「カシコク加入する」人気の子供保険、その考え方は?

子供保険って本当に必要なの? 人気の商品もあるようだけど加入した方がお得? 子供の将来の学費のことも考えなくてはならないし… 。もう少し経つといろいろお金がかかってくることになるかもしれません。さらに、子供保険に加入した方が有利であるのにそれをしていないもったいないケースも多くあります。

 保険には様々な種類の商品があります。ここでお勧めする種類の保険は、 「貯蓄性の高い保険」です。支払った金額より多く戻ってくるお得な保険もあり、利用しない手はありません。貯蓄としての効果は抜群です。シンプルに口座預金して貯蓄するほうが簡単ではありますが、 「それなら契約しないと損なのに」という方も。

 子供保険は、 「必要ない派」の方もいます。その理由の多くに挙げられるのは、未成年は子育て支援制度などの社会福祉が充実いるから、というもの。しかし、本当にそうでしょうか? 自治体によって地域格差があるというのが現実で、手放しで安心とはいえそうにありません。

 必ずしも子供保険が必要な方ばかりではないでしょう。しかし、人気の子供保険。その理由があります。子供保険に加入した方が良いケースでは、しっかり加入できるようにしておきましょう。

【学費貯金は子供保険を使った方が得! 】

 必ずいつかはかかってくる子供の学費。あなたの家庭ではどのような計画をしているでしょうか? 基本的に、子供の学費を貯めるならば子供保険の利用は非常に有利です。 「返戻金」という言葉をご存知でしょうか。貯蓄性の高い商品であれば、定められた期間保険金を払い続けた場合、元本より多い額が「返戻金」として戻ってくるのです!

「他の貯蓄手段より利回りが得」
 この、定期的に支払いをしていくとお金が増えるというのは、口座預金で言うところの利息に似ていますね。しかし.口座預金であっても利息というものはありますが、本当にごくわずかなものです。それに対し、子供保険を定期的に積み立て解約した場合、元本を大きく上回る返戻金を受け取れる商品もあります(積み立てた期間にもよります) 。これが子供保険が人気である大きな理由の1つでしょう。

おすすめは、この返戻金に注目して子供保険に加入すること。返戻金が多くもらえる保険を優先的に注目していくのです。ここで、 「返戻率」に注目しましょう。 「返戻率」とは「支払った金額に対して、何%返戻金があるか」と言う数字です。つまり、 100%ならばちょうど元本が戻ってくるということになります。

 子供保険の中には、この「返戻率」が110%になるものもあります。このような貯蓄性の高い商品を利用すれば、銀行預金をするよりもはるかに良い選択であることがわかりますね。もちろん、すぐにお金を引き出すことができないという点で、流動性は銀行預金よりも劣るものの、そこはケースバイケースですのですぐお金を下ろす必要の無い方もいるでしょう。銀行預金で貯蓄をし、子供の学費を貯めるつもりの方は考慮の余地があるのではないでしょうか?

 では、国債などとの比較はどうでしょうか? 国債ならば安全を確保した上で子供保険よりも高い利回りを得られるのではないかと、そうお考えでしょうか? 実は、国債よりも貯蓄性の高い子供保険の方が有利です。国債も、 現在の利回りでは「銀行預金に毛が生えた程度」なので遠く及びません。

 また、株式投資やFX 、投資信託などの元本が保証されていない金融商品をお子様の学費のための資産づくりに使うのは全くおすすめできません。利回り重視で選ぶと元本が保証されない商品に行き着いてしまうのですが、 「万が一」という事を考えましょう。大切なお子様の将来です。これらの商品は、 「子供の学費が確保された上で購入する金融商品」です。 「子供の学費の貯蓄のために購入する金融商品」ではありません。

 結局のところ、しっかりと安全性を確保しておかなくてはならないという前提かつ、なるべく良い利回りで貯蓄するのであれば子供保険は優良かつ有力な選択肢になりうるということです。

【子供は福祉が充実しているから、保険は必要ない? 】

 では、未成年は社会福祉に守られているため子供保険は必要ないという意見はどうでしょうか? 基本的には間違いです。例えば東京23区では、優れた手厚い助成として有名です。 15歳までの通院費用と入院費用が無料などとなっており、子供や親御さんにとって良い環境です。

 しかし、ここで推奨しているのは「貯蓄、資産形成としての子供保険への加入」であり、 「手厚い保険のための子供保険への加入」ではありません。後者のような、手厚い保障のための子供保険は貯蓄に向いていないことが多いのでおすすめしません。保障内容が手厚い保険は返戻金も少なく、上記のようなコンセプトで加入する保険ではないといえます。

 (東京23区を例に出しましたが、あなたお住まいの地域とは内容が異なるでしょう。医療費の助成内容によっては返戻率を優先せず手厚い保障内容の保険に加入したほうが良いこともあるのでよくチェックしましょう。 )
 

【まとめ】

  銀行預金で子供の学費を貯蓄するのであれば、間違いなく子供保険を利用した方がよいでしょう。その時は、返戻金を重視して選択することをお勧めします。何も考えずに銀行預金に貯蓄するのでは、お得感は全くありません。子供保険に積み立てていった結果より多くの返戻金を受け取った日には、子供保険に加入していてよかったと思えるのではないでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。