学資保険は必要か。子供の将来に備える貯蓄方法。

スポンサーリンク

子供の将来のための資金をいかに貯蓄するか。

では、子供の将来のために必要とされる資金はどのくらいの金額になるのでしょうか。幼稚園から大学までのすべてを公立・国立の園・学校とした場合にかかる学校教育の費用はおよそ1,300万円、一方、小学校を除いたすべてを私立の学校へ進学し、大学は理系を専攻した場合は2,100万円ほどかかります。

子供が小さいうちはさほどの費用はかかりませんが、中学、高校、大学と進学していくにつれて、塾にかかる費用もかなり高額となってきます。ここで重要となってくるのが、中学、高校、大学への進学の際に必要とされる費用を把握して、その資金をいかに貯蓄しておくか、ということになります。

では、貯蓄の方法にはどのようなものがあり、何を選択すべきなのでしょうか。

貯蓄方法の種類について。

例えば、進学資金の一部として300万円を15年かけて貯蓄しようとする場合は、年間20万円ですので一月あたりおよそ16,600円を貯蓄していけばよいことになります。この額であれば子供手当てに数千円をプラスするだけで達成できますね。

では、貯蓄しようとする目標額を500万円とするとどうでしょうか。これですと、一月あたりおよそ27,800円となり、子供手当てにプラスしなければならない額が15,000円を超えてきますの、だいぶ月々の負担が増してきますね。

また、使っていないお金はなんとか損をしないように少しでも増やしたいと考えるのが人情と言うものですので、マイナス金利の現在では銀行にただ預けるのは得策ではないかもしれません。

ここで教育資金の貯蓄における選択肢の一つとなってくるのが学資保険ということになってきます。

学資保険のメリットとは。

学資保険のメリットとしては、契約している保険会社が破綻することがない限り、契約時に設定した満了日にあわせて、設定した金額を確実に受け取れることです。

貯蓄というものは、実際にはなかなか自分でコツコツと積み立てていくのは難しいものです。しかも教育資金はある程度の額となるので長期間にわたって貯蓄額を積み立てていくことになります。本当に自分で目標とする金額まで貯蓄して行けるのか、心配になる方も多いと思います。

このような方は学資保険を上手に利用して目標額をしっかりと手にする環境を作ることが確実性を高める上でも有効な手段かもしれません。貯蓄はついつい後回しになりがちですので注意が必要です。

また、学資保険の中には貯蓄に重点を置いたものがあり、これは貯蓄型の学資保険と呼ばれています。そして、この貯蓄型の学資保険の中には返戻率が100%を超えるものが多くあり、実質的に支払った額以上の金額を満期時に受け取ることができます。

学資保険のデメリットとは

では、学資保険のデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。
先にもちょっと触れましたが、学資保険を取り扱う会社(多くは保険会社ですが)の経営が万が一破綻した場合は支払ってきた額が減額されてしまう可能性があるということです。

そして、注意しなければならないこととして、保険の種類によっては必ずしも支払った額以上の金額を受け取ることは出来ないものがあるということです。

先に説明した貯蓄型の学資保険とは別に、医療保障が充実しているタイプの保険では、どうしても医療にかかる補償を手厚くするという保険の性質上、教育資金に対する比重が軽くなってしまい、それにより結果として返戻率が100%を下回り、元本割れとなってしまうことになります。

返戻率の高い学資保険について

返戻率の高い学資保険としては、「フコク生命みらいのつばさ」というものがあります。この貯蓄型学資保険の内容は以下のようになっています。

年齢制限:0歳から7歳まで
満期パターン:22歳
給付金支給年齢:3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳の中から設定可能
死亡給付金(子供の死亡の場合:払い込み済み保険料相当額が死亡給付金として支給されます。
死亡給付金(親の死亡の場合:給付金はありませんが、以降の保険料は満期まで免除されます。
プラン例:親30歳、子供0歳
支給内容:18歳時に大学入学祝い金として100万円、満期時に満期保険金として100万円 受け取り金額合計200万円
保険料月額:8,897円
返戻率110.1%

学資保険について・まとめ

子供の教育に必要な資金はかなりな額ですが、貯蓄というものは、実際にはなかなか自分でコツコツと積み立てていくのは難しいものです。

ここで活用できるのが、貯蓄型の学資保険です。返戻率が100%を超える保険を選ぶことで、満期時には結果として払い込んだ額以上の金額を受け取ることが出来ます。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。