分配金がある方がお得?投資信託の分配金について

スポンサーリンク

投資信託の分配金って何?

さて、投資信託の分配金についてです。投資信託という商品について考えていくと、この投資信託という商品は投資家がお金を出資してそのお金をファンドに預け、ファンドマネージャーのような運用のプロフェッショナルに運用を任せるというものです。

そして、このファンドマネージャーが運用した結果、利益が出るとそれが出資した投資家にリターンとして返ってくるという金融商品になります。

そもそも投資信託という金融商品として売り出していますが、結局のところファンドマネージャーも投資家から集めたお金を株式や債券などに投資しています。そのため、株式を持っている会社からの配当金を受け取ったり、債券を持っている会社からの利息の支払を定期的に受けています。このような配当金や利息が投資信託の分配金の原資になっています。

分配金がある投資信託の特徴とは?

上記では投資信託の分配金について説明してきましたが、全ての投資信託に分配金があるというわけではありません。分配金が無い投資信託もあるので、そのような投資信託については後ほど触れていきます。

さて、分配がある投資信託についてですが、何といっても定期的な収入が入ってくるというのが大きな魅力になります。基本的には分配金というのは株の配当や債券の利息がそのベースとなっており、株価や為替の変動といったような要因の影響を受けることになります。そのため、分配金の金額はその時に応じて変化するのが通常です。

ただ、投資信託を販売するファンドは利回りという形で投資金額に対してどのくらいの金額が分配金として返ってくるのかを数値化しているところもあります。一般的にこの利回りが高い投資信託は人気になるという傾向があります。

分配金が無い投資信託の特徴とは?

さて、上記では分配金がある投資信託について触れてきました。これに対して分配金がない投資信託です。分配金が無い投資信託というのは投資家にとっては定期的にお金が入ってこないため、メリットが少ない投資信託のように思えるかもしれません。しかし、一概にメリットが少ないとは言い切れません。

分配金が無い投資信託でもファンドマネージャーは株式や債券といったような金融商品に集めたお金を投資しているのは同じです。そして、分配金がある投資信託と同様に配当や利息といった形でお金を受け取っているというのも同じになります。では、この受け取ったお金はどうなっているのでしょうか?

実は分配金が無い投資信託ではこの受け取ったお金を分配という形で投資家に配分しないことにより、投資信託の株価といってもいい基準価額が上昇します。結果として売却した際に売却益が大きく出ることになります。

分配しないと長期運用による複利効果が得られる

投資信託について説明した本などでは分配金を出さないことにより、複利効果が得られるため有利であると書いているものが多くみられます。これは一体どういう事なのでしょうか?

そもそも複利というのは金利などが付いた時にその金利を元本に組み込むことで、どんどん利息の金額を大きくしていくというものです。例えば100万円を投資して5パーセントの利子だったとすると、単利であれば、「1年目:100万円×5%=5万円」、「2年目:100万円×5%=5万円」、「3年目:100万円×5%=5万円」となります。これに対して複利であれば、「1年目:100万円×5%=5万円」、「2年目:105万円×5%=5.25万円」、「3年目:110.25万円×5%=5.5125万円」といった形でどんどん受け取る金額が大きくなっていきます。

投資信託はそもそも株式や債券といったものに投資されています。したがって、例えば債券などであれば、分配金を出さないことで、その分配されるはずだった金額がさらに債権を買い増すことに使われるようになり、結果的に上記の複利効果を得られることになります。

分配金はどうやって受けとるの?

投資信託の分配金を受け取る場合、その受取方法には2つの方法があり、それぞれの受取方法によって投資信託のタイプは変わってきます。それが「分配金受取型投資信託」と「分配金再投資型」になります。

分配金受取型投資信託は定期的に分配金が投資家に還元されるという仕組みになっている投資信託になります。成功している投資家の中にはこの月々の分配金の収入のみで生活しているという人も存在しています。

一方、分配金再投資型の投資信託は投資家に配分された分配金から税金などが差し引かれた上で自動的に残った分配金でさらにその投資信託が買い増されていくという商品になります。その時の基準価額でどんどん投資信託が買い増されていきます。

投資信託の分配金についてのまとめ

投資信託については分配金を出さずにその分配金を再投資に回すものの方が将来的には大きなリターンを得る事が出来る可能性が高いと言えます。しかし、分配金で定期的な収入を得たいというニーズもあるでしょう。上記を参考にそれぞれのメリットを考えて投資信託を選ぶようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。