな求人に申し込むコツが”根気”です。もしも応募して選考に落ちてしまっても、何度も応募してみましょう。

また、内職の求人は不定期に発生するのが常ですから、常にホームページを確認しておいて求人を見逃さないようにすることも肝心でしょう。こういったことは面倒なようにも感じられるかもしれませんが、一度内職の仕事を手に入れられれば一生涯していける仕事になります。だからこそ面倒臭がらずにしっかりしておきたいものです。

とはいえ、ホームページの内職求人には怪しい物も少なくありません。特に初期費用が数万円かかったり、ろくな選考もなしに採用してくれるような内職求人は疑ってかかったほうが良いでしょう。このような落とし穴もありますが、それでもホームページで募集している求人は手軽に応募できるのでおすすめです。

 また、付近に内職をしている人がいるといった場合には最も手間なく内職の求人を見つけられます。実際のところ、知人伝いで紹介してもらった内職の求人が最も信用でき、しかも長期的に働くことができる傾向が高いのです。そのため、ぜひとも主婦仲間などで内職をしている人がいれば紹介してもらいましょう。内職をしている人が身近にいないといった際にはsnsを活用してみるのもおすすめです。内職サークルなどに入って仲良くなってみましょう。そうするうちに内職を紹介してくれるといったこともあるかもしれません。

 このように東京で内職を探す方法は幾つもありますが、これから内職を探す人に知っておいて欲しいのが”内職探しは簡単ではない”ということです。せっかく内職を見つけても自分に合わないといったこともあります。だからこそ、トライアンドエラーを繰り返しながらめげずに色々な内職求人に応募していって欲しいものです。

飽きっぽい人必見!面白ければ続く、ちょっと変わった内職バイト

朝早起きの主婦におすすめ モーニングコール

子どもがまだ小さくて、家で介護をしなければならなくて、外に働きに出られない。
そんな方におすすめしたい内職バイトが「モーニングコール」です。

これは、依頼された電話番号に電話をかけて、相手を起こしてあげるお仕事になっています。
朝が苦手という方にはなかなか難しいかもしれませんが、毎朝早起きの主婦の方などにはうってつけの内職バイトといえるでしょう。手内職がどうにも苦手だという方、パソコンが不得手だという方にもおすすめできます。

仕事は朝の2,3時間で終わりますので、それ以後の時間を確保できるのもうれしいメリットです。
単価は1件あたり100円ほど。

電話一本、ぱっとできてすぐ終わり、午後の時間は有効活用できる、朝早起きの主婦の方におすすめできる人気の内職バイトです。

話し好き聞き上手必見 愚痴聞き

どんな話にも聞くだけの価値がある。
よく人から相談されるという方、話を聞くのが大好きな方におすすめしたい内職バイトが「愚痴聞き」です。
これは、電話、スカイプなどを使って、お客様のお話を懇切丁寧に聞いてあげるお仕事になっています。

愚痴と聞くと敬遠したくなる方もいるかもしれませんが、話の内容は愚痴だけではありません。
話す練習がしたい、自分の夢を聞いてほしい、家庭の悩み、世間話や恋話や自慢話など、要望はさまざまにあります。

特別な資格は必要なく、指名制が導入されており、評価が収入につながりやすく、モチベーションが維持しやすいといってメリットが挙げられます。

時給は800円~1000円程度。

そんな話を聞かされるとイライラするといった方には向かないお仕事ですが、話し好きや聞き上手にはおすすめの内職バイトです。

秘書・事務職経験者におすすめ テレフォン秘書

秘書・事務職をしていたけれど、妊娠して産休に入った。
出産後に職場復帰を考えていて、仕事の感覚をできるだけ忘れたくない。
そんな方におすすめしたい内職バイトが「テレフォン秘書」です。

社員が少ない会社などで、電話対応が大変だといった場合、それを代理で対応するお仕事になっています。ほかにもデータ入力やメール対応が求められているので、基礎的なパソコンスキルがあるとやりやすくなります。

慣れれば誰にでもできるお仕事ですが、会社勤めをしていた方、秘書検定をもっている方、事務職経験者であれば入りやすいと思います。

20日でだいたい80時間働いたとして、月給10万円ほどになります。

一人で数社かけもちといったことも可能なので、効率的にお金を稼ぐことができます。小さな子どもを抱えた主婦の方などでは、泣き声が仕事の妨げとなり不向きです。

休職中の秘書・事務職の方におすすめの内職バイトとなっています。

遊びじゃないの? ジグソーパズル制作代行

誰もが一度は遊んだことのあるジグソーパズル。

趣味にしている方も結構いらっしゃるのではないかと思いますが、これを代行して制作する内職バイトがじつはあります。それが「ジグソーパズル制作代行」です。

依頼されたジグソーパズルを納期内に完成させてお届けするお仕事になっています。
ジグソーパズルは好きだけど、忙しくて作る暇がない。部屋のインテリアとして飾りたいけど、作るのはめんどくさいな。そんな人が意外に多く、依頼人となっているようです。

報酬の相場は、1ピース1円ほど。1000ピースのパズルであれば、1000円の報酬になります。
作るのに時間がかかるため、効率的に稼ぎたいといった方には向きません。

パズルが大好き! という方に、趣味の延長としておすすめできる内職バイトです。

小説家だけが作家じゃない 放送作家 映像作家 パズル作家

パズルが好き。大好き。大好きすぎて自分で作ってしまうほどに。
そんな方におすすめしたい内職バイトが「パズル作家」です。
クロスワードパズル、ナンプレ、漢字パズルなどなど、パズルを考えて作るお仕事となっています。

パズル専門誌を中心に、需要の多いクロスワードパズル作成が主な仕事になっているようです。
このクロスワードパズルでは、その難易度により2000円~1万円の報酬になります。熟練者であれば1時間あれば作れてしまうため、効率的に稼げるお仕事だといえます。

ただし、このお仕事をするにはパズル専門誌などに自作のパズルを投稿し採用されなければなりません。それを繰り返すことで仕事の依頼を得るのです。プロの仕事といっても過言ではないので、敷居は非常に高いといえます。

しかし20~30代の主婦を中心に人気のある内職バイトです。

自分に合った内職バイトを探してみましょう

モーニングコール、愚痴聞き、テレフォン秘書、ジグソーパズル代行、パズル作家をご紹介しました。
単純作業の繰り返しといったイメージのある内職バイトも、現在ではさまざまにあり、長く続けて効率よく稼ぐには、自分に合った内職バイトを見つけることが大切です。

内職がしたいけど、飽きっぽい自分に無理だと諦めないで、自分に合った内職バイトを探してみてください。

外で働けない人でも稼げる内職在宅ワーク

内職在宅ワークとは?

内職在宅ワークというものはそもそも昔から存在しました。それこそ江戸時代であれば、武士などが昼間の勤めから帰った後に傘を編んだりしているシーンが映画やドラマなどによく出てきます。

また昭和の時代などでもそれこそおもちゃを作ったりしているシーンがよく見られます。そして、テープ起こし、賞状を書くといったような内職在宅ワークは現在でもよく見られるものになります。

しかし、現在はインターネットが非常に発達した時代になります。したがって、このような昔ながらの内職在宅ワーク以外にもインターネットを駆使して行う内職在宅ワークというものも発達してきます。今回の記事ではこのような現代の内職在宅ワークについて述べていきたいと思います。

インターネットのアンケートモニター

まず最初に紹介する現代の内職在宅ワークがインターネット上で行うアンケートに答えるアンケートモニターという仕事になります。このアンケートモニターというアルバイトは非常に手軽にスタートできる内職在宅ワークになります。

マクロミルといったような大手のアンケートモニター会社に登録すると、その登録時の属性に応じて、合致した内容のアンケートが登録したメールアドレスに送られてきます。ただ、そのアンケートに答えるだけでお金がもらえることになります。手軽さということでは数ある内職在宅ワークの中でも指折りのものになります。

ただ、その分単価については高単価とはいいがたいものになります。それでも月2~3万円程度の収入で問題無いのであれば十分に稼ぐこともできます。

クラウドソーシングサイトを使った記事執筆

次に紹介するのも現代のインターネット時代ならではの内職在宅ワークになります。それがクラウドソーシングサイトを使った記事執筆です。

今の時代、ついに仕事もインターネットを通して依頼する時代が到来しています。そのようなインターネットで仕事を発注したい人と受注したい人を結び付けているのが、クラウドソーシングサイトというものになります。

クラウドソーシングサイトの代表例としては日本でも指折りの登録者数を誇るランサーズ、それに次ぐ位置にあるクラウドワークス、ライティングに特化したShinobiライティングといったものがあります。このようなクラウドソーシングサイトではアフィリエイトなどのインターネットサイトで使うための記事の執筆を代行してくれる人がたくさん求められています。それこそ単価は100~2000円程度まで幅広くなっており、いい仕事を数多くこなせばそれこそ月20~30万程度稼いで十分に生活できるレベルの収入を得ることも可能になっています。

アフィリエイトでの物販

上記のクラウドソーシングサイトの中でも少し話が出ましたが、内職在宅ワークの中でも当たれば非常に大きい金額を稼げる可能性があるのが、アフィリエイトという内職在宅ワークになります。

これは自分自身でウェブサイトやブログを作成し、そのウェブサイトやブログの中である商品やサービスを紹介して、その商品やサービスを購入してもらうことが出来れば、販売会社からキャッシュバックがあるというものになります。

このアフィリエイトという内職在宅ワークは商品やサービスが売れなければ稼げるものではありません。その不確実性から挫折する人も多くみられます。そのため、実際に5,000円以上の金額を稼いでいるアフィリエイターの数は1割程度と言われています。しかし、稼いでいるアフェリエイターになるとそれこそ月額で数十万、下手すると100万円近い金額を稼ぐ人もいます。

このように当たると大きく儲けることが出来る可能性がある内職在宅ワークがアフィリエイトになります。

データ入力・コールセンター業務

最後に紹介する内職在宅ワークがデータ入力・コールセンター業務になります。このような仕事は以前はフロアにアルバイトを集めて作業してもらうという形が一般的でした。
しかし、現在はインターネットの回線の速度が速くなったこともあり、このような以前は場所を借りて、データ入力センター・コールセンターといった形で人を集めて行っていた仕事に関しても内職在宅ワークで実施することも可能になっています。

具体的にはデータ入力の場合ではメールなどでデータを受け取りそれを入力して納品する、コールセンター業務では自宅のパソコンにスカイプのような形の通信ソフトを導入して、そのソフトを使って顧客からの問い合わせに対応することになります。慣れてくると、時給1,500円程度稼げる可能性もあり、内職在宅ワークとしては比較的高給な仕事になります。

インターネットで出来る内職在宅ワークのまとめ

ここ数年でインターネットを通して出来る内職在宅ワークというのがどんどん増えています。今後はこのようなインターネットを通じて行う形の内職在宅ワークが主流になっていくかもしれません。興味がある人はまずは上記で紹介したような内職在宅ワークのサイトに登録してみてはいかがでしょうか。

内職募集の広告には気をつけて!?知っておきたい内職の話

内職募集の広告

 特に内職を探す際に気をつけたいのが内職募集の広告です。このような内職募集の広告は特にネットには多いですが、本当に良い仕事なのかどうか見極めないといけません。場合によっては思わぬ詐欺に巻き込まれることもあるからです。

広告の注意点

 そんな内職募集の広告の注意点として、初期費用がかかるといった内職は基本的に避けておきたいものでしょう。内職に寄っては研修として研修費用がかかったり、部品代などとして数万円の初期費用がかかるといったことがありますが、このような内職は詐欺である可能性があるのです。実際にお金を払って研修を受けてみたは良いけれども、実際に内職を初めて見ると仕事がこないといったようなこともあります。

詐欺のような内職を避けるために

 このような詐欺を避けるためにはその内職について調べてみる事が大事です。ネットで少し調べれば詐欺内職についてはすぐにわかりますから、「怪しい」と思ったらまずはその内職について調べてみるようにしましょう。他にも、過度な初期費用がかかるならば詐欺である可能性が高いのです。このような内職詐欺に一度あってしまうとお金も還ってこない事が多いですから気をつけておきたいものでしょう。
 また、内職によっては仕事がそもそもほとんどないこともあります。裁縫の内職を始めてみたは良いけれども、月に3着程度しか仕事が来なくて一万円にもならないなんてことは内職の仕事では珍しくありません。このような内職をしていても無駄ですから、早めに他の内職に移りましょう。
 また、メールなどで内職の募集が来るということも増えてきています。このようなメールによる募集はまっとうな業者であれば行っていませんから、まず疑ってかかるのが良いでしょう。下手に応募すると思わぬサイトに誘導されてしまうということもあります。こういったメールに寄る詐欺も気をつけておきたいものです。

 このように内職の募集はトラップが多いのですが、もちろん優良の内職業者もあります。このような内職業者は基本的に補充がでてから募集をするので募集も不定期かつ少数の募集になりがちなのが残念なところです。とはいえ、機会があれば応募しておきたいものでしょう。このような内職の募集は地域限定ということもあります。 また、募集は内職をしている友人からの紹介でないと応募できないこともありますから、内職をしてそうな友人を作っておくことも良い内職を手に入れるためには大事です。
 内職は市役所などの公的機関が発注していることもあります。そのため、良い内職を探しているのであれば市役所などに問い合わせてみるのも良いでしょう。こういった公的機関の内職の仕事は長期間出来、しかも払いもよいこともポイントです。

ハローワークでも内職を紹介

 ハローワークなどでも内職は紹介してもらえます。このようなハローワークで紹介してもらえる内職は高額の内職も多くなっています。とはいえ、数自体は少ないですから、まめにハローワークを訪れて話を聞いておくことが大事でしょう。
 また、内職を募集していそうな地域の工場などに電話をして仕事を紹介してもらうのも良いでしょう。特に服工場が近くにあるのであればチェックしておきたいものです。運が良ければ内職の仕事を紹介してもらえることもありますから、まずは試しに電話しておきましょう。

内職の兼業

 このように内職はいろいろなところで見つかるものですが、そんな内職でしっかりと稼いでいくためにしておきたいのが内職の兼業です。内職も月の作業制限などがあって思っているように稼げないことがあります。そんな場合に備えて内職を幾つか掛け持ちしておきましょう。内職を掛け持ちしておけば一つの内職が首になってしまっても他の内職で繋いでいけます。
 また、内職で兼業をする際に気をつけたいのが「兼業規定」です。内職業者に寄っては「他の内職はしないように」契約時に規定を定めていることがあります。このような内職業者であっても仕事が十分なればよいですが、仕事がほとんどなければせっかくの働く機会を失うことにもなりかねません。そのため、仕事が十分に内容であればなるべく早めに違う内職の仕事に乗り換えてみましょう。

まとめ

 内職する際には自分の特性を知っておくことも大事です。人によっては裁縫仕事は人よりも早く出来ると言う人もいますが、逆にシール貼りの仕事は最低時給以下になってしまうなんて場合もあります。そのため、自分に合った内職を見つけてみることも内職でしっかり稼ぐためには大事です。