子供保険の種類とランキング – 結局どれがいいの?

スポンサーリンク

子供のための保険の種類

子供のための保険としてメジャーなのが「学資保険」、「医療保険」、「損害保険」です。このうち、学資保険はその名の通り、こどもの教育資金に備えることを主目的とした保険です。

子供の教育資金はかなりの額になります。学資保険は加入の時期が早ければ早いほど、月々の掛け金が安く済むようになっていますのでこつこつと長期間にわたる積み立て・貯蓄を考えている方には学資保険は安心できる保険でしょう。

医療保険は、子供の予期せぬ病気による通院や入院にかかる費用の負担を減らすことを目的とした保険です。一般的には保険料はそれほど高額ではない場合が多いです。

損害保険は、怪我の場合に補償を受けることを目的とした保険で、この保険は損害保険の一部に該当します。怪我に特化した保険ですので医療保険に比べると保険料は低く設定されている場合が多いです。

子供のための保険・学資保険

子供のための保険として第一に挙げられるのが学資保険です。最近では非常に多くの会社がこの学資保険を取り扱っています。内容も、貯蓄型と保障型に分かれています。

まず、貯蓄型の学資保険ですが、これはその名の通り貯蓄性に重点を置いているものです。返戻率(満期時に掛け金が戻ってくる割合)が高く、元本も保証されていることがメリットです。保険会社は顧客からの掛け金を様々な方法で運用し、利益を生み出しています。

一方、保障型の学資保険の特徴は、元本割れはするが医療保障や災害保障などの特典をつけることが出来るところでしょう。将来的に子どもの医療保険への加入を予定しているのであれば、この保障型も検討の余地があるといえます。医療保険に入っていれば、通院からでも補償が受けられ、入院中の費用負担を減らすことが可能です。

子供のための保険・医療保険

学資保険でも触れましたが、子供のための保険で加入をしている人が多いのが、医療保険です。この保険の特徴は0歳児から加入が出来、保険料自体も手ごろな金額に設定されているところです。

多くの保険会社の中では医療保険の中でキッズタイプなどと呼ばれているのがこの子供の医療保険です。

ただし、地方自治体の中では義務教育中の期間は自治体独自の医療証を発行するなどして医療費の自己負担を不要とする特別措置を採用しているところも多くあります。ですので、もし子供が近い将来入院を伴うような病気にかかることを心配するのであれば、入院費用の補償を受けることが出来る子供の医療保険への加入は必要かもしれません。

一方、それほど健康に心配がないと考えるのであれば必ずしも子供の医療保険へ加入する必要はないかもしれません。

子供のための保険・傷害保険

傷害保険は、損害保険の一つで、子供の怪我や事故などでの補償を目的としています。子供が骨折してしまい、通院するにもタクシーを利用する場合や、怪我で入院してしまい、親が付き添う場合などは家事の負担が増大することが考えられます。
このような時のために、傷害保険に入っておくのはおすすめかもしれません。

ただし、医療保険のところでも触れましたが、自治体による小児医療費助成制度などにより、医療費自体の自己負担がなかったりしますので、あくまでのそれぞれの自治体が提供している医療費の助成制度やその額について事前に調べておくことが大切です。

また、傷害保険では通院でも給付金を受け取ることが出来るものも多いです。実際に、入院するほどの怪我はごくまれかもしれませんが、通院するような怪我は意外と頻繁に起こることもありますので、上手に傷害保険を利用することで家計の負担を減らすことが出来るかもしれません。

こどもの保険ランキング

学資保険・こども保険で人気の高いものをご紹介します。
月額保険料は30歳加入時で算出しています。

ソニー生命
保険名称:学資保険(無配当)Ⅲ型
保険タイプ:貯蓄型
保険期間(保険料の払い込み期間):こどもが18歳になるまで
保障額: 300万円
月額保険料:12,558円
返戻率:110.3%
子供の加入年齢:0歳~8歳

日本生命
保険名称:ニッセイ学資保険(祝い金なし)
保険タイプ:貯蓄型
保険期間(保険料の払い込み期間):こどもが18歳になるまで
保障額: 300万円
月額保険料:12,620円
返戻率:110.0%
子供の加入年齢:0歳~6歳

明治安田生命
保険名称:つみたて学資
保険タイプ:貯蓄型
保険期間(保険料の払い込み期間):こどもが18歳になるまで
保障額: 200万円
月額保険料:9,867円
返戻率:112.60%
子供の加入年齢:0歳~6歳

子供保険の種類とランキング・まとめ

子供のための保険には「学資保険」、「医療保険」、「傷害保険」がある。
学資保険は教育資金を積み立てることを目的としていて、貯蓄型と医療型がある。

医療保険は病気等による通院や入院の補償を受けることを目的としている。
傷害保険は怪我などによる通院や入院の補償を目的としていて、医療保険よりも保険料は低い場合が多い。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。