本当に役に立つの?ゆうちょの学資保険を徹底解説

スポンサーリンク

学資保険って?

学資保険というのは子供の教育費などにかかるお金を補助するための保険になっています。教育が必要な年齢になった時に子供がお金が無くて、教育を受けることが出来ないという事態になることを避けるための保険がこの学資保険になります。

基本的には契約した保険料をきちんと支払っていくことを前提条件として、子供の入学などのタイミングで「成長祝金」といったような形の一時金支給が行われ、大学入学などの教育が終わると思わえる時点で満期保険金といった形で保険金が支給される仕組みになっています。

また、親が死亡してしまった場合には保険料の払い込みがそれ以後免除になったり、育英年金といった形で月々の生活費への補助が支給される場合もあります。

ゆうちょの学資保険って?

さて、上記で説明してきたような学資保険についてですが、ゆうちょ銀行で販売されている学資保険には「はじめのかんぽ」というものがあります。この商品は2014年にリニューアルして発売されたという商品になります。

この「はじめのかんぽ」についてはかなり急激なスピードで契約者が増えており、2016年時点ではリニューアル前の学資保険の3倍もの加入者を誇るようになっています。ゆうちょ銀行で販売されている保険商品の中でもヒット商品といっても良いのがこの学資保険である「はじめのかんぽ」になります。

ゆうちょの学資保険のメリットである早期払い込みについて?

ゆうちょの学資保険である「はじめのかんぽ」については従来の商品と比較して、さまざまな点が改善され、メリットも多い商品になっています。

まず、最初に挙げられるメリットとして「はじめのかんぽ」では短期での払い込みというものが可能になったということです。これは現在巷で人気を集めている一時払い終身保険などにも似た考え方ですが、初めの時点で一気に保険料を払い込んでしまうことにより、その後の保険料の払い込みを不要にするというものです。

さらに最初の時点でまとまったお金が保険会社に入ることになり、運用成績も上がり、返戻率も月々定額を払った場合よりもた高くなっています。「はじめのかんぽ」においては12歳までに払い込みを済ませることが可能となっており、中学入学で学費がかかるようになる時期において、学資保険の払いが不要になって金銭的な負担が減るというメリットがあります。

ゆうちょの学資保険のメリットである生前加入制度と入院特約って?

ゆうちょの学資保険である「はじめのかんぽ」の早期払い込みのメリットについて上記では見てきました。さらにこれに加えて「はじめのかんぽ」では生前加入制度と入院特約というシステムを設けています。

生前加入制度というのは赤ちゃんが生まれる前から、その子の学資保険に加入することが出来るとう制度になります。長期で加入することが出来るので返戻率が向上することに加え、契約者となる父親が妊娠中に死亡した場合などにはその時点で保険料の支払いが免除になります。

また、子供の入院特約というものをセットにすることができます。ただ、近年は子供の医療費は無料となっているところも多いので、入院特約は一応の備えといった形になります。

ゆうちょの学資保険のデメリットって?

さて、上記ではゆうちょの学資保険である「はじめのかんぽ」のメリットについて述べてきました。「はじめのかんぽ」が優れた保険商品であることは分かりますが、他社の保険商品と比較した時には当然デメリットも存在します。

このような他社の学資保険と比較した時にネックとなってくるのは返戻率が低いということです。以前の商品と比較するとかなり改善されましたが、それでも学資保険に力を入れていることで知られている「ソニー生命」、「日本生命」、「アフラック」、「富国生命」などと比較すると返礼率で分が悪いというのは否めません。

ゆうちょの学資保険を徹底解説まとめ

上記の文章ではゆうちょの学資保険である「はじめのかんぽ」について述べてきました。この「はじめのかんぽ」については発売以後着実に契約者数を伸ばしてきている保険商品になります。今後学資保険の加入を考えているなら、ぜひ検討候補に加えるようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。