ソニー生命の学資保険、その人気の秘密とは?

スポンサーリンク

返戻率の高さ

まず、何と言っても気になるのが返戻率の高さです。そこで今回はソニー生命が取り扱っている学資保険の中でも返戻率の割合が高い<Ⅲ型>(10歳払い込み済みプラン)で検証したいと思います。

学資保険(無配当)Ⅲ型=大学などの進学後の毎年の学資を貰えるプランです。

*契約者30歳男性・被保険者(子供)0歳の時の返戻率
*今回はより返戻率の高い10歳までに保険料を払い込むプランです。 
*受け取り総額200万円

18歳~22歳までの毎年40万円 5年間で計200万円
 月払い 14,368円  払い込み総額 1,724,160円
 返戻率=約115.9%
(返戻率=受取総額÷払込保険料総額×100 *小数点第二位以下切捨て)

これは110%を超えると高いと言われている中でかなりの高返戻率です!
これよりも少し下がりますが同条件で18歳払い込み済みプランでも・・
 月払い 8、392円  払い込み総額 1,812,672円
 返戻率=約110.3%
と高い水準を維持しています。

ライフプランナーがいる

学資保険ですからみなさん子供のこれからの教育資金の為に準備しようと思われている事と思います。ですが万が一払えなくなり短期解約する事になってしまうと解約返戻金が払込保険料を下回る事があります。なので、加入される際は無理なく自分に合ったプランで契約しなければなりません。

そこでソニー生命ではライフプランナーとの相談を勧めています。もちろん学資以外の保険の相談にものってもらえるので、これから人生設計をたてて保険全般の加入を考えている方にとっては心強いのではないでしょうか?

また自宅に来てもらう事もできるので、小さなお子さんがいたりしてゆっくり相談できないご家庭にはうれしいですね。

オーダーメイドできる

加入を考えているご家庭の事情は様々でしょう。ご契約者・お子様の年齢、月々の支払限度、満期金の金額など・・個々に応じてプランを決める事が出来ればうれしいですよね。
ソニー生命ではそんなニーズに応えてくれる学資プランが用意されています。

払い込む年齢も10歳までに払い込めるタイプ(中学校入学前に払い終えられるのはうれしいですね)や18歳払い込みのタイプ。

受け取り方も、
Ⅰ型 中学・高校・大学などの進学時に
Ⅱ型 大学などの進学資金に
Ⅲ型 大学などの進学後の毎年の学資に
と自由に選択できるようになっています。

また、進学資金は受け取らず満期時まで積み立て(据え置き)をすることも可能ですので、いざ使わなかった時もその分利息が付くのでうれしいですね。

安心できるブランド力

ソニー生命の設立は1979年。ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社の一員として企業の中核を担っています。平成26年度の保有契約高は40兆円を超え、保有契約件数は659万人で、年々増加傾向にあることからも沢山の人から支持されている事がわかります。

また健全な財政基盤である事を示す指標の一つにソルベンジー・マージン比率というものがありますが、(災害や財政危機が起きた時のリスクに対して、どれだけ余力があるかをあらわすもの)26年度は2,644,2%とこちらも増加傾向にあります。ちなみにアフラックのアメリカンファミリー生命保険会社は857,7%ですからどれだけ安定しているかがわかります。(一般的に200%を超えていれば健全な企業であると言われています)

貯蓄重視型の保険である

学資保険といえば貯蓄重視型と保障重視型に分けられますが、ソニー生命の学資保険は貯蓄重視型となっています。
保障重視型は入院費や死亡給付金などのもしもの時に備えられますが貯蓄重視型より返戻率は下がる傾向にあります。もちろん人によって考え方は様々ですが学資保険の目的は子供の将来の教育資金を貯める事ですから、もしもの時の保障は他の保険でカバーしてより返戻率の良い学資保険に入るというのが主流のようです。

ソニー生命の学資保険には、保険期間中に契約者に万が一の事があれば以降の保険料の払い込みが免除になる他、子供(被保険者)が亡くなった時には死亡給付金としてそれまでの払い込み済み保険料相当額が支払われる事になっているので安心ですね。

まとめ

みなさんが学資保険を選ぶ際に気になるのはやはり返戻率の高さではないでしょうか?
しかしそれにばかり気を取られて無理なプランを立てて払えなくなり、短期解約する様な事になれば本末転倒です。ソニー生命の学資保険なら自分に合った無理のないプランを立てることが出来るので是非納得のいく保険を見つけて下さい!

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。