お得な学資保険はこれだ!学資保険の賢い選び方

スポンサーリンク

学資保険ってなに?

学資保険とは、子供の教育費に必要な金銭を補助するために、保険料を支払うことで前もって設定しておいた時期に給付金として保険金を受け取ることのできる保険のことです。

例えば、子どもの大学進学のためにお金を確保しておきたい人がいるとしましょう。その人は、保険の満期を子どもの高校卒業時に設定することで、大学の入学金や学費などの大きな出費が必要な時に、それまで支払ってきた掛金に利息を合わせた保険金を受け取ることができます。

このように、毎月一定額を保険の掛金として保険会社に支払うことで、満期時に給付金として保険金を受け取り、その保険金を子どものための教育費用として計画的に使うことができるのが学資保険なのです。

学資保険のメリット?

では、学資保険のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

メリットの1つめは、確実にお金を貯めていける点です。

銀行にコツコツとお金を預けるという方法でもお金を貯めることができますが、銀行預金の場合、引き出して使ってしまうという可能性があります。しかし、学資保険では途中で引き出すことはできないので、保険料として支払った額は確実に貯めていくことができるのです。

メリットの2つ目は、利息が優れているという点です。

今はゼロ金利とも言われるほど、金利が低い時代です。そのため、銀行にお金を預けていてもほとんど増えません。しかし、学資保険の場合、商品にもよりますが、支払った保険料よりも10%ほど増えて戻ってくるものもあります。

メリットの3つ目は、もしもの場合に備えることができるという点です。

万が一、契約者(親)が死亡してしまった場合、保険料の支払いが免除されるのです。そのため、もし親が死亡してしまった場合にも学資保険に入っていれば、その子どもは満期になれば、保険金を全て支払った場合と全く同じ金額を受け取ることができるのです。

学資保険のデメリットは?

もちろん、学資保険にはデメリットもあります。

その1つは、換金性が低いという点です。

これはメリットの1つ目の裏返しでもあるのですが、契約期間中は貯めているお金を使うことができないので、何か急にお金が必要になってしまった場合でも学資保険として貯めているお金以外から捻出しなければなりません。

途中解約をするという方法もありますが、その場合は元本割れする可能性が高いので、契約期間はやりきるという強い覚悟が必要となります。

デメリットの2つ目は、インフレに弱いという点です。

例えば、学資保険を高校卒業までの18年間で契約をすると、その契約時点で利回りが確定されてしまいます。そのため、今後ゼロ金利の状態が変わり、金利が上がっていった場合には他の金融商品に比べて不利になってしまう可能性があります。

学資保険でどんな人におススメなの?

学資保険のメリットとデメリットを考えると、学資保険を活用した方がいい人は自分でお金を貯めることのできない人や、銀行の利率に不満がある人、毎月安定して積立をしていきたいという堅実派の人と言えます。

そうではなく、自分で株やFXなどで資金を運用をして増やすぞというリスクを取りたい人や、将来の学費の心配がないほど裕福な人にとってはわざわざ換金性の低い学資保険に加入する必要ないかもしれません。

このように、学資保険は全ての人に必要な商品という訳ではありません。しかし、学資保険のメリットとデメリットを考えて、自分には学資保険が必要だと思われた方は具体的にどの会社の学資保険に入ればいいのかが気になることでしょう。

では、どこの会社の商品がいいの?

学資保険の中でのおススメは、アフラックの「夢見るこどもの学資保険」です。

アフラックの学資保険は、利息(返戻率)が高く、学資保険で唯一クレジットカード払いができるという点が魅力です。

アフラックの「夢見るこどもの学資保険」では、返戻り率が最低でも105%で、条件を満たせば110.8%にもなります。

例えば、ソニー生命の「学資保険スクエア」や、フコク生命の「みらいのつばさ」も高い返戻率を誇ると言われていますが、108%~110%なので、アフラックの方が優れていると言えます。

また、学資保険をクレジットカードで払うことができるのも魅力の一つです。

クレジットカードで支払うことで、クレジットカード会社のポイントが貯まるので、非常にお得に保険料を支払うことができます。

専門家にも相談を

ここでアフラックの「夢見るこどもの学資保険」をおススメしましたが、世の中には様々な会社が様々な学資保険を提供しています。そのため、お子さんのことを第一に考えながらも、専門家と相談をしながら、実際にどの学資保険に加入するかを決めることが大事でしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。