【賠償もできる】子供保険は入っておくべき?気になる子供保険のポイント

スポンサーリンク

子供保険とは?

 まず子供保険の概要を見て行きましょう。子供保険は大人向けの保険よりも格安で加入できるのが特徴で、保険料も年にして数万円というところが多くなっています。とはいえ、保証内容は充実している物が多く、死亡保障や、後遺障害保証だけでなく、入院保険や通院保険としても利用できます。子供保険に入る人は増えてきており、今や子供保険は子供を持っている親ならば入っておきたい保険の一つとなってきているのです。

子供保険の個人賠償責任保険

子供保険には個人賠償責任保険がついていることがあります。実際の所、個人賠償責任保険がついているから子供保険に入るという人も少なく無いでしょう。そもそもこの個人賠償責任保険とはどういったものなのでしょうか。この個人賠償責任保険があれば、子供が「誤ってお店の商品を壊した」「友達に怪我をさせた」「自転車で人にぶつかって怪我させた」といった際の賠償に対応できます。

このような場合の賠償額は1000万円を超える事例もありますから、個人賠償責任保険がある子供保険に入っておくことが大事なのです。また、個人賠償責任保険がある子供保険に入っておけば、もしもの際に弁護士を格安で利用できたり、色々な法的サービスを利用できるといったこともあります。このように子供保険の個人賠償責任保険は大変お得な存在ですから、個人賠償責任保険を利用する目的のためだけでも、子供保険は入っておくべきなのです。

個人賠償責任保険が利用できるケース

個人賠償責任保険は色々な場合に利用できます。例えば、散歩させていた犬が歩行者に噛み付いたといった場合の保証もしてもらえます。他にも、スポーツ中の各種トラブルも個人賠償責任保険で賠償してもらえますから、実質上、子供が遭遇する事故やトラブルのほとんどが個人賠償責任保険でまかなえるといっても過言ではありません。

子供保険には各種の特約がある

子供保険の特約は個人賠償責任保険だけではありません。例えば、携行品特約がその一つです。携行品特約とは旅行中に身の回り品が盗まれた、なくしたといった際に、一定額の範囲で保証してもらえるものです。この携行品特約はよく旅行するといった場合にはつけておきたいものでしょう。他にも学資特約もあります。これは親が死亡または障害をおった際に保証金が支払われるという特約です。

このような学費費用特約はメリットの大きいものですから、是非とも利用していってもらいたいものでしょう。他にも熱中症危険保証特約がついていることもあります。これは子供が熱中症などになった際に死亡保険金や後遺障害金などを支払うものであり、熱中症の危険性がある野球などのスポーツをしている子供がいる際には是非とも利用しておきたい特約になっています。このように利用できる特約は多いですから、子供保険加入時には是非とも検討しておきたいものでしょう。

まずはクレジットカードをチェック

とはいえ、持っているクレジットカードによっては既に個人賠償責任保険が利用できることもあります。そのため、まずはクレジットカードに個人賠償責任保険がついているかどうか見てみると良いでしょう。とはいえ、クレジットカードの個人賠償責任保険よりも子供保険の個人賠償責任保険の方がはるかに充実していることが多いというのは実際です。個人賠償責任保険がない子供保険に加入している場合でも、個人賠償責任保険がついているクレジットカードを組み合わせて使ってみるというのもおすすめです。

子供保険の代替プラン

 保険によっては子供保険代わりとして使えるものがあります。例えば、JCBの自動車保険であれば、本人だけでなく、子供やその家族も対象となります。そのため、子供保険の代わりとして使用することができるのです。他にも、三井住友VISAカードのポケット保険自由設計コースも、本人だけでなく子供も対象になる保険です。このように子供保険代わりとなるような保険は多いですが、やはり子供だけに対象を絞った子供保険よりも、子供に対しての保証は少なくなるのは当然です。何よりも子供保険にあるような個人賠償責任保険がないのは難点でしょう。

まとめ

子供保険にはこのように各種の特約などがありますが、特に個人賠償責任保険の重要性は理解してもらえたのではないでしょうか。何よりもこうした個人賠償責任保険は思わぬ事故などの際に役立ちます。どんな保険にしてもそうですが、事故が起きてから「入っておけばよかった」とならないようにするためにも、しっかりと加入しておくようにしておきましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。