保険 見直し

結婚で保険を見直し、家族保障の充実を

結婚で保険を見直す必要性

 結婚を機会に保険を見直す必要性はわかっていても、どこをどう見直せば良いのか、わからない方も多いのではないでしょうか。結婚はそれまでの個人から、1つの家族を作る行為であり、保険も家族単位で考える必要があるのです。
 従って、今後は家族が生活していく上で想定されるリスクを、保険でカバーするという考え方が必要になってきます。

結婚前に既に保険に入っているという方も多いと思いますが、従前の保険は基本的に個人のリスクをカバーするものであり、家族単位で保険を考えた場合は、保険を組み替える必要性が出てきます。

 今回は、家族単位で保険を考える上で必須となる、マイホーム購入の有無、家族単位での医療保険、万が一のための収入保障保険について解説していきます。

マイホームを購入した場合

 マイホームを購入した場合、ほとんどの方は住宅ローンを利用されると思います。そして住宅ローンでは、ほとんどの商品が団体信用生命保険(以下、団信)に加入することが必須となっています。

 団信とは、住宅ローンの借入者が死亡や高度障害になった時に、住宅ローンの残高を免除してくれるもので、銀行側の債権保全策であると同時に、借入者が生活を維持出来るようにするための制度です。

 ただ、この制度に加入しているということは、借入者に万が一のことがあった場合、住宅ローンの残高が免除され、自宅だけ残るという状態になります。

 今後の生活の事がありますが、自宅という資産が手に入るため、団信に加入していれば、死亡保険はそれほどかけなくても良いことがわかります。

賃貸マンションで生活する場合

 対照的なのが、賃貸マンションなどで生活する場合です。結婚当初は、この事例の方が多いかもしれません。この場合、世帯主が死亡や高度障害になっても、何の保障もありません。マイホームの事例のように、自宅が残る訳でもないので、死亡保険はしっかり掛けておく必要があります。

 最近は、死亡保険の保険料が従前より割安になる、インターネットに特化した通販型の死亡保険もあり、死亡保険に入りやすくなっています。

 夫婦共働きであっても、子育ての大変さや保育園の問題から、職場復帰を断念する事例も多いため、世帯主の死亡保険金額は一定の金額を確保するようにして下さい。

 その後、マイホームを購入された場合は、先ほどの解説のように団信に加入し、死亡保険金額を減らすなどの見直しが有効です。

医療保険も家族単位に見直し

 医療保険も、家族単位に見直す必要が出てきます。医療保険でも、死亡した場合は一定の金額が支払われます。これは葬儀費用程度の金額ですが、多額の医療費がかかっていた場合は、ありがたい給付と言えるでしょう。そして、この受取人を当然ながら、お互いの配偶者にしておく必要があります。

 最近の医療保険は、個人単位で掛け捨ての安い保険タイプが人気ですが、昔と比べて保障が充実しているので、死亡保険を見直すときに同時に見直すことをお勧めします。

 また、大企業の健康保険組合は給付が非常に手厚いので、入院日額をそれほど高く設定しなくても良いかも知れませんが、国民健康保険に入る場合は、高額療養費制度などしか使えず、入院日額は高めに設定しておいた方が良いでしょう。

入っておきたい収入保障保険

 日本の終身雇用制度が崩壊して以降、需要があるのが収入保障保険です。これは被保険者が病気などで働けなくなった時に、一定期間年金方式で保険金が受給できる保険です。最近は、住宅ローンに付加する8大疾病保障などもあり、これは基本的に住宅ローンの返済を猶予してくれるものです。(住宅ローンの8大疾病保障も付保率がふえています)

 病気というのは、本当にいつ発症するかわからず、それが世帯主だった場合、医療保険だけでは入院費用などは賄えません。そこで、収入保障保険に加入していれば、必要最低限の金額が年金形式で受け取れるため、生活費を捻出することが出来ます。病気にはならないのが1番ですが、困ったときに頼りになる収入保障保険は、検討に値する保険です。

家族単位に保険を組み替え保障の充実を

 以上、結婚を機会に見直して欲しい保険を、具体例を交えながらご紹介してきました。個人単位から家族単位に考え直すだけで、様々な変更の必要性がご理解頂けたのではないでしょうか。保険で安心を手に入れ、幸せな家族を築いて頂けたらと思います。

【財布に穴がありませんか?】読んだら見直さずにはいられなくなる生命保険のヒミツ

生命保険の見直しは保障される金額と○○のギャップを考えることから始める

「生命保険の見直し」は「生命保険にかけているコストと保障すべき内容のギャップの見直し」の略です。
大きな節約効果を得られる可能性があるので、検討する価値があります。

生命保険のコストは毎月っているお金ですが、保障すべき内容は明らかではありません。
コストと保障すべき内容のギャップを見直すには、保障すべき内容もお金で見積もる必要があります。

保障すべき内容も明らかでは?という声があるかもしれません。
しかし、そうではないのです。

ポイントは、保障される内容と保障すべき内容は意味が違うという点にあります。

生命保険の保障内容とは、死亡時に受け取る保険金です。
一方、生命保険で保障すべき内容とは、死亡時に受け取る必要のあるお金です。

生命保険金として3000万円得られるのかもしれないけど、本当にそんなに必要なの?
このような疑問が、生命保険の見直しの出発点となります。

生命保険で保障すべき金額のことを「必要保障額」と呼びます。
生命保険の見直しとは、つまるところ必要保障額の見極めです。

生命保険の必要保障額について特徴を見ていきます。

生命保険の必要保障額とは?

どんな保険商品も、○○があったら保険金が支払われるという仕組みは共通です。
生命保険の「○○があったら」の部分は、「対象者が亡くなったら」です。
(対象者のことを専門用語では被保険者といいます。)

生命保険金が保障するものは何でしょうか?
それは、遺族の生活です。
(被保険者が亡くなる前は正確には遺族ではありませんが、以下の説明では遺族となる方を「遺族」と表記しています)

生活の収入源の稼ぎ手が亡くなると、収入源もなくなり収入減です。
その収入源に頼って生活していた遺族の生活を守るために必要なのが生命保険金なのです。
(実は、生命保険に加入しなくても全くゼロになるわけではないのです
が)

この時点で、もしかしたら、自分が生命保険に入っている意味ってあるのだろうか?と感じた方がいらっしゃるかもしれません。
自分が死亡したときに保険金を必要とする人がいなければ、生命保険は不要で、保険料全額分が見直しの対象となります。

少し話がそれましたが、必要保障額は遺族の生活費から考えることになります。
必要保障額=遺族の生活費ではありません。
遺族自身の収入や貯蓄を差し引いていないからです。

また、生命保険の加入時に、営業の人が教えてくれるかは不明ですが、必要保障額は年々変化します。
例えば、加入から時を経て、遺族だけで自立できる状況になっているなら、必要保障額は減少しています。

ここまでの話をいったん整理します。

生命保険の見直しとは、保障額と必要保障額のギャップを見直すこと
必要保障額とは、遺族が自力で賄えない生活費のこと(不足分を保険金で補う)

見直すポイントは、2つのカテゴリにわけることができます。

時間の経過によるポイント
常に存在するポイント

以下、生命保険の見直しの具体的なポイントについて、この順に見ていきたいと思います。

時間の経過による生命保険の見直しポイント

生命保険の必要保障額は、グラフにすると山なりのカーブを描きます。
子どもが自立するまでにかかる生活費の残額と同じような動きになると考えてください。
つまり、子どもにお金がかからなくなってきた時期が、見直しのタイミングのひとつです。

子どもが独立すれば、親としては万が一のことがあっても、自分でがんばって生活してくれといえるようになるということです。

時間の経過とともに生命保険を見直すポイントの発想は、どれもこれと同じです。
「自分に万が一のことがあっても、○○の生活は大丈夫」
といえるかどうかを考えましょう。

例えば「貯金がこれだけある」「収入源が別にこれだけある」という状況で、遺される人が生活していくのに足りるかを考えます。

なお、生命保険の見直しは遺族の生活費がポイントと書いてきましたが、生活費を把握できていないと見直しようがありません。
本記事で具体的な金額について触れていないのは、このことによります。
つまり、家庭状況によって異なるということです。

もし、家計簿がなく、生活費が把握できていないという場合は、生命保険の見直しを機につけてみてはいかがでしょうか。

常に存在する生命保険の見直しポイント

時間の経過による生命保険の見直しポイントは、どちらかというと相対的なものです。
というのは、遺族の生活費が絶対的にいくらと決められないのと、余裕を見る必要があり割り切ることができないからです。

明らかに、保障額が見積もった生活費の上限を上回ったのでないと、保障額を減らしたり、解約に踏み切ったりしにくいです。
もちろん、明らかに見直しの条件を満たすことも十分あるので、時間の経過によるポイントが無意味だということではありません。

この点、常に存在する生命保険の見直しポイントは、文字通り常にある絶対的なポイントです。
保険加入時の盲点なのです。

ポイント特約と公的保険の2つにあります。

ひとつめの特約について説明します。
ここまで説明してきたように、生命保険は遺族の生活費保障のための保険ですから、遺族の生活費を保障する以外の保障内容は特約です。

ちなみに、保険料が掛捨タイプと貯蓄タイプの商品がありますが、「貯蓄」という機能も特約のようなものです。

死亡以外のリスクを生命保険の特約でフォローすると高くつきます。
生命保険の保険料はあくまで死亡時の支払いに備えて運用されるべきものです。
しかし、そこに医療や貯蓄等の保障分まで含めて運用するとなると、保険料を多めに集めざるを得ません。

詳しい仕組みは割愛しますが、特約は割高なので、できれば外した方がよいです。
その特約が保障している内容を別にフォローすることができないか考えてみましょう。

2つめは、一番見落としがちなポイントです。
社会保障です。

実は、死亡保障をしてくれるのは、保険会社だけではありません。
国が保障してくれます。

遺族年金という制度をご存知でしょうか。
これは当事者にならないと生命保険との関係がつかみにくいですが、被保険者が死亡すると国が遺族に年金を支払ってくれるのです。

会社員が給与から天引きされているお金の一つに「厚生年金保険料」があります。
給与明細を確認してみてください。
この保険料の2倍分、国に保険料を納めているのです(雇用主が自己負担分と同額を負担してくれています)。

そして、その保険料額を月々の生命保険料と比べてみてください。
ここでは、国の遺族に対する保障もなかなか手厚いのかも?と感じていただければ結構です。

さて、保険の営業マンは商品説明の際、社会保障のことを説明してくれたでしょうか?
もちろん、保険の営業マンに制度のことを説明しなければならない義務も理由はありません。

しかし、社会保障の話を抜きに生命保険の保障額を打ち合わせしたとしたら、国が保障してくれる分とそれに対して支払っている保険料が“過払い”額となっている可能性が高いです。

もしかしたら、生命保険では保険料を払いすぎていない方が珍しいのかもしれません。

最後に、これまでの説明からギャップを見つけることができた場合における注意点に触れておきます。

ギャップを埋めるにもコストがかかる?

生命保険の保障額と必要保障額にギャップが見つかれば、すぐに保険料を減らして、ギャップを埋めることができるか?というと、そうは問屋が卸さないのが実情です。

問屋とは保険会社のことです。
契約というのは、強制力のある約束のことですから、その内容をタダで変えられるのなら、帰られる方からしたら役割を果たさないのです。

契約期間中の変更であれば、何らかの違約金があります。
そのコストも含めてプラスになる見直しとなっているか検証しましょう。

見直しは早ければ早い方がベター

保険のことを真剣に考えるタイミングは、加入時か、家計の負担が目に見えてきた時くらいではないでしょうか。
無形サービスであるがゆえに何のために支払うお金なのか実感がわきにくい割に、払わなければいけないものだと自分を説得しがちな不思議な力があります。

もしギャップがあるまま生命保険料を支払い続ければ、ムダ銭の垂れ流しです。
ぜひこれを機に、生命保険を見直してはいかがでしょうか。

【とにかく全部無料!】プロに相談して生命保険を見直し!

今、注目の無料保険相談

『生命保険』というと、しつこい保険営業マンに強引に契約させられるイメージがあり、また契約したら見直すことなくずっと放置される傾向があるのではないでしょうか。

しかし、ここ最近で生命保険を選ぶ方法、見直しの方法は大きく変わってきています。『無料保険相談サービス』というものが登場し、徐々に知名度を上げているのです。

無料保険相談サービスは 、生命保険の新規加入でも見直しでも、生命保険に関する相談が無料できるというもの。しかし相談相手は保険メーカーの営業ではなく、複数社の保険商品を扱ことができるファイナンシャル・プランナー(以下、FP)さんです。

今までのような1社の保険に加入するかどうかを相談するのではありません。いくつかの保険会社の保険商品を、相談者の状況に合わせて中立な立場で判断してくれるという今までにない画期的なサービスなのです。

相談してくれるFPさんてどんな人?

相談相手となるFPさんは『ファイナンシャル・プランニング技能士』の資格を保有したお金のプロ。お金のこと全般に関して知識があるのですが、とりわけ保険に得意な人というイメージです。

保険会社の営業マンは自社の商品しか売ることができないのに対し、FPさんは複数社の保険商品を同時に公平な目で比較することができます。本当にその保険に加入の必要性があるか、既に加入していれば見直してメリットがあるかどうか判断してくれるのです。

またその相談経験から、生命保険から連動してくる年末調整など税金のことにも精通しています。住宅ローンアドバイザーの資格も同時に保有し、不動産購入と同時に保険の見直しまで相談にのっているFPさんもいます。

保険だけではなく身近な家計のことでも相談にのってくれるので、お金に関するいちばんの拠り所になってくれるのです。

無料保険相談て、何をしてくれるの?

FPさんとの相談では、いきなり具体的な保険商品の良し悪しを判断するということはしません。

まず最初は保険の種類やその特徴を詳しく教えてくれます。正しい知識がないと先入観だけで判断してしまうことになり、それでは相談した意味がなくなってしまいます。FPさん、相談者が互いに通じ合えるよう保険の基本的な仕組みを理解しておく必要があるのです。

その後、家族構成や年収、今後のライフプランのヒアリングを行い、保険商品の選定準備に入ります。既に保険に加入していてる人は、保険証券を持っていくことで確実にFPさんに内容を伝えることができ、より良い保険へ見直すことができる可能性が高まります。

2回目の相談でFPさんから具体的な保険商品の提案があり、そこから加入・見直しの判断をしていくことになります。保険の契約は書類準備や審査など何かと面倒ですが、FPさんは契約が完了するまで丁寧にサポートしてくれます。

相談の以後も続くFPさんとの関係

FPさんとの関係は保険の見直しをして終了ではありません。

契約後に手術などをして給付金を請求する際にも、FPさんは大いに力になってくれます。

手術給付金の請求は病院から診断書をもらえば誰でもできるというものではありません。

FPさんは診断書の内容から、給付金が支給されるか否かを把握しています。特に後遺症などがあった場合、内容によって数百万円の給付金がもらえるかどうかということにかかわってきます。FPさん自ら直接担当の医師に会って、給付金が支給されるよう診断書の記載内容について掛け合ってくれることもあります。

FPさんは生命保険に加入するまでではなく、給付金・保険金がもらえる際も無料でずっとサポートしてくれるのです。

でも、なぜ無料で相談できるの?

では、FPさんはなぜそこまで無料でしてくれるカラクリは一体何なのでしょうか。

答えは単純、FPさんもしっかり保険会社からお金をもらっているということです。最初に保険加入・見直しの相談した時点ではFPさんの収入はもちろんゼロです。しかし契約さえしてもらえればその後何年にもわたって、相談者が保険会社に支払った保険料の一部がFPさんにバックされます。

FPさんへどれだけ還元されるかは保険会社や保険商品によって、またFPさんが所属する保険代理店の規模やFPさんの営業成績によって評価されているようです。

契約した商品がすぐに解約されてしまうと、そのFPさんの保険会社に対する印象が悪くなります。だからFPさんは無理に加入させるような強引な勧誘はしないんですね。

FPさんと相談するには、無料保険相談の会社を通じて紹介してもらう流れになります。相談の予約をする際に、日時や場所の希望を出せば、それに合わせてFPさんを紹介してもらうことができます。

保険の見直しをするなら無料保険相談

生命保険の無料相談に関して紹介してきましたが、メリットしかないのではないでしょうか。

「現状の生命保険を見直す余地があるのかちょっと見てもらいたい」という程度の軽い気持ちで相談してみてはいかがでしょうか。

相談しよう!保険見直しをするメリットを大紹介!

保険の見直しをすればお得に契約できる

保険の見直しをすることによってお得なプランで契約できるようになることが利点です。保険の内容も時間が経てば料金や契約内容などで色々と変わってきますが、見直しをすることで最善の内容で契約できるようになるのです。特にこれはカーローンなどの月の保険料が高い保険を見直す際には大きなメリットとなるでしょう。

金利の見直しもできる

保険見直しをすることによって、金利の見直しもできることも利点でしょう。特に変動金利の保険を活用している人にとって、保険見直しをするメリットは大きいものです。最初に保険を契約した際には変動金利がお得に見えても、数年経てば固定金利がお得になっていることは良くあります。だからこそ、定期的に保険見直しをしておくことが大事になってくるのです。

保険に詳しくなれるメリットも

また、保険見直しをすれば最新の保険事情にも詳しくなります。保険のことは契約する際だけ気にかける人が多いですが、それだけに保険見直しをして保険に関する知識を新しくしておくことが大事なのです。保険見直しをすることは一種の保険の勉強だと考えても良いでしょう。保険見直しは基本的にお金がかかりませんから、気楽な気持ちで保険見直しにいってみてください。また、保険見直しに一度行けば習慣化しますから、更に保険について詳しくなれるでしょう。

保険見直しをすることで保険を減らしていける

保険見直しをした多くの人が、保険を少なくしています。それだけ多くの人が過剰に保険をかけている現状があるのです。そのため、保険を減らしていきたいといった場合にも保険見直しをしていくことは大事でしょう。

保険見直しの頻度

一体保険の見直しはどれくらいの頻度で行っていけば良いのでしょうか。これは人によって様々ですが、通常は最初の保険を契約してから10年後を契機にして保険見直しをするのが良いとされています。10年も経てば情勢も変わり、より有利な金利で契約できるといったこともその理由です。また、人生の結節を機会にして保険見直しの相談をしてみるのも良いでしょう。

例えば、子供が学校に入学した、子供が生まれた、家を購入した、といったように大きなライフイベントに合わせて保険見直しをしておくこともおすすめです。

ネットでできる保険見直し

保険の見直しの相談はネットでもしてもらえます。ネットですれば手軽ですし、その場で直ぐに契約することができるのも利点でしょう。基本的にネットでも保険代理店でも無料で保険見直しはできますから、気に入った方を利用してみましょう。

とはいえ、ネットでできる保険見直しは個人情報の点で怖い面もあります。保険見直しをしっかりしてもらうためにもなるべく家族の情報や契約している保険の情報など、色々な情報があればあるほど検討してもらいやすくなりますが、それだけ個人情報流出の危険性もあるのです。そのため、特に個人情報が漏れることが怖いのであれば、信頼の置ける保険代理店に相談した方がはるかに良いでしょう。

また、保険代理店とネットの保険見直しを併用することもおすすめです。両者を合わせて活用することで、より的確な見直し内容がつかめてきます。また、ネットで保険見直しをすれば見直しを勧められたからといって直ぐに契約しなくても良い利点もあります。これが保険代理店での相談だと、相談だけで店舗を後にするのは後ろめたい思いをする人が少なく無いでしょう。

保険見直しで注意しておきたいこと

保険見直しを勧められたら「どうして保険を変えないと行けないのか」といったことは必ず聞いておきましょう。理由が不明確なのに新しい保険を勧められたからといって変えてしまってはいけません。

保険の見直しはなるべく行ったことがないお店で

保険の見直しをスる際にはなるべくいつも使っている保険代理店は利用しないほうが良いでしょう。保険代理店の多くは顧客情報を管理していて、あなたがどのような保険を契約しているのかといったことも覚えています。特に、前に保険代理店自身が進めて契約してもらった保険を変えるように勧めるのは、保険代理店にとっては難しいものです。そのため、よりしっかりと見直しをしてもらうためにもそれまで行ったことのない保険代理店に行って相談してみることが大事なのです。新しい保険代理店に行けばそれまでは知らなかったような商品に触れる機会もあることもポイントです。

このように保険見直しについて紹介しましたが、保険見直しは家計の出費を抑える上で大変大事です。ちょっとの努力で月に数万年も節約できることもありますから、是非ともしておきたいものでしょう。

保険の見直しポイント伝授!月々の保険料を節約するために

「どこで保険を見直すの?」

 
保険の見直しは今や様々なところで行われています。今加入している保険会社も、新たな保険の勧誘とともに過去に契約した保険の見直しを勧めることもあるでしょう。ただ、これは同じ会社の人によるものなので客観的でないばかりか、より手数料の高いものへ勧誘される可能性があります。

 現在は銀行の窓口でも保険の見直しに力を入れています。「結婚した」「子供が生まれた」「住宅を購入した」というような話をすれば、すぐに保険の見直しを勧められるでしょう。銀行では数社の保険を取り扱っているため、ある程度比較することはできるでしょう。保険の契約書類や、保険証券を持参すればどのような保険契約となっているか、どこに問題点があるかなど無料で教えてくれるところも多いので、まず見直しの手始めに聞いてみるのもいいでしょう。

 そして最近CMなどでもおなじみなのが保険を多数取り扱う「保険の窓口」などの代理店です。銀行よりも豊富に商品の取り扱いがあるので、色々検討したい方にはぴったりではないでしょうか。

 ただし、銀行も代理店も保険会社からの手数料収入があるので、偏った提案をしてくる可能性があります。(メリットが少ない商品を勧めるなど)なので、ネットも含め色々な情報を入手して、自分で取捨選択する必要があります。

「どうやって保険を見直すの?」

保険見直しの際に考えるべき点は「保険の内容はどう変わるか(メリットがあるか)」「保険料はどう変わるのか(同じ保障内容で安くなるのか、保障を充実させて同じぐらいなのか、保障は充実するが保険料も高くなるのか、等)」です。

見直したところで内容に大差がなければ手間暇かけたのに時間の無駄になってしまいます。また保険料は重要ですね。保障を充実させて、いかに保険料を安くするか、というところを考えましょう。

「どのような保険を選べばいいの?」

さて、色々商品がある中で自分はどのような保険を選べばいいのでしょうか。生命保険にも医療保険にも言えることですが、まず「一生保険料が上がらない」ことは重要ではないかと思います。

従来の大手生命保険会社の終身保険などは、10年や15年ごとに保険料が高くなるものが多くなっています。そうすると、若くて保険料が安い時期に加入したとしても、子供の進学時期や退職後などの大変な時期に保険料が負担になってくる可能性があります。最近の保険は保険料が一生同じものも増えているので、そういったものを選びましょう。

そして、やはり「保障内容の充実」です。同じ保険料でも、内容は保険会社によって違うでしょう。医療保険であれば「入院一日目から給付金を支給」「先進医療特約がついている」「日数制限なし」「給付限度額が大きい」「掛け捨てではない」などは魅力があるでしょう。それぞれの保険には長所、短所があるはずなので、よく見比べてみましょう。

「保険の見直しのいい点、悪い点」

保険の見直しのいい点といえば、やはり現在加入している保険を改めて内容確認でき、また最新のより良い保険を検討できることでしょう。結果として見直ししなくても、中身の確認しておくことはいざというときにも役に立つのではないでしょうか。
悪い点は、時間と手間がかかることです。いくつも真剣に考えているとやはり労力は必要になりますね。また見直す際に解約や加入の手続きはかなり手間がかかります。ただし、それだけの価値がある作業であるといえるでしょう。

「保険の見直しに向いている人、向かない人」

 保険の見直しに向いている人は、比較検討するのが好きな人といえるでしょう。自分にメリットがあることについてはとことん追求するタイプの人です。
 一方で向かない人は難しいことはしたくない、今のままがいいという人でしょうか。ただしそういった人のために保険代理店がありますので、利用してみるのもいいでしょう。

「保険の見直しのリスクって?」

また、保険の見直しにおいて注意したいのは、現在加入中の保険を解約することになった場合、手数料を取られるなどのデメリットがないか、またもし解約して新しい商品に加入しようとした際に、病気で新たに保険に入れない、もしくは条件付きになってしまうということです。以前は健康だったので入れたけど、いまは病気(通院歴)があって入れなくなってしまった、ということになると無保険状態になりかねません。新しい商品に加入できたことを確認してから解約する必要があるでしょう。

「保険の見直しのまとめ」

 人生の節目に保険について見直しすることは、ご自身やご家族にとってとても大切なことだと思います。今一度現在加入の保険について見直してみませんか?