子供保険

【賠償もできる】子供保険は入っておくべき?気になる子供保険のポイント

子供保険とは?

 まず子供保険の概要を見て行きましょう。子供保険は大人向けの保険よりも格安で加入できるのが特徴で、保険料も年にして数万円というところが多くなっています。とはいえ、保証内容は充実している物が多く、死亡保障や、後遺障害保証だけでなく、入院保険や通院保険としても利用できます。子供保険に入る人は増えてきており、今や子供保険は子供を持っている親ならば入っておきたい保険の一つとなってきているのです。

子供保険の個人賠償責任保険

子供保険には個人賠償責任保険がついていることがあります。実際の所、個人賠償責任保険がついているから子供保険に入るという人も少なく無いでしょう。そもそもこの個人賠償責任保険とはどういったものなのでしょうか。この個人賠償責任保険があれば、子供が「誤ってお店の商品を壊した」「友達に怪我をさせた」「自転車で人にぶつかって怪我させた」といった際の賠償に対応できます。

このような場合の賠償額は1000万円を超える事例もありますから、個人賠償責任保険がある子供保険に入っておくことが大事なのです。また、個人賠償責任保険がある子供保険に入っておけば、もしもの際に弁護士を格安で利用できたり、色々な法的サービスを利用できるといったこともあります。このように子供保険の個人賠償責任保険は大変お得な存在ですから、個人賠償責任保険を利用する目的のためだけでも、子供保険は入っておくべきなのです。

個人賠償責任保険が利用できるケース

個人賠償責任保険は色々な場合に利用できます。例えば、散歩させていた犬が歩行者に噛み付いたといった場合の保証もしてもらえます。他にも、スポーツ中の各種トラブルも個人賠償責任保険で賠償してもらえますから、実質上、子供が遭遇する事故やトラブルのほとんどが個人賠償責任保険でまかなえるといっても過言ではありません。

子供保険には各種の特約がある

子供保険の特約は個人賠償責任保険だけではありません。例えば、携行品特約がその一つです。携行品特約とは旅行中に身の回り品が盗まれた、なくしたといった際に、一定額の範囲で保証してもらえるものです。この携行品特約はよく旅行するといった場合にはつけておきたいものでしょう。他にも学資特約もあります。これは親が死亡または障害をおった際に保証金が支払われるという特約です。

このような学費費用特約はメリットの大きいものですから、是非とも利用していってもらいたいものでしょう。他にも熱中症危険保証特約がついていることもあります。これは子供が熱中症などになった際に死亡保険金や後遺障害金などを支払うものであり、熱中症の危険性がある野球などのスポーツをしている子供がいる際には是非とも利用しておきたい特約になっています。このように利用できる特約は多いですから、子供保険加入時には是非とも検討しておきたいものでしょう。

まずはクレジットカードをチェック

とはいえ、持っているクレジットカードによっては既に個人賠償責任保険が利用できることもあります。そのため、まずはクレジットカードに個人賠償責任保険がついているかどうか見てみると良いでしょう。とはいえ、クレジットカードの個人賠償責任保険よりも子供保険の個人賠償責任保険の方がはるかに充実していることが多いというのは実際です。個人賠償責任保険がない子供保険に加入している場合でも、個人賠償責任保険がついているクレジットカードを組み合わせて使ってみるというのもおすすめです。

子供保険の代替プラン

 保険によっては子供保険代わりとして使えるものがあります。例えば、JCBの自動車保険であれば、本人だけでなく、子供やその家族も対象となります。そのため、子供保険の代わりとして使用することができるのです。他にも、三井住友VISAカードのポケット保険自由設計コースも、本人だけでなく子供も対象になる保険です。このように子供保険代わりとなるような保険は多いですが、やはり子供だけに対象を絞った子供保険よりも、子供に対しての保証は少なくなるのは当然です。何よりも子供保険にあるような個人賠償責任保険がないのは難点でしょう。

まとめ

子供保険にはこのように各種の特約などがありますが、特に個人賠償責任保険の重要性は理解してもらえたのではないでしょうか。何よりもこうした個人賠償責任保険は思わぬ事故などの際に役立ちます。どんな保険にしてもそうですが、事故が起きてから「入っておけばよかった」とならないようにするためにも、しっかりと加入しておくようにしておきましょう。

子供保険を徹底比較!おすすめの子供保険とは!

学資保険の種類とメリットとは

子供保険の中で人気の高いものの一つが、「学資保険」です。学資保険はその名の通り、子供の教育資金を蓄えることを目的としています。

子供一人当たり、義務教育を終えた後の高校入学から、大学卒業までの期間にかかる教育費用は1,000万円以上に上ると言われています。

これだけの金額を、日常生活を送りながらこつこつと貯めていくのは、実際のところかなり大変です。

ここで頼りになるのが「学資保険」というわけです。学資保険は0歳から加入できるものが多く、加入時期が早ければ早いほど月々の掛け金は少なくて済みます。そして、掛け金は口座から一定額が毎月引き落とされていきますので、特に意識をせずに貯蓄をすることが出来ます。学資保険の中には返戻率の高い貯蓄型と呼ばれる保険もあり、これは実際に支払った掛け金よりも満期時に受け取る金額のほうが多くなり、メリットは大きいですね。

医療保険の種類とメリットとは

医療保険は多くの場合、病気による通院や入院の場合に所定の給付金を受け取ることが出来る、掛け捨ての保険です。
子供が小さいうちは何かと病気に関する心配が多いのも事実ですので、子供用の医療保険に加入する人も結構多いと思います。

例えば、長男が小児喘息を患っていて、季節によっては急な発作などにより、入退院を繰り返すことがあるとします。この家庭に二人目の赤ちゃんが生まれるとすると、もしかするとこの赤ちゃんも小児喘息を患うことになるのではないかと心配になる場合が多いと思います。

このようなケースであれば、将来的な入退院の可能性を見越して、医療保険に加入しておくのも一つの手段と言えるでしょう。子供の医療保険は大人ほど掛け金は高く設定されていませんので、加入したとしてもそれほど大きな負担とはならないでしょう。

傷害保険のメリットとは

傷害保険は子供の怪我や事故に特化した保険で、損害保険の一部です。病気は保険の対象となっていませんので月々の掛け金も低く設定されています。

子供が怪我で入院するようなことはそうそうあるものではないとは思いますが、けがによる通院となると、格段に可能性が上がってきます。

ですので、外で遊ぶのが大好きで、活発な男の子などをお持ちの親御さんの中には、この傷害保険の加入を検討する方も多いかもしれません。

ここで気をつけておくべきことがあります。地方自治体の多くは小児医療費助成制度というものを実施しています。これは、その自治体独自が発行する医療証などを医療機関に提示することで、多くの場合、医療費のすべてが無料となるものです。

ですので、傷害保険の加入に当たっては、医療費以外に必要とされる費用(通院のためのタクシー代、家事の負担が増加することによる経済的な損失)の負担をカバーすることに主眼を置いて検討するのが良いでしょう。

実際に学資保険を比較してみよう

では、実際に学資保険を比較して見ましょう。ここでの月額保険料は30歳加入時で算出したものです。

保険会社名:富国生命
保険名:みらいのつばさジャンプ(J)型
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~7歳
必要保障額: 200万円
月額保険料:8,897円
返戻率:110.1%

保険会社名:明治安田生命
保険名:つみたて学資
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~6歳
必要保障額: 200万円
月額保険料:9,867円
返戻率:112.60%

保険会社名:ソニー生命
保険名:学資保険(無配当)Ⅲ型
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~8歳
必要保障額: 300万円
月額保険料:12,558円
返戻率:110.3%

保険会社名:日本生命
保険名:ニッセイ学資保険(祝い金なし)
保険タイプ:貯蓄型
保険料の払い込み期間:こどもが18歳になるまで
子供の加入可能年齢:0歳~6歳
必要保障額: 300万円
月額保険料:12,620円
返戻率:110.0%

医療保険はどこがおすすめか

子供の医療保険に入ろうと考えるときに気になるのはどこまでがカバーされるのか、実際の掛け金の安さなどだと思います。
この補償範囲と掛け金のバランスが程よく取れている保険をいくつかご紹介したいと思います。ただし、ここでしょうかいするのはあくまでも参考のためですので、実際の加入検討時にはきちんとご自身で内容を精査してくださいね。

共済
月々の掛け金:1,000円~
加入可能年齢:0歳~
保障範囲:病気や事故による入院や手術の保障(先進医療にも対応)、事故による通院、被保険者及び保護者(親等)の死亡に対する保険、第三者への損害賠償等

アフラックのEVER
月々の掛け金:965円~
加入可能年齢:0歳~
保障範囲:病気や事故による入院や手術の保障(特約により、通院及び先進医療に対する保障もあり)、一生涯保険料が上がらないことが特徴

オリックス生命のCURE
月々の掛け金:1,032円~
加入可能年齢:0歳~
保障範囲:病気や事故による入院や手術の保障(先進医療にも対応、特約によりがん手術及び通院にも対応)、一生涯保険料が上がらないことが特徴

子供保険の比較をしてみよう・まとめ

子供の保険には、「学資保険」、「医療保険」、「傷害保険」がある。
学資保険のメリットは、貯蓄型を選ぶことで実際の支払い総額よりも多い満期金を受け取ることが出来るところ。
医療保険のメリットは、上手に使うことで家計の負担を軽減させることが可能となるところ。
傷害保険のメリットは、統計的に見ても頻度の高い「通院」についても給付金の対象とされているところ。

子供保険の種類とランキング – 結局どれがいいの?

子供のための保険の種類

子供のための保険としてメジャーなのが「学資保険」、「医療保険」、「損害保険」です。このうち、学資保険はその名の通り、こどもの教育資金に備えることを主目的とした保険です。

子供の教育資金はかなりの額になります。学資保険は加入の時期が早ければ早いほど、月々の掛け金が安く済むようになっていますのでこつこつと長期間にわたる積み立て・貯蓄を考えている方には学資保険は安心できる保険でしょう。

医療保険は、子供の予期せぬ病気による通院や入院にかかる費用の負担を減らすことを目的とした保険です。一般的には保険料はそれほど高額ではない場合が多いです。

損害保険は、怪我の場合に補償を受けることを目的とした保険で、この保険は損害保険の一部に該当します。怪我に特化した保険ですので医療保険に比べると保険料は低く設定されている場合が多いです。

子供のための保険・学資保険

子供のための保険として第一に挙げられるのが学資保険です。最近では非常に多くの会社がこの学資保険を取り扱っています。内容も、貯蓄型と保障型に分かれています。

まず、貯蓄型の学資保険ですが、これはその名の通り貯蓄性に重点を置いているものです。返戻率(満期時に掛け金が戻ってくる割合)が高く、元本も保証されていることがメリットです。保険会社は顧客からの掛け金を様々な方法で運用し、利益を生み出しています。

一方、保障型の学資保険の特徴は、元本割れはするが医療保障や災害保障などの特典をつけることが出来るところでしょう。将来的に子どもの医療保険への加入を予定しているのであれば、この保障型も検討の余地があるといえます。医療保険に入っていれば、通院からでも補償が受けられ、入院中の費用負担を減らすことが可能です。

子供のための保険・医療保険

学資保険でも触れましたが、子供のための保険で加入をしている人が多いのが、医療保険です。この保険の特徴は0歳児から加入が出来、保険料自体も手ごろな金額に設定されているところです。

多くの保険会社の中では医療保険の中でキッズタイプなどと呼ばれているのがこの子供の医療保険です。

ただし、地方自治体の中では義務教育中の期間は自治体独自の医療証を発行するなどして医療費の自己負担を不要とする特別措置を採用しているところも多くあります。ですので、もし子供が近い将来入院を伴うような病気にかかることを心配するのであれば、入院費用の補償を受けることが出来る子供の医療保険への加入は必要かもしれません。

一方、それほど健康に心配がないと考えるのであれば必ずしも子供の医療保険へ加入する必要はないかもしれません。

子供のための保険・傷害保険

傷害保険は、損害保険の一つで、子供の怪我や事故などでの補償を目的としています。子供が骨折してしまい、通院するにもタクシーを利用する場合や、怪我で入院してしまい、親が付き添う場合などは家事の負担が増大することが考えられます。
このような時のために、傷害保険に入っておくのはおすすめかもしれません。

ただし、医療保険のところでも触れましたが、自治体による小児医療費助成制度などにより、医療費自体の自己負担がなかったりしますので、あくまでのそれぞれの自治体が提供している医療費の助成制度やその額について事前に調べておくことが大切です。

また、傷害保険では通院でも給付金を受け取ることが出来るものも多いです。実際に、入院するほどの怪我はごくまれかもしれませんが、通院するような怪我は意外と頻繁に起こることもありますので、上手に傷害保険を利用することで家計の負担を減らすことが出来るかもしれません。

こどもの保険ランキング

学資保険・こども保険で人気の高いものをご紹介します。
月額保険料は30歳加入時で算出しています。

ソニー生命
保険名称:学資保険(無配当)Ⅲ型
保険タイプ:貯蓄型
保険期間(保険料の払い込み期間):こどもが18歳になるまで
保障額: 300万円
月額保険料:12,558円
返戻率:110.3%
子供の加入年齢:0歳~8歳

日本生命
保険名称:ニッセイ学資保険(祝い金なし)
保険タイプ:貯蓄型
保険期間(保険料の払い込み期間):こどもが18歳になるまで
保障額: 300万円
月額保険料:12,620円
返戻率:110.0%
子供の加入年齢:0歳~6歳

明治安田生命
保険名称:つみたて学資
保険タイプ:貯蓄型
保険期間(保険料の払い込み期間):こどもが18歳になるまで
保障額: 200万円
月額保険料:9,867円
返戻率:112.60%
子供の加入年齢:0歳~6歳

子供保険の種類とランキング・まとめ

子供のための保険には「学資保険」、「医療保険」、「傷害保険」がある。
学資保険は教育資金を積み立てることを目的としていて、貯蓄型と医療型がある。

医療保険は病気等による通院や入院の補償を受けることを目的としている。
傷害保険は怪我などによる通院や入院の補償を目的としていて、医療保険よりも保険料は低い場合が多い。

「カシコク加入する」人気の子供保険、その考え方は?

子供保険って本当に必要なの? 人気の商品もあるようだけど加入した方がお得? 子供の将来の学費のことも考えなくてはならないし… 。もう少し経つといろいろお金がかかってくることになるかもしれません。さらに、子供保険に加入した方が有利であるのにそれをしていないもったいないケースも多くあります。

 保険には様々な種類の商品があります。ここでお勧めする種類の保険は、 「貯蓄性の高い保険」です。支払った金額より多く戻ってくるお得な保険もあり、利用しない手はありません。貯蓄としての効果は抜群です。シンプルに口座預金して貯蓄するほうが簡単ではありますが、 「それなら契約しないと損なのに」という方も。

 子供保険は、 「必要ない派」の方もいます。その理由の多くに挙げられるのは、未成年は子育て支援制度などの社会福祉が充実いるから、というもの。しかし、本当にそうでしょうか? 自治体によって地域格差があるというのが現実で、手放しで安心とはいえそうにありません。

 必ずしも子供保険が必要な方ばかりではないでしょう。しかし、人気の子供保険。その理由があります。子供保険に加入した方が良いケースでは、しっかり加入できるようにしておきましょう。

【学費貯金は子供保険を使った方が得! 】

 必ずいつかはかかってくる子供の学費。あなたの家庭ではどのような計画をしているでしょうか? 基本的に、子供の学費を貯めるならば子供保険の利用は非常に有利です。 「返戻金」という言葉をご存知でしょうか。貯蓄性の高い商品であれば、定められた期間保険金を払い続けた場合、元本より多い額が「返戻金」として戻ってくるのです!

「他の貯蓄手段より利回りが得」
 この、定期的に支払いをしていくとお金が増えるというのは、口座預金で言うところの利息に似ていますね。しかし.口座預金であっても利息というものはありますが、本当にごくわずかなものです。それに対し、子供保険を定期的に積み立て解約した場合、元本を大きく上回る返戻金を受け取れる商品もあります(積み立てた期間にもよります) 。これが子供保険が人気である大きな理由の1つでしょう。

おすすめは、この返戻金に注目して子供保険に加入すること。返戻金が多くもらえる保険を優先的に注目していくのです。ここで、 「返戻率」に注目しましょう。 「返戻率」とは「支払った金額に対して、何%返戻金があるか」と言う数字です。つまり、 100%ならばちょうど元本が戻ってくるということになります。

 子供保険の中には、この「返戻率」が110%になるものもあります。このような貯蓄性の高い商品を利用すれば、銀行預金をするよりもはるかに良い選択であることがわかりますね。もちろん、すぐにお金を引き出すことができないという点で、流動性は銀行預金よりも劣るものの、そこはケースバイケースですのですぐお金を下ろす必要の無い方もいるでしょう。銀行預金で貯蓄をし、子供の学費を貯めるつもりの方は考慮の余地があるのではないでしょうか?

 では、国債などとの比較はどうでしょうか? 国債ならば安全を確保した上で子供保険よりも高い利回りを得られるのではないかと、そうお考えでしょうか? 実は、国債よりも貯蓄性の高い子供保険の方が有利です。国債も、 現在の利回りでは「銀行預金に毛が生えた程度」なので遠く及びません。

 また、株式投資やFX 、投資信託などの元本が保証されていない金融商品をお子様の学費のための資産づくりに使うのは全くおすすめできません。利回り重視で選ぶと元本が保証されない商品に行き着いてしまうのですが、 「万が一」という事を考えましょう。大切なお子様の将来です。これらの商品は、 「子供の学費が確保された上で購入する金融商品」です。 「子供の学費の貯蓄のために購入する金融商品」ではありません。

 結局のところ、しっかりと安全性を確保しておかなくてはならないという前提かつ、なるべく良い利回りで貯蓄するのであれば子供保険は優良かつ有力な選択肢になりうるということです。

【子供は福祉が充実しているから、保険は必要ない? 】

 では、未成年は社会福祉に守られているため子供保険は必要ないという意見はどうでしょうか? 基本的には間違いです。例えば東京23区では、優れた手厚い助成として有名です。 15歳までの通院費用と入院費用が無料などとなっており、子供や親御さんにとって良い環境です。

 しかし、ここで推奨しているのは「貯蓄、資産形成としての子供保険への加入」であり、 「手厚い保険のための子供保険への加入」ではありません。後者のような、手厚い保障のための子供保険は貯蓄に向いていないことが多いのでおすすめしません。保障内容が手厚い保険は返戻金も少なく、上記のようなコンセプトで加入する保険ではないといえます。

 (東京23区を例に出しましたが、あなたお住まいの地域とは内容が異なるでしょう。医療費の助成内容によっては返戻率を優先せず手厚い保障内容の保険に加入したほうが良いこともあるのでよくチェックしましょう。 )
 

【まとめ】

  銀行預金で子供の学費を貯蓄するのであれば、間違いなく子供保険を利用した方がよいでしょう。その時は、返戻金を重視して選択することをお勧めします。何も考えずに銀行預金に貯蓄するのでは、お得感は全くありません。子供保険に積み立てていった結果より多くの返戻金を受け取った日には、子供保険に加入していてよかったと思えるのではないでしょうか。