個人年金の種類が多すぎて選べないという人に、おすすめの個人年金保険とは。

スポンサーリンク

個人年金の種類にはどのようなものがあるか

個人年金には大きく分けて、「確定年金」、「終身年金」、「変額年金」の3種類があります。
まず、個人年金の代表とされるのが「確定年金」です。特徴としては、その名の通りはじめから年金額が確定しているという点です。人気があるのは10年の確定年金です。

そして「終身年金」は、契約者が生きている間は年金を受け取ることが出来るという点が特徴となっています。多くの商品には最低保証期間が設定されています。

また、「変額年金」の特徴としては、株式や債券などを中心に資産運用を行い、その運用実績次第で年金や解約返戻金などが増減するという点が挙げられます。これはしっかりと資産運用の出来る会社を選ばないと契約者自身が損をすることになります。

確定年金のメリットとデメリット

確定年金のメリットとしては、受け取ることが出来る年金の総額が「確定」しているのでリスクを負うことなく年金の積み立てが出来ることや契約の内容によっては個人年金保険料控除によって所得控除を受けることが出来ることが挙げられます。

一方、デメリットとしては、あくまでも「確定」年金であることから、当初設定した期間だけしか年金を受け取ることが出来ないことや年金期間を超える長生きとなった場合には確定期間以降の年金は支払われませんので、長生きのリスクには対応していないことが挙げられます。

個人年金は公的年金の補助的な役割を担う場合が多いと思いますので、メッリトとデメリットを踏まえて、自分にあった年金を見つけることが大切です。

終身年金のメリットとデメリット

終身年金のメリットとしては、なんといっても「生きている間は一生年金が受け取れる」ことです。
デメリットとしては、年金の受け取りが開始されても、早い段階で亡くなってしまう場合などでは、払い込んでいる年金保険料の総額よりも実際に受け取った年金の総額が少なくなってしまう場合もあります。

また、同じ年金額を受け取る場合は、終身年金のほうが確定年金よりも保険料が割高となります。これに加え、終身年金には最低保証金額が設定されている商品が多く、この場合も月々の保険料が高くなる場合があります。

確定年金と比較すると割高な年金保険料となる場合が多い終身年金ですが、今の時代は医療も発達しており、寿命も延びていますので、「生きている間は一生年金が受け取れる」というのは大きな魅力ではあります。

変額年金のメリットとデメリット

変額年金のメリットとしては、運用実績次第では年金額が増える可能性があることと、インフレにも対応が可能なことが挙げられます。

また、当然のことながら会社が資産運用に大成功を収めた場合には、支払った年金保険料の総額よりも多くの年金を受け取ることが出来る可能性があります。若干賭けの要素が含まれるかもしれませんが、きちんとした会社で資産運用を任せると信じられるのであれば変額年金も選択肢としてありかもしれません。

デメリットトしては、運用リスクがあること、将来受け取る年金額が変動する可能性があることが挙げられます。変額年金を選ぶ際は、株式や債券の運用実績やその会社自体の売り上げ、きちんと資産運用を行える会社なのかを見極めることが重要です。

万が一年金保険料を預けた会社が資産運用に失敗した場合、実際に保険料を支払った総額よりも少ない年金しか受け取れないことになってしまいます。

おすすめの個人年金はこれだ

個人年金はあくまでも年金資金をためることが目的ですので返戻率がとても重要な要素となります。ここでは、返戻率の高い商品を参考までにご紹介します。

「住友生命 たのしみワンダフル」
特徴:年金の受け取りの開始を遅くして据え置き期間を設けることで年金額を増額することが可能。
年金の種類:10年確定年金
契約者:20歳男性
年金支払い開始年齢:60歳
保険料月額:20,000円
総払い込み保険料額:960万円
年金額:1,219,600円
返戻率:127.0%

「明治安田生命 年金かけはし」
特長:配当があると年金額が増額となる可能性がある。年金の受け取りの開始を遅くして据え置き期間を設けることで年金額を増額することが可能。
年金の種類:10年確定年金
契約者:20歳男性
年金支払い開始年齢:60歳
保険料月額:20,000円
総払い込み保険料額:960万円
年金額:1,193,000円
返戻率:124.3%

「太陽生命 個人年金保険」
特長:死亡保障や医療保障など、他の保険と組み合わせて独自の保険をつくることができる。
年金の種類:10年確定年金
契約者:20歳男性
年金支払い開始年齢:60歳
保険料月額:10,398円
総払い込み保険料額:449万1,040円
年金額:60万円
返戻率:120.2%

個人年金の種類とおすすめ・まとめ

個人年金には「確定年金」、「終身年金」、「変額年金」があります。確定年金はリスクが少なく、確実に受け取ることが出来るところが特徴です。終身年金は生きている間は一生涯年金を受け取り続けることが出来ます。変額年金は資産の運用実績次第で受け取ることが出来る年金額が増減する場合があるので注意が必要です。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。