まとまったお金を資産運用!100万円で資産運用を始めるには…

スポンサーリンク

100万円を一括資産運用術≪株式編≫

まずは、今ある100万円を一括で投資する場合をご紹介します。
一番初めに思い浮かべるのは、株投資ではないでしょうか?今現在大手企業の株を購入しようと思うと、100万円を超える会社も結構あります。
びっくりする方もいらっしゃるかもしれませんが、会社によって株価はもちろん違いますし、売買単位も違います。100株単位のところもあれば、1000株単位で購入しなければいけない会社もありますので、そうなると必然的に金額も上がってしまうのです。
そして、株には下落のリスク・倒産のリスクなどもありますので一括投資するのは不安だなぁと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、長期投資で株主優待や配当が欲しいと思う方や・応援したい会社があるというかたには良いかと思います。

100万円を一括資産運用術≪投資信託編≫

投資信託という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?
1つの商品を購入すると、プロの運用会社が自動的に運用をしてくれるというものです。初心者の方には始めやすい投資です。
こちらの場合は、購入方法は一括購入や、積み立て購入など選択が出来ますが、長期投資で運用したいという方にも人気の商品です。
投資信託の強みとしては、プロの方が厳選した会社や国にバランスよく投資してくれるため、自分で投資先を選ばなくていいと言うことです。もちろん、商品の種類は多岐にわたるのでそこは自身で選択をする必要がありますが、ある程度どのようなところに投資をしたいか考えていれば難しくはありません。
投資信託は、基本的に長期投資に向いている商品が多いですのでまとまったお金を入れる方も非常に多くいらっしゃいます。
そして、商品によっては分配金を支払う物もありますので、商品内容をよく確認するといいですね!

100万円を一括資産運用術≪債券編≫

3つ目は債券です。国債という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。国債も債券の一種です。その他、社債と言われるものがあり会社が発行する債券もあります。債券は株と投資信託の二つとは大きく違うところがあります。
株や投資信託は、自分が売りたい!解約したい!というときにすぐ取引が出来る物ですが、債券は違います。売り出されたときに「満期」と言われる期限が決まっていますので、その満期までは投資し続ける必要があります。
絶対に満期前に解約が出来ないわけではないのですが、元本が割れてしまう可能性もあるのでなるべくしない方が良いのです。
しかし、メリットとしては満期まで持っていれば発行元が指定した利息がついて返ってきますので、株や投資信託のように価格の下落を心配する必要がありません。

リスクとしては、発行した国や会社が破たんしてしまうということですが、格付けをきちんと確認して購入すればまず目減りすることはありません。
株・投資信託・債券でいえば、債券が一番リスクが少ないと言われています。
そして、債券は売買金額が基本的に100万単位で設定されていますので貯金代わりに活用している方が多いのも事実です。
銀行で定期預金に預けていても、満期になって返ってきたお金に利息はほとんど付いていませんよね。しかし、債券の場合は商品によりとても利回りが良いものもあり、お金を増やすのにもってこいなのです。
国債の場合、利息は非常に少ないですが、社債は会社ごとに設定されており利回りが良い会社も多くありますので、探してみるといいかもしれません。
国債の場合、利息が多い所は新興国が多く、満期になるまでも長いので注意が必要です。
債券の場合は、しばらく使用する予定がないお金を投資するのが良いですね!

その他の資産運用術

以上ご紹介した資産運用は、一つの商品に一括投資する方法でした。
しかし、100万円をいくつかに分割して投資する方法ももちろん選択肢の一つです。
債券の場合は難しいですが、株や投資信託であれば何十万ずつかに分けていろいろな所へ投資する事が可能です。
そちらの場合は一括投資よりもリスクは少なくなりますよね。
先ほどご紹介しましたが、株の場合は売買単位が決まっているので投資したい金額に合う会社を見つける必要がありますが、少ない金額から投資できる会社は沢山あります。また、ネット証券では単元未満株を取り扱っている会社もありますので、要チェックです。売買単位未満の注文が出来ますので、投資したい先がちょっと金額的に大きいな・・と思ったときでも取引が出来ます。
このように、投資の方法は多岐にわたりますので自身に合う商品や投資方法を見つけられると良いですね。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。