【国民健康保険】じつは支払金額を少なくできるって知ってた?!

スポンサーリンク

国民健康保険とは?

国民健康保険とは、国民健康保険法などに基づく、法定強制型の医療保険です。国保(こくほ)と呼ばれ、加入者が病気やケガ、出産、死亡した場合に、医療費等が支払われます。

国民健康保険は日本の社会保障制度の1つですが、各市町村が運営者で、各種手続きはすべて住所登録されている市区町村役場で行います。手続きの方法や、保険料も各自治体によって異なります。

保険料は世帯単位で納付します。口座振替や、市区町村から送られてくる納付書を使って保険料を支払う方法が一般的ですが、クレジットカードや電子マネーで支払うことが可能な場合もあります。

会社を退職し、会社の健康保険加入の資格を失った場合や、住所変更した場合など、何らかの手続きが必要になった場合には、14日以内に手続きを行いましょう。

国民健康保険に加入するのはなぜ?

日本には「国民皆保険」という制度があり、すべての国民が(住所登録をしている外国人も含む)何らかの健康保険に加入しなければなりません。他のいずれの健康保険にも加入しておらず、生活保護を受けているのでもない場合、国民健康保険に加入することはオプションではなく、義務です。

国民健康保険の加入手続きをするまで保険料は払わなくてもよい、というわけにもいきません。保険未加入が発覚した時点で、保険未加入になった日までさかのぼって保険料が請求されます。保険料を支払わない場合は、未加入ではなく「滞納」とみなされ、処分を受けることにもなりかねません。

会社を退職する時や、国民健康保険組合から脱退する時には、どんな手続きが必要になるか前もって調べておくと賢明です。

国民健康保険が負担になる理由

国民健康保険の支払金額は、会社の健康保険に比べ高額です。なぜなら、会社の健康保険は、会社が保険料の半分を負担してくれますが、国民健康保険は全額を自分で負担しなければならないからです。
会社の健康保険に加入できない短時間労働者や、無職の人など、年収が高くない場合には、国民健康保険料を全額支払うことは、かなりの負担になることでしょう。

もし年収が130万円未満で、保険料がとても負担になっているなら、家族の扶養に入れないか検討してみるのもよいでしょう。

親や兄弟、祖父母、さらには叔父や叔母、甥や姪まで扶養家族にすることができます。また、家族と同居していなくても、同一世帯と判断できれば、扶養家族になれる可能性があります。

国民健康保険、滞納するとどうなる?

「もともと健康だし、あまり病院には行かないから、保険は必要ない。保険料は捨てているみたいでもったいない。」と感じる人もいるでしょう。では、国民保険料を支払わないでいるとどうなるのでしょうか?

一般的に、医療費の自己負担は3割ですが、滞納期間が1年を過ぎると、医療費の自己負担が10割に増えます。滞納分の保険料を支払うと7割分を返還してもらう手続きを取れますが、それでも滞納し続けると、高額療養費などの援助が受けられなくなります。

さらに滞納を続け、督促状や市区町村職員からの連絡を無視し続けると、最終的には給料や預貯金、不動産などの財産の差し押さえという処置がとられます。

保険は必要ない、保険料が高くて払えないなど、理由はどうあれ保険料を滞納し続けるのは賢明ではありません。

国民健康保険の支払金額を少なくする方法

国民健康保険の支払いが難しいなら、軽減・減免(免除)制度を利用するとよいでしょう。
所得が各自治体の定める金額以下の場合や、会社都合で離職した場合、所得が前年より大幅に減少した場合などには、保険料が2~7割程度減額されたり、免除されたりする可能性があります。

減免制度を利用できない場合には、保険料を分割納付できるか相談してみるのもよいでしょう。支払金額自体はかわらなくても、一度に支払う金額を軽減できるかもしれません。

いずれの場合も、各自治体によって制度や条件、手続きの仕方が異なります。国民健康保険料が支払えなくて困っているなら、まずは、住所登録のある市区町村役場で相談してみましょう。

仕組みを知って賢く保険料を納めよう

他の健康保険に加入していないなら、国民健康保険に加入し、保険料を支払うのは義務です。
しかし、払いたくても払えない人のために減免制度などの助けもあります。

高額で払えないからとほっておくのではなく、早めに市区町村役場へ行って相談してみましょう。保険の仕組みやさまざまな制度を活用すれば、国民健康保険の支払金額を少なくできるかもしれません。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。