相談しよう!保険見直しをするメリットを大紹介!

スポンサーリンク

保険の見直しをすればお得に契約できる

保険の見直しをすることによってお得なプランで契約できるようになることが利点です。保険の内容も時間が経てば料金や契約内容などで色々と変わってきますが、見直しをすることで最善の内容で契約できるようになるのです。特にこれはカーローンなどの月の保険料が高い保険を見直す際には大きなメリットとなるでしょう。

金利の見直しもできる

保険見直しをすることによって、金利の見直しもできることも利点でしょう。特に変動金利の保険を活用している人にとって、保険見直しをするメリットは大きいものです。最初に保険を契約した際には変動金利がお得に見えても、数年経てば固定金利がお得になっていることは良くあります。だからこそ、定期的に保険見直しをしておくことが大事になってくるのです。

保険に詳しくなれるメリットも

また、保険見直しをすれば最新の保険事情にも詳しくなります。保険のことは契約する際だけ気にかける人が多いですが、それだけに保険見直しをして保険に関する知識を新しくしておくことが大事なのです。保険見直しをすることは一種の保険の勉強だと考えても良いでしょう。保険見直しは基本的にお金がかかりませんから、気楽な気持ちで保険見直しにいってみてください。また、保険見直しに一度行けば習慣化しますから、更に保険について詳しくなれるでしょう。

保険見直しをすることで保険を減らしていける

保険見直しをした多くの人が、保険を少なくしています。それだけ多くの人が過剰に保険をかけている現状があるのです。そのため、保険を減らしていきたいといった場合にも保険見直しをしていくことは大事でしょう。

保険見直しの頻度

一体保険の見直しはどれくらいの頻度で行っていけば良いのでしょうか。これは人によって様々ですが、通常は最初の保険を契約してから10年後を契機にして保険見直しをするのが良いとされています。10年も経てば情勢も変わり、より有利な金利で契約できるといったこともその理由です。また、人生の結節を機会にして保険見直しの相談をしてみるのも良いでしょう。

例えば、子供が学校に入学した、子供が生まれた、家を購入した、といったように大きなライフイベントに合わせて保険見直しをしておくこともおすすめです。

ネットでできる保険見直し

保険の見直しの相談はネットでもしてもらえます。ネットですれば手軽ですし、その場で直ぐに契約することができるのも利点でしょう。基本的にネットでも保険代理店でも無料で保険見直しはできますから、気に入った方を利用してみましょう。

とはいえ、ネットでできる保険見直しは個人情報の点で怖い面もあります。保険見直しをしっかりしてもらうためにもなるべく家族の情報や契約している保険の情報など、色々な情報があればあるほど検討してもらいやすくなりますが、それだけ個人情報流出の危険性もあるのです。そのため、特に個人情報が漏れることが怖いのであれば、信頼の置ける保険代理店に相談した方がはるかに良いでしょう。

また、保険代理店とネットの保険見直しを併用することもおすすめです。両者を合わせて活用することで、より的確な見直し内容がつかめてきます。また、ネットで保険見直しをすれば見直しを勧められたからといって直ぐに契約しなくても良い利点もあります。これが保険代理店での相談だと、相談だけで店舗を後にするのは後ろめたい思いをする人が少なく無いでしょう。

保険見直しで注意しておきたいこと

保険見直しを勧められたら「どうして保険を変えないと行けないのか」といったことは必ず聞いておきましょう。理由が不明確なのに新しい保険を勧められたからといって変えてしまってはいけません。

保険の見直しはなるべく行ったことがないお店で

保険の見直しをスる際にはなるべくいつも使っている保険代理店は利用しないほうが良いでしょう。保険代理店の多くは顧客情報を管理していて、あなたがどのような保険を契約しているのかといったことも覚えています。特に、前に保険代理店自身が進めて契約してもらった保険を変えるように勧めるのは、保険代理店にとっては難しいものです。そのため、よりしっかりと見直しをしてもらうためにもそれまで行ったことのない保険代理店に行って相談してみることが大事なのです。新しい保険代理店に行けばそれまでは知らなかったような商品に触れる機会もあることもポイントです。

このように保険見直しについて紹介しましたが、保険見直しは家計の出費を抑える上で大変大事です。ちょっとの努力で月に数万年も節約できることもありますから、是非ともしておきたいものでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。