nisaはイイことばかりじゃない?nisaのデメリットについて

スポンサーリンク

損益通算が出来ないこと

nisa口座を作る際、株や投資信託への投資がうまくいって利益が出た場合に税金がかからない分よりその利益を大きくすることが出来るという切り口でnisa口座を作るメリットが喧伝されています。

しかし、この主張には盲点があります。それが株や投資信託へ投資して損失が発生した場合の視点が抜けてしまっているということです。実はこのnisaという制度は損失が発生した場合には大きなデメリットが発生します。

その代表例が損益通算という制度を利用できなくなるというものです。この損益通算という制度はその名の通り、投資によって、プラスとマイナスが出ている場合にはそれを相殺することが出来るという制度になります。例えばA株で10万円の利益、B株で10万円の損失があった場合にはこれが相殺されて運用益は0円となり、税金を払う必要がありません。
しかし、このB株がnisa口座の投資対象だった場合には損益通算が出来ないため、A株の10万円に税金がかかってくることになります。

損失の繰り越しが出来ない

上記で説明した損失が発生した場合のデメリットについては損益通算に絡んでもう一つのデメリットがあります。それがnisa口座で発生した損失については株式投資などで損失が発生した場合にその損失を3年間繰り越すことが出来るという制度も利用することが出来ないということです。

普通の口座で投資を行って損失が出た場合にはその損失がその年の投資の利益と相殺しても残ってしまった場合には3年間にわたり繰り越すことが出来ます。
つまり、上記の例で行くと、A株で10万円の利益、B株で30万の損失だった場合、20万円の損失が残ってしまうので、その分を翌年に繰り越すことが出来ます。そして、翌年においてA株で10万円の利益が出た場合、繰り越している損失の20万のうち10万円を充てることで翌年の投資の利益も0とすることが出来ます。
この制度が使えないこともnisaのデメリットになります。

信用取引を行う場合の代用有価証券として使えない

投資の中には信用取引と呼ばれている取引形態があります。この信用取引というのはあらかじめ証券会社に担保のような形で資産を渡しておくことで、自分が手元に持っているお金以上の金額を使って投資を行うことが出来るというハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。代表的なものにはFX取引などで行われるレバレッジと呼ばれる取引があります。
さて、この信用取引についてですが、信用取引を行う際に証券会社に預ける資産としては株も通常は利用することができます。しかし、nisa口座を使って購入して保有している株についてはこのような担保として証券会社に預け入れる株として使うことはできません。
このような制限が存在することもnisa口座のデメリットになります。

nisa口座の振替時に発生する問題

nisa口座というのは5年間という制限があるものになります。そのため、購入した株や投資信託がその購入したときから5年間経過すると、nisaの対象ではなくなります。その結果、一般口座もしくは特定口座といわれる口座にその株や投資信託を移すことになります。
問題はこの一般口座もしくは特定口座に株や投資信託が移った時に、その移動した際の時価が取得価額として扱われることになることです。

例えば、50万円の株をnisaで購入して、その株を5年間保有し続けます。その後、その株が一般口座もしくは特定口座に移る際には30万円に値下がりしていたとします。そして、その後その株が50万円まで値上がりしたとすると、実はこの「50万円-30万円=20万円」の20万円については運用益として課税されることになります。
もともと50万で購入したものが50万に戻っただけなのに利益が出たとして課税されるというデメリットもnisaには存在しています。

nisaは対象となる銘柄が限られている

国民の資産形成を促進するために導入されたnisaの制度ですが、現在そのnisa口座を使って投資することが出来る対象は証券会社によっては制限されている場合があります。具体的にはnisa口座を使って投資出来る対象とされているのは「上場株式、上場REIT、上場ETF、上場新株予約券付き社債、公募株式投資信託、上場優先出資証券」といった株式になります。

上記のような株式であればほとんどの証券会社が取り扱っていますが、例えば海外に投資したいと思い海外ETFへの投資などを考えていた場合、証券会社によってはnisa口座を使って投資可能な対象に含まれていない可能性もあります。
このように投資先に対して制限が発生する可能性があるというのも、nisaのデメリットになっています。

nisaのデメリットまとめ

株式や投資信託へ投資して儲けが出た場合の節税メリットばかりが注目されるnisaですが、実際は損失が出た場合には現状の制度より損が大きくなる傾向があります。投資は儲かるだけでなく、損失が出る場合も十分考えられます。そのようなことも考えてnisa口座をつくるかを検討してみましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。