終身保険じゃない!?利率変動型終身保険の落とし穴

スポンサーリンク

終身保険って何?

『利率変動型積立終身保険』を説明する前に、終身保険についておさらいしておきましょう。終身保険と聞いてどういった特徴のある保険かイメージできますか?

終身保険は生命保険、つまり「死亡」を保障する生命保険の3つのカタチのうちのひとつです。残りの2つは定期保険と養老保険です。

終身保険には2つの特徴があります。

1つ目の特徴は「終身」と名がついている通り、途中で解約をしない限り一生涯にわたって保障されるということです。保険料の支払いは60歳や65歳など、加入時に決めた満了期間まで払い続け、保険料を払い込みが終了すれば保障は一生涯続きます。途中で保険料が変わることはありません。

2つ目の特徴は貯蓄性に優れているという点です。加入して保険料を支払っていると、支払った文の保険料がどんどん積み立てられていき、解約した際に解約返戻金として手元に戻ってきます。解約返戻金は保険料支払いの満了期間にさしかかると、それまでに支払った保険料の累計額を超え、その後も解約さえしなければ解約返戻金は増えていきます。

終身保険のメリット、デメリット

次に終身保険のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

終身保険のメリットは【保障と貯蓄】両方の役割を兼ね備えているということです。

死亡した場合、病気やケガで入院した場合には保険金や給付金が支給され、また満期後に解約すれば支払った保険料以上の解約返戻金が戻ってきます。戻り率を定期預金の金利と比較すると、終身保険の方が有利なことがほとんどです。

対して、終身保険のデメリットは【保険料が高い】ということです。

保険料を積み立てていくという性質上、掛け捨て型の保険の比較するとその差は顕著です。掛け捨て型と同じ保障内容にしようと思うと、終身保険では掛け捨て型の数倍の保険料となることもあります。

さらに、終身保険で認識しておかなければいけないのは【途中で解約すると損をする】ということです。保険料払込満了時になってはじめて

解約返戻金 > 今まで支払った保険料の総額

となります。しかし途中解約してしまうと、解約返戻金は今まで支払った保険料の総額を下回る可能性が大きいため、結果的に損をするということになってしまいます。

簡単に特徴をまとめると
・保障と貯蓄の役割がある
・保険料が高い
・途中で解約すると損をする
というようになります。

では、『利率変動型積立終身保険』は終身保険とどのように違うのでしょうか。終身保険と比較しながら大きく3つに分けて特徴を説明していきましょう。

『利率変動型積立終身保険』の特徴1:保障はあるけれど、、、

終身保険では一生涯死亡保障がついていたのに対し、この『利率変動型積立終身保険』は保険料払込期間中は死亡保障がついていません。死亡保障をつけるにはプラスアルファが必要なのです。

『利率変動型積立終身保険』は毎月支払う保険料が積立部分と保障部分に振り分けられていきます。積立部分は別名アカウント(=口座)部分と呼ばれ、口座なので引き出して好きに使用することも可能です。銀行の預金口座をイメージすると分かりやすいですね。

そしてこの積立部分が主契約で、主契約のみの時点では保障は何もついていません。死亡、医療などの保障部分は主契約に付随する特約というプラスアルファを必要に応じて契約しなければならないのです。

その保障となる特約にかなり自由度がありライフプランに合わせて保険設計がしやすい反面、中身はかなり複雑となっているのです。

特徴2:積立部分の自由度

主契約となる積立部分についても、終身保険と違いかなり自由度が高いです。

まず、払い込む保険料を積立部分と保障部分のそれぞれに回す割合を、範囲内で自由に変更することができます。また、資金に余裕があるか否かその状況によって保険料を適宜変更することもできます。

また、支給されたボーナスを積立部分にまとめて投入して積み増すこともでき、逆にこの積立部分を保障部分の保険料として使用することもできます。一時的に保険料の支払いが苦しい状況になった場合など、保険料の負担を減らすことができる訳です。

個々のライフステージにおいて、住宅購入や学費などまとまった資金が必要になった場合でも、この積立部分から引き出すこともでるのです。

特徴3:終身保険になるのは払込期間満了後

「終身保険」と名はついていますが、保険料の払込期間中は終身保険に加入していません。

払込期間中は主契約の積立部分に蓄積され、払込期間満了後に終身保険や年金などに移行することができます。移行する際はその時点での積立金をもとにして行うのですが、一定金額に満たない場合は終身保険や年金に移行することができません。

その場合は積立金を受け取って契約が終了してしまうケース、積立部分のまま継続できるケースとあるようです。

「利率変動型」とあるように、積立部分の利率は市場金利を反映して定期的に変わるため「インフレのリスクに対応した終身保険」などと言われることが多いようです。しかし積立部分へのお金の出し入れにはかなり自由度があり、かつ払込期間中に保障部分へ充当する可能性なども考えると、払込期間満了時点で終身保険の元になる積立金がいくらになっているのか予測することはできません。

『利率変動型積立終身保険』の最大の落とし穴

『利率変動型積立終身保険』にはさらに落とし穴があります。

死亡保障、医療保障として特約で加入していた定期保険などは、ほとんどが10年更新型。更新するということは【更新時に保険料が上がる】ということを意味します。

しかし保険料を上げない方法もあります。

それは積立部分から値上がりした分の保険料へ充当すればよいのですが、同時にそれは積立部分が減っていくということを意味します。払込期間満了時に積立金額が満たされず終身保険に移行できない、という事態になることにつながってしまうのです。

医療などの保障をつけたいからこそ更新を続けてきたことが、最終的に終身保険に加入できないということの引き金になってしまう可能性もあるのです。

まとめ

『利率変動型積立終身保険』について特徴をまとめてきました。保険の内容に自由度はあるものの、契約するメリットを見出すのは難しいですね。融通がきくからという考えだけで契約しない方がよいかもしれませんね。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。