「ネット証券で初めての株取引」~資産運用を始めたい方へ~

スポンサーリンク

ネット証券について

ネット証券とは、口座開設から取引まで全ての操作をパソコンで行います。しかし全てネット上だけでやるものと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、中には支店を構えているネット証券もあります。
やはり、若い方ですと全てネット上で手続きを済ませることに抵抗がない方が多いですが、年配の方になるとやり方が分からなかったり,実際に自分で聞かないと不安という方もいらっしゃるので、そういう方には安心ですよね。
ネット証券は取引だけでなく、お金の入出金まで全てを自分で行うことが出来ます。通常の証券会社ですと、担当の営業マンに電話をして取引の注文を出したり出金の手続きをするのですが、ネット証券だとそれがなく時間も気にせず手軽に取引が出来るのです。

ネット証券のメリット

営業マンがつく証券会社と、ネット証券のメリットデメリットは何なのでしょうか?やはり、営業マンが担当してくれると証券のプロですので資産相談もしやすいですし、株の売り買いのアドバイスも的確にしてくれるということがメリットの一つです。その反面、取引手数料が高いという点がデメリットになります。
では、ネット証券はどうでしょう。デメリットとしては担当の営業マンがいないため自分で優良株を見極めて取引を行う必要があります。初めて株を始めたい方ですと、どこに投資したら良いか分からない!という方もいらっしゃるかもしれません。そのような方にはやはり担当マンがつく証券会社を選択するのもひとつです。
では、ネット証券のメリットは何でしょうか。それは取引手数料が格安!ということです。やはり、取引を頻繁に行う場合この取引手数料がバカにならない・・・と感じる方もいらっしゃいます。資産運用のために株取引を始めたのに、手数料を結構払っている・・・という結果になるのは避けたいですよね。その点ではやはりネット証券がかなりコスト削減になるのです。
また、ネット証券でも支店を構えているところもありますので、そちらを選ぶと手数料も安く資産相談もできるという一石二鳥な資産運用が出来ます。

取引の始め方

まずは、ネット証券で口座を開設します。書類に記入し、本人確認のコピーなど指定されたものを郵送するとすぐに開設できるので、忙しい方にはピッタリですね。
そして、開設が済んだら証券口座にお金を入金します。様々な銀行から入金可能ですので、コンビニからでもお金を入出金することが出来ます!
ここまで行うと、取引に必要な準備がすべて整ったことになります。
あとは、どこに投資するかを決める必要がありますよね。ネット証券では、様々な検索方法があります。会社名で検索する方法はもちろん、決算の回数や、株主優待で投資先を絞り込む事が出来たりもします。
最初の投資先としてはやはり、自身が応援したい!と思う会社を選ぶといいかもしれないですね。
株式投資の場合、会社の決算期に配当金を出す会社や、自社製品を株主優待としてくれる会社もあります。そこから会社を選んでいくのも一つの方法です。

取引の方法

取引もすべてネット上で行います。何株買っていくらで注文を出すのかというのもすべて自分で入力する必要があります。
「指値」と「成行」の二通りがあり、「この値段で絶対買いたい!」という場合は「指値」を選択。「とりあえずいくらでも良いからこの株欲しい!」という場合は「成行」を選択します。
株取引の場合、売りたい株数と買いたい株数がマッチしていないと注文が成立しませんので、どちらかに偏りがあるとなかなか取引が成立しないことがありますので注意が必要です。
ちょっと難しいかも!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、入力の桁さえきちんと確認して間違わなければ難しい事もないのです。
注文を出す際は必ず確認してくださいね!

操作の方法に躓いたとき

全てインターネット上ということは、分からないことがあっても誰にもきけないのでしょうか?不安がある方も多いと思います。
しかし、ネット証券ではコールセンターが非常に充実していますので操作の方法がちょっと分からないと思ったときや、証券会社が扱っている商品について聞いてみたいと思ったときに気軽に電話して相談することが出来ます。
また、先ほどもすこし触れましたが支店を構えている会社もありますので直接支店へ赴き資産運用について相談することも出来ますので心強いですね。
その他、投資家向けにセミナーを開催している会社も多いですし、ネット上で情報配信もされているのでそのようなツールを利用して株に関する知識を増やすことも出来ます!一度、試してみてはいかがでしょうか!

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*