投資家は全員チェック必須!原油先物関係の指標

スポンサーリンク

原油先物って何?

先物取引という言葉があります。先物取引で有名なものには日経平均株価指数を利用する「日経225先物」という取引がよく知られています。この日経225先物については1か月後の将来などにこの日経平均株価指数と連動して動く日経225先物を、契約締結日当日の金額で購入することを約束します。そして、購入する1か月後に日経平均株価が上昇していれば、その上昇分の金額が儲けとして手に入るというものになります。

このような金融商品を対象とした先物取引は金融先物と呼ばれています。しかし、これに対して実際に存在する商品を対象にして行う先物取引も存在しています。このような取引で扱われる商品の例としては原油、大豆、小豆、トウモロコシ、コーヒー、天然ゴムなどさまざまなものがあります。このような先物取引は商品を対象とすることから商品先物と呼ばれています。

原油先物はどこで売ってるの?

金融先物の場合には東京証券取引所や東京金融取引所といった場所で扱われています。しかし、商品先物の場合にはこのような取引所では扱われていません。商品先物を扱っているのは東京穀物商品取引所、東京工業品取引所といった場所になります。しかし、原油先物取引の場合には国内の取引所では扱われておらず、アメリカの証券取引所で扱われることになります。

このような商品先物取引には最初に商品を売って、その後期日までに買い戻すという取引、そして最初に商品を買って、その後期日までに売るという取引の2つのパターンがあります。

最初の取引は買ってもない商品を売るという点が分かりにくいですが、結局のところ実際に品物が手元にないバーチャルな取引になるので、このような無いものを売るという取引が発生します。前者の取引では商品の値段が期日までに下がれば儲けになります。後者の場合には商品の値段が期日までに上がれば儲けになります。

原油先物取引における3つの原油指標

原油先物取引を行う際にチェックする必要があるのはウエスト・テキサス・インターミディエート、欧州産の北海ブレンド、中東産ドバイの3つの石油価格の指標になります。中でも最も重視されるのがウエスト・テキサス・インターミディエートになります。

このウエスト・テキサス・インターミディエートというのはアメリカのテキサスで産出される質のいい石油になります。このウエスト・テキサス・インターミディエートに関してはニューヨークマーカンタイル取引所という場所で取引が行われており、その取引量が非常に多いことが特徴になっています。したがって、このウエスト・テキサス・インターミディエートの値段をチェックすることが原油先物取引においては非常に大切になります。

また、原油先物取引を行う人だけではなく、投資を行う人はこのウエスト・テキサス・インターミディエートの指標をチェックしておくことをおすすめします。なぜなら、原油価格の状況によって、世界各国の株価は大きく変動する可能性があるためです。

原油先物のメリットは?

もともと上記のような先物取引というのは商品の価格を安定させたいという目的でスタートしました。商品が取れる前の時点で、購入の契約などを結んでもらうことで、その後に商品の値段が下がるような事柄が発生しても事前に契約した値段で購入してもらえるので、商品の値段が安定するというメリットがありました。

しかし、このような先物取引がいつの間にやら大きな儲けを狙う投資家の投資対象になりました。この原油先物のような商品先物においては、バーチャルな取引になり、実際にお金や商品を動かさないというのがポイントになります。この商品先物取引において売買しているのはあくまでも期日までにXX円という値段で「商品を売る権利」と「商品を買う権利」になります。したがって、「権利」を売買するだけなので、元手が無くても大きな投資をして大金を儲けることが出来るというのが先物取引の魅力になります。

原油先物取引を始めるためには?

上記のような説明を聞いて、原油先物取引を行ってみたいと思った人は原油先物取引を扱っている証券会社に口座を開設する必要性があります。このような原油先物取引を扱っている会社には岡地、タイコム証券、SBIフィーチャーズ、小林洋行、北辰物産、フジフューチャーズといった会社があります。

そして、口座を開設した後はこれらの証券会社に手数料を払って、その後の原油価格の変動を予想して、買う権利や売る権利の取引を行っていくことになります。なお、証券会社によって、取引手数料は異なってくるので、しっかりと口座をつくる前に比較検討するようにしましょう。

また、商品先物取引を始める際には取引証拠金のような預託金が必要になります。最低3万円程度の金額からスタートでき、預けた金額の15~40倍程度の金額を取引することが普通になります。

原油先物取引のまとめ

商品先物取引の中でも現代社会においてなくてはならない石油を扱う取引は非常に重視されており、投資家にも人気のある取引になっています。大きな儲けを狙う人はもとより、この原油先物取引の様々な指標は先物取引を行っていない投資家にとっても大切な情報になります。投資をする人であれば、原油関係の情報はしっかり押さえておきましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。