子供保険を徹底比較!おすすめの子供保険とは!

スポンサーリンク

学資保険の種類とメリットとは

子供保険の中で人気の高いものの一つが、「学資保険」です。学資保険はその名の通り、子供の教育資金を蓄えることを目的としています。

子供一人当たり、義務教育を終えた後の高校入学から、大学卒業までの期間にかかる教育費用は1,000万円以上に上ると言われています。

これだけの金額を、日常生活を送りながらこつこつと貯めていくのは、実際のところかなり大変です。

ここで頼りになるのが「学資保険」というわけです。学資保険は0歳から加入できるものが多く、加入時期が早ければ早いほど月々の掛け金は少なくて済みます。そして、掛け金は口座から一定額が毎月引き落とされていきますので、特に意識をせずに貯蓄をすることが出来ます。学資保険の中には返戻率の高い貯蓄型と呼ばれる保険もあり、これは実際に支払った掛け金よりも満期時に受け取る金額のほうが多くなり、メリットは大きいですね。

医療保険の種類とメリットとは

医療保険は多くの場合、病気による通院や入院の場合に所定の給付金を受け取ることが出来る、掛け捨ての保険です。
子供が小さいうちは何かと病気に関する心配が多いのも事実ですので、子供用の医療保険に加入する人も結構多いと思います。

例えば、長男が小児喘息を患っていて、季節によっては急な発作などにより、入退院を繰り返すことがあるとします。この家庭に二人目の赤ちゃんが生まれるとすると、もしかするとこの赤ちゃんも小児喘息を患うことになるのではないかと心配になる場合が多いと思います。

このようなケースであれば、将来的な入退院の可能性を見越して、医療保険に加入しておくのも一つの手段と言えるでしょう。子供の医療保険は大人ほど掛け金は高く設定されていませんので、加入したとしてもそれほど大きな負担とはならないでしょう。

傷害保険のメリットとは

傷害保険は子供の怪我や事故に特化した保険で、損害保険の一部です。病気は保険の対象となっていませんので月々の掛け金も低く設定されています。

子供が怪我で入院するようなことはそうそうあるものではないとは思いますが、けがによる通院となると、格段に可能性が上がってきます。

ですので、外で遊ぶのが大好きで、活発な男の子などをお持ちの親御さんの中には、この傷害保険の加入を検討する方も多いかもしれません。

ここで気をつけておくべきことがあります。地方自治体の多くは小児医療費助成制度というものを実施しています。これは、その自治体独自が発行する医療証などを医療機関に提示することで、多くの場合、医療費のすべてが無料となるものです。

ですので、傷害保険の加入に当たっては、医療費以外に必要とされる費用(通院のためのタクシー代、家事の負担が増加することによる経済的な損失)の負担をカバーすることに主眼を置いて検討するのが良いでしょう。

実際に学資保険を比較してみよう

では、実際に学資保険を比較して見ましょう。ここでの月額保険料は30歳加入時で算出したものです。

保険会社名:富国生命
保険名:みらいのつばさジャンプ(J)型
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~7歳
必要保障額: 200万円
月額保険料:8,897円
返戻率:110.1%

保険会社名:明治安田生命
保険名:つみたて学資
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~6歳
必要保障額: 200万円
月額保険料:9,867円
返戻率:112.60%

保険会社名:ソニー生命
保険名:学資保険(無配当)Ⅲ型
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~8歳
必要保障額: 300万円
月額保険料:12,558円
返戻率:110.3%

保険会社名:日本生命
保険名:ニッセイ学資保険(祝い金なし)
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~6歳
必要保障額: 300万円
月額保険料:12,620円
返戻率:110.0%

医療保険はどこがおすすめか

子供の医療保険に入ろうと考えるときに気になるのはどこまでがカバーされるのか、実際の掛け金の安さなどだと思います。
この補償範囲と掛け金のバランスが程よく取れている保険をいくつかご紹介したいと思います。ただし、ここでしょうかいするのはあくまでも参考のためですので、実際の加入検討時にはきちんとご自身で内容を精査してくださいね。

共済
月々の掛け金:1,000円~
加入可能年齢:0歳~
保障範囲:病気や事故による入院や手術の保障(先進医療にも対応)、事故による通院、被保険者及び保護者(親等)の死亡に対する保険、第三者への損害賠償等

アフラックのEVER
月々の掛け金:965円~
加入可能年齢:0歳~
保障範囲:病気や事故による入院や手術の保障(特約により、通院及び先進医療に対する保障もあり)、一生涯保険料が上がらないことが特徴

オリックス生命のCURE
月々の掛け金:1,032円~
加入可能年齢:0歳~
保障範囲:病気や事故による入院や手術の保障(先進医療にも対応、特約によりがん手術及び通院にも対応)、一生涯保険料が上がらないことが特徴

子供保険の比較をしてみよう・まとめ

子供の保険には、「学資保険」、「医療保険」、「傷害保険」がある。
学資保険のメリットは、貯蓄型を選ぶことで実際の支払い総額よりも多い満期金を受け取ることが出来るところ。
医療保険のメリットは、上手に使うことで家計の負担を軽減させることが可能となるところ。
傷害保険のメリットは、統計的に見ても頻度の高い「通院」についても給付金の対象とされているところ。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。