国民健康保険に加入するタイミングとその手続き

スポンサーリンク

国民健康保険に加入するタイミング

日本の医療制度を支える柱が国民皆保険制度です。国民皆保険制度が存在するために、日本に住む国民は諸外国に住む人とは異なり、高額な医療費を心配することなく、気軽に病院を受診することが可能になっています。それこそ自己負担割合は1~3割程度となっており、非常に低い割合で抑えられており、医療費で自己破産することもある諸外国とは全く異なる恵まれた状況になっています。

国民健康保険に加入するタイミングですが、会社を退職する場合、生活保護を受けなくなった場合、子供が生まれた場合などを挙げることが出来ます。このような場合には国民健康保険への加入手続きというものを行う必要が出てきます。このような国民健康保険の加入についての手続きや注意点についてこれから順に見ていきたいと思います。

国民健康保険に加入するための手続き

まず、前提として国民健康保険に関しては全て各市町村単位での運営が行われています。したがって、自分が居住している地域の市町村の役場に行って手続きを行う必要が発生します。この場合加入に当たってはそれぞれの加入理由に応じて必要となる書類を持参する必要があります。

例えば、子供が生まれた場合には保険証・印鑑・母子健康手帳・世帯主の口座番号といったものが必要になってきます。また、生活保護を受けなくなった場合には「保護廃止決定通知書」というものを提出する必要が出てきます。会社を退職した場合の手続きについては後述の文章で詳しく解説していきたいと思います。

国民健康保険に加入する人はこれらの必要な書類を持参して各市町村の役場に行って加入の手続きを行うようにしましょう。

退職して国民健康保険に加入する場合

さて、国民健康保険に加入する必要があるシチュエーションで最も多いパターンは会社を退職したケースです。日本の会社の多くは社会保険制度を完備しており、そのような会社で働く従業員は社会保険という国民健康保険とはまた別の保険に加入しています。このような社会保険については原則として退職した時点で脱退する事になります。しかし、日本では無保険というのはあり得ないので、基本的にはその後国民健康保険に加入することになります。

また、国民健康保険に加入するための手続きは加入が必要になった時点から14日以内に行わなければならないとされています。したがって、国民健康保険への加入手続きは速やかに行わなければいけないということは常に意識しておくようにしましょう。

退職して国民健康保険に加入する場合の手続き

前職を退職して国民健康保険に加入する場合には、まず退職日が確認できる書類というものを提出する必要が出てきます。このような退職日が確認できる書類は退職時に会社から受け取ることになるであろう「社会保険の資格喪失証明書」、「雇用保険の離職票」といったものが求められることになります。

このような書類は事務処理がしっかりしている会社であれば問題無く発行してもらえますが、事務処理がずさんな会社であれば、このような書類が発行されていないというトラブルが発生するケースが多くみられます。退職時にはしっかりと会社が発行してくれた書類を確認して上記で挙げた「社会保険の資格喪失証明書」、「雇用保険の離職票」が揃っていることを確認しておくようにしましょう。

退職して国民健康保険に加入する場合の注意点

上記の退職して国民健康保険に加入する場合についてですが、特例として2年間であればもと務めていた会社の社会保険に加入し続けるという選択も可能です。ただ、この2年間が終わった場合は上記で述べたような国民健康保険への加入手続きが発生するというのは変わりません。

また、退職時の国民健康保険への切り替えは自分で行う必要があるため、その手続きが面倒なためについつい切り替えの手続きを怠ってしまう場合があります。しかし、このような場合には後々必要になって国民健康保険への切り替えを行った場合にそれまでの国民健康保険料が滞納されていたという形で一気に請求されるケースがあります。これはそれまでの国民健康保険料が一括請求となるので、非常に重い負担になります。このようなペナルティを避けるためにもきちんと国民健康保険への加入手続きは行っておくようにしましょう。

国民健康保険への加入まとめ

上記では国民健康保険に加入する場合の手続きと注意するべきポイントについて見てきました。国民健康保険の加入でトラブルが多いのは新規加入よりも退職時の加入になります。上記の記事で述べた内容を参考に速やかに国民健康保険への加入を行うようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。