シカゴ日経先物って、どうやって有効に活用したらいいの?

スポンサーリンク

先物市場の意味

先物市場というのは、メジャーな市場には必ず上場されている商品になります。なぜ、そのような危険な取引、この危険な取引という意味は倍率、レバレッジの効いている証拠金取引という意味になりますが、を世界各地の取引所は上場させるのかは非常にかんたんな理由になります。それは流動性を担保するために上場させるのです。たとえば、皆さんの中にも株を売りたいとき、買いたいときに注文が成立をしない場合というのがあると思いますが、そのときなぜ、注文が成立をしないかといえばその理由は商いがない、つまり流動性がないからになるのです。つまり商いを増加させるために先物市場は存在するのです。先物には空売りがありますので必然的に売買は増えることになります。

資産運用の効率化

世界でのメジャーな市場になるために日本も戦後からずっと株式の先物取引を上場することにチャレンジをしてきましたが、それはアジアのメイン市場にするためなのです。現在ではその地位を上海や香港に奪われる状態になっていますが、上海、香港に先駆けて先物市場を導入した東京はかつてアジアナンバー1の市場になりました。流動性を確保するために先物市場を創設するのがその主目的なのですが、先物市場というのは不安定な株価に対する保険市場という考え方もあります。つまり、大きな金額を運用する機関投資家のリスク管理というのは結局、いかに、運用資産を減るのを防ぐのかが、殖やすことよりも大きな問題です。つまり先物には空売りができることによって運用の安定性や効率性を求めることができるのです。先物市場にはそういった資産運用の安定性、また証拠金取引によっての効率化の増大という意味があります。

グローバル化する世界

IT革命によって、日本株もどんどんグローバル化していっています。世界で活躍する日本企業もあり、預託証券によってアメリカで上場する日本企業も数多くあります。欧米が不景気の最中にあるときに日本だけが景気がいいこともありそのときには世界の投資家が日本株に投資を希望することは誰にでもわかるでしょう。そのときに、日本やシンガポールの商い設定時間に欧米人は起きていませんよね。必然的に欧米人にあった取引時間のある先物市場のニーズが高まりますし、またその需要に応える取引所があって当然になります。それがシカゴCMEによるシカゴ日経平均先物市場の登場になったわけです。

シカゴマーカンタイル取引所、CME

もともとシカゴという土地は商品相場がメインの取引になる土地になりますが、世界的な取引所の再編によってシカゴは商品相場の上場ではなく、オプションや先物の取引も活発になった地域になります。なぜ、シカゴが商品相場かといえば、五大湖付近が全米最大の穀物の生産地域になりシカゴがその集積地になったからです。しかし、アメリカの集積地西海岸に移行していき、南米の穀物生産の台頭によってシカゴの地位が脅かされたことによってシカゴに取引所は主に、金融派生商品、デリバティブの金融商品を上場させることになったのです。

欧米人の日経のヘッジの場としてのシカゴ

欧米人にとって、日本の株式の取引時間は自分たちが寝ている間にしか取引がなされないものでしたので自分たちがおきている時間に商いが行えるというメリットがありますし、取引所でも多くのニーズがありますので取組や出来高が増え両者にはとてもメリットのあることになります。欧米の投資家にとって当然、東京の日経平均はメイン市場になりますのでその動向を踏まえ、シカゴ先物で売買をしますのでこの両者の値動きはリンクすることは誰でもわかることですよね。つまり、シカゴがいくらで引けたかによって翌営業日の東京市場にも当然影響をします。つまりシカゴ市場の日経平均の動向は資金が豊富な欧米人の動向とも言えるわけですので、東京の寄り前にシカゴの状況はよく確認したいものですね。

シカゴ日経平均の利用方法

みなさんも日本株で資産を運用するからには暴落などの非常時に備えるのは当たり前の話になると思いますが、実際にその運用に非常時に際しての対応をしていない投資家が数多くいます。つまり株価が下がると生活の水準を下げ、内閣の支持率も下がるというのが日本の景気の景況感になるのです。しかし、現実に多くの資金を動かしているプロの運用家は、自動車事故の際に保険商品を上手に使ってその事故リスクを軽減するように、先物やオプション市場を使ってそのリスクを軽減しているのです。最初は非常に戸惑うと思いますが、やはり株価が下がると生活の質を落とすようなことよりはましになると思いますので導入する価値は多いにあると思います。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。