日経平均株価先物を効率的に使って稼ぐ方法

スポンサーリンク

日経平均株価先物の特徴、きちんと押さえる!

日経平均株価先物という銘柄の中に先物という文字が入っていることからわかるように、この取引は先物取引になります。この先物というと年配の方などは危ない取引というイメージがあると思いますが、それは先物や信用取引をあまりよくしらないから危ないと思われるのだと思います。その先物が危険な要因な一つとして、レバレッジが効いていることが挙げられ、そしてもうひとつ現物の株式であるなら出資した範囲の損金で収まるのですがこの先物取引は出資額以上の損金が出る可能性があることがあると思います。しかし、逆に儲かった場合にはそれ以上の益がでることになります。先物の特徴としては新規の売り、一般的には空売りができることも魅力的な点の一つになります。

先物の市場効果、先物市場はマーケットにはなくてはならないもの?!

先物市場というのは実は、現代のマーケットにはなくてはならないものになります。みなさんも最近、FX、つまり外国為替証拠金取引というものは聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、これも実は先物取引なのです。通常、先物取引や信用取引には期限があるのですが、FXは期限のない、これを金融法律ではロールオーバー方式といいますが、先物取引なのです。

FXは怖くなくて、日経平均株価先物取引は怖いなんておかしいですよね?ですから、それほど今の時代、先物はだんだんとその怖さが薄れているのです。もちろん、大蔵省から業務を引き継いだ金融庁が委託者保護を前面に打ち出しそういった先物によって全財産を失うような取引を業者にしないように徹底している側面は見逃せません。
そういった危険な取引を管理してまで行政がその存在を維持するのには、この先物という取引は市場には欠かせない流動性の確保に寄与しているからになります。

流動性とは、株式市場の特性としていつでも換金が保証されているという特徴があるのでしが、この流動性が枯渇すると商いが成立せず流動性が失われるのです。つまり、みなさんが株を買いたいとき、売りたいときにそれが成立しなければいつでも換金できるという市場には成りえないのです。
その流動性の補完に先物は寄与しているのです。

先物は実はファンドのためでもある?!

ファンドというと何それ?という方も多いと思いますので、日本語でいえば投資信託のことになります。投資信託は運用者に投資家が運用を任せて、その配当を受け取るのが投資信託、ファンドになります。
この日本の投資信託でも海外のファンドにしても同じことなのですが、その作戦の戦略上において必ず、取る戦略の中にロングショート作戦というものがあります。

ロングショートというのはこれは相場用語になり、ロングは相場で買いのこと、ショートは売りのこと、すなわち売り買いを同時に持つ作戦のことになります。

現代の投資信託やファンドはこのロングショート作戦を採用するのは当たり前のことですし、もし、あなたが投資信託の残高をお持ちの場合は必ずファンドはこの作戦を採用しています。

ロングショート作戦を採用することの意味

なぜファンドはロングショート作戦を採用するのかといえば、みなさんの大事な資産を保全するためにその作戦を採用をするのです。もし、あなたが現実にマーケットで株式を買い付けしている場合はその値段というのがいつ下がるのか?という恐怖心に苛まれていない人はいないと思います。これはウォーレンバッフェットでもジョージソロスでも持つなやみであってあなたが特別なものではないのです。

そのときに、一方の株を現物で買い、他方を先物や信用で売るというような形をとれば万が一の暴落をした場合はあなたの大事な資産は保全をされるのです。つまり投資信託やファンドの大事な顧客な財産を守るときに運用者としては自分のお金ではなく顧客のお金なのですからより万が一のときに備えその現物のポジションに対してヘッジで先物や信用で売るのです。

その総代金は、現物の代金は丸代金になりますが、売りのポジションに関してはレバレッジが効いていますのでその代金は買いの分よりは少額になるのです。ですから、どちらも丸代金のお金を徴収されると運用に幅がなくなりますので、その売りのポジションを軽くするためにレバレッジを効かせるのです。

先物取引のない市場は国際的な信用に欠ける?

日本も先物取引は戦後株式市場が復活してからはしばらくの間はその取引は存在ましせんでした。しかし、その結果、流動性が枯渇してその換金性に疑問を持たれたことが多々あります。そおで大蔵省が懸命にアメリカを説得して先物市場を復活させた経緯があります。

その結果、海外から東京証券取引所にその海外から大きな資金を呼び込むことに成功したという経緯があります。
海外からの資金は、私たちが日本以外の株式市場に投資をするのに不安を覚えるようにそのほとんどはプロの運用者に任せる投資信託が主流になります。

つまりファンドの資金が先物市場を使うことによって資産の保全や効率的な運用ができるので投機資金を海外から呼び込むのです。現在の東京証券取引所がこれだけの隆盛を誇っているのは先物取引の存在がなくては語れない存在なのです。

先物取引を使って効率的な資産運用をしよう

先物取引がよくわからない、そして、怖いと思っている方は上記の説明をみてどう思いましたでしょうか?資産運用のプロはこういった運用は、先物取引を上手に活用することによって自分の投資信託やファンドを運用しているのです。しかし、暴落という現象はプロが今ロールしているのではなく、コントロールできないと割り切り、いつきてもおかしくないように常に対処をしているのです。

ところが一般の投資家さんのなかでは、その運用は買いにばかり夢をみて万が一の暴落に関してはないように神様にお願いをしている人がほとんどという現状になります。
こういったプロの運用を真似てみるのはいかがでしょうか?

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。