投資信託を始める前に、投資信託のリスクを知っておこう

スポンサーリンク

運用のプロに任せても絶対もうかるとは言えない投資の難しさ

投資信託という商品は投資家が1口1万円などの単位で投資信託という金融商品を購入することでファンドに資金を出資することになります。この広く投資家から集めた資金を運用するのがプロのファンドマネージャーのような運用のスペシャリストになります。

お金を出資することで資産運用自体はプロに任せる、そして運用のプロが優れた運用成績を上げてくれて、そのリターンを投資家は享受するというのがこの投資信託の仕組みになります。

投資についての深い知識を持っている運用のプロフェッショナルであるファンドマネージャーにお金を任せればほぼ確実にお金を増やしてくれそうな気もしますが、そう簡単に行かないところが投資という世界の難しさになります。

投資信託はローリスク商品

しかし、確実にお金を増やせる保証はないものの他の株式や債券といったような金融商品に個別で投資するよりは投資信託がリスクが低い商品であることは紛れもない事実です。

投資信託を購入することが個別の株式や債券を購入するよりもリスクが低いというのは、投資信託という商品はファンドマネージャーのような運用のプロが投資家から集めた資金を使って複数の銘柄に広く投資を行っているためです。結果として一つの銘柄に資金が集中してその銘柄と一蓮托生といった状態になっておらず、分散投資が実現出来ているので、リスクが低く抑えられています。

したがって、一つの個別銘柄に集中した時のような大きなリターンも考えにくいですが、その個別銘柄が暴落することによって一気に資金を失うといったようなリスクも考えづらい商品がこの投資信託になります。

投資信託に係るリスク

しかし、ローリスクな金融商品であることは確実でも、投資信託は貯金ではなく「投資」です。したがって、やはりそれ相応のリスクがあることは覚悟しておく必要があります。投資信託で損をする場合にはさまざまなリスクの影響を受けるケースが多くみられます。

例えば、金利変動リスクです。投資信託の中には債券を中心に資金を運用しているというものも多くみられます。このような債券型の投資信託は金利変動リスクの影響を強く受ける商品になります。具体的には市場の金利が上昇することにより、大きく投資信託の値段が下がる可能性があるということです。

また、為替変動リスクというものもあります。投資信託の中でも海外の株式や債券に投資を行っているものも多く存在し、このような海外型の投資信託は為替変動の影響を大きく受ける事になります。具体的には円高になることで、基準価額が下降することになります。

投資信託の落とし穴である元本保証

また、投資信託に投資する場合に押さえておかなければいけないのが元本保証についての考え方です。貯金であれば一定金額までであれば銀行などの金融機関が破たんしても政府がその貯金している金額を保証してくれることになっています。

しかし、投資信託についてはあくまでも投資型の金融商品になります。したがって、元本が保証されている訳ではありません。投資信託を運営しているファンドが良い運用成績を出せずに投資家から集めた資金を大きく減らしてしまった場合、最悪のケースでは支払不能になる場合があります。

このようなケースでは投資したお金が一気に消し飛んでしまい、結果として大損をする可能性があります。
このようなリスクがあることを念頭に置いた上で投資信託への投資を慎重に考えていくようにしましょう。

投資信託のリスクを最小限にするためには

とはいえ、このようなリスクを最小限に減らすための投資方法もあります。その代表的な例が債権に対して資金を費やす債券型投資信託への集中投資になります。債権は株式等と比較して価格変動リスクが小さい商品になります。債券中心で運用することを明言している投資信託への投資がそのままリスクヘッジにつながってきます。

また、1つのファンドだけでなく、複数のファンドの投資信託を購入するという選択もリスクを減らすうえでは効果的です。加えてファンドが扱っている商品の中でも、債券型投資信託、不動産投資信託といったようにさまざまな種類を組み合わせることも良いでしょう。

また、そもそも最初から債券・株式・不動産といったさまざまな金融商品に広く投資することをうたったバランス型投資信託という商品もあるので、それを購入するのも一つの手になります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。