日経225先物はギャンブル性が高い取引

スポンサーリンク

日経225先物とは?

さて、日経225先物についてです。そもそもこの日経225というのは何を指しているのでしょうか。この日経225というのは新聞や経済ニュースなどで目にしたり耳にしたりすることが多い「日経平均」のことを意味しています。

日経平均というのは東証一部に上場している企業の中からさらに厳選した企業の株価を平均したものになります。この際、厳選されて選ばれる企業の数が225社であるため、日経225という名前になっています。

さて、この日経225先物についてですが、どういった取引かというと日経平均株価指数を売買する取引になっています。そして、その日経平均株価指数の売買方法は普通に売買するのではなく、先物取引という形で売買することになっています。

日経225先物は先物取引

さて、この日経225先物についてですが、上記の文章で先物取引という取引形態になっているとお伝えしました。この先物取引というのは普通の株式売買とは違って、その時点で日経平均株価指数を購入するわけではありません。

例えば、1週間後の日経平均株価指数を12,000円で購入することにします。このように1週間後などの「先」の未来のものを購入するため、この取引は先物取引と言われています。

そして、実際に1週間後の日経平均が13,000円になっていた場合には1,000円分の得をすることになります。また、逆に11,000円になっていた場合には1,000円分の損をすることになります。このような取引の形を先物取引と呼ぶことになります。

日経225先物の特徴はレバレッジが効くこと

日経225先物には先物取引であることに加えてもう一つ大きな特徴があります。それがこの日経225先物という取引はレバレッジというものを効かせることが出来るということです。

このレバレッジというものはFX取引などにおいて非常に有名です。証券会社などに証拠金という担保を始めに預けることにより、自分が持っている資金の何倍もの大金を投資することが可能になるというものです。このレバレッジを使うことにより、お金の無い人でも大きな金額の取引を行うことが出来るようになり、莫大な利益を得る可能性が高くなります。ただ、逆もまたしかりでレバレッジを使うことにより、その後の人生で再起不能になるほどの損失を負ってしまうケースもあります。

日経225先物にはどんな種類があるの?

上記で説明してきた非常にギャンブル性の高い金融商品である日経225先物ですが、この日経225先物には2つの種類があります。それが、「日経225先物」と「日経225mini」というものになります。

日経225先物に関しては上記でも紹介したようにレバレッジを使って取引をするというものになります。この日経225先物の最低取引単位は日経平均の1,000倍からとなっています。したがって、日経平均が1万円だったとすると、1,000万円が最低の取引単位になってきます。1,000万円が取引単位になるので、1,000円日経平均が上がると100万円の得をし、1,000円日経平均が下がると100万円の損をすることになります。

しかし、日経225先物はこのように非常にハイリスク・ハイリターンのため、敬遠する人も多く存在します。そのような人のためにこの日経225先物のギャンブル性を抑えた「日経225mini」という商品もあります。これは日経225先物の取引が日経平均の1,000倍からとなっているのに対して、この取引単位を100倍に抑えたものになります。

日経225先物がおすすめの人は?

日経225先物がおすすめの人はハイリスク・ハイリターンという日経225先物の特徴を生かして大きく儲けたいと考えている人になります。

特に手持ちのお金が少ないながらも、金融商品に投資して、大きなお金を得たいという人にとっては日経225先物は非常に魅力的な商品になります。何しろ50万円程度の証拠金を証券会社などに預けることで1,000万円単位の取引を行うことが可能になります。これは1,000万円÷50万円=20倍となり、20倍のレバレッジを効かせることが出来るという意味になります。株の信用取引においても、レバレッジは3倍程度になっているので、そのレバレッジ効果の高さを伺い知ることが出来ます。
リスクを覚悟で投資して、大きなリターンを得たいという人にはうってつけの商品になります。

日経225先物についてのまとめ

この記事では金融商品の中でも屈指のギャンブル性を持つ日経225先物について紹介してきました。コツコツと資産を作るのではなく、一気にお金を増やしたいという人にはうってつけの商品になります。購入を検討してみるのも良いでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。