株の株価と投資信託の基準価額の違いとは

スポンサーリンク

投資信託って何?

投資信託というのは資産運用を専門で行うファンドが多くの投資家から資金を集めるために1口1万円といった少額の単位で購入する事を可能にしている金融商品になります。したがって、個人投資家でも手を出しやすい金融商品がこの投資信託になります。

そして、ファンドはこの投資信託の販売という形で集めたお金を株式や債券に投資する形で運用していきます。

そして、その運用の結果として得られた利益を投資家に分配金という形で配分する、もしくはその利益をその投資信託の運用資金にプールしておく、もしくはさらに得られた利益を株式、債券への再投資に回すといった形でより大きな利益を投資家に還元することを目指すという形で運用を行っていきます。

投資信託の基準価額って何?

さて、上記で説明した投資信託についてですが、この投資信託の1口当たりの値段の事を基準価額と呼んでいます。投資信託を購入したいと考えた場合にはこの基準価額の値段で希望する口数を購入していくという形になります。また、投資信託を売却する場合の金額もこの基準価額をもとにして算出されていきます。

つまり、この投資信託の基準価額が上昇した場合にはその投資信託の価値が上がったと考えられ、逆に基準価額が下降した場合にはその投資信託の価値が下がったと考えられます。

この投資信託の価値というのはその投資信託を運用する際に投資家から集めた資金を資産として考えて、それをベースに投資信託の価値というものを見ていくことになります。

投資信託の基準価額の算出方法

さて、上記でも述べたように投資信託の基準価額というのは投資信託の価値であり、最初にその投資信託商品が販売された段階では投資家から出資されたすべての資金から必要な費用を差し引いた金額を純資産総額として、その純資産総額を投資信託の口数で割ったものになります。

その後、ファンドの運用成績によって、この投資家から集めたお金にさらに株式の配当や利子で利益が発生してきた場合にはこの分の資金が積み増されて、資産が増えて純資産総額が増加することになります。逆に株式や債券を購入したものの思ったほどのリターンが得られていない場合には投資家から集めた資金である資産が減り、なおかつ費用が膨らむため、純資産総額が減ることになります。このような純資産総額の増減により、基準価額は変動することになります。

分配金を出すと、基準価額が減る?

さて、投資信託を選ぶ際の議論として、一つ論点によく挙がってくるのが分配金がある投資信託の方がいいのか、分配金が無い投資信託の方がいいのかということです。

上記の基準価額の算出方法で行くと、分配金がある投資信託の場合は純資産総額がどんどん積み増されていく形になります。

一方、分配金がある投資信託の場合には純資産総額を積み増す前に早期でリターンとしてお金を受け取っていると考えられます。

例えば投資家から1口1万円の投資信託を100口集めた場合の例で考えていきましょう。この場合に集めた100万円を運用した結果として生じた利益が10万円だったとします。その結果、投資信託の基準価額は純資産総額が110万円になったため、1口1万1,000円となり、1,000円上昇することになります。

しかし、これを分配する場合にはこの時点で投資家一人に1,000円ずつ分配します。結果として投資信託の純資産総額は100万円のままとなり、基準価額も1口1万円のままとなります。つまり分配金を出すと基準価額は減ることになります。

投資信託の基準価額と株価の違いって何?

基準価額というのは投資信託の株価のようなものだと表現されます。実際に市場で投資信託を売買する場合には基準価額の金額で取引が行われる点を考えると、その主張もあながち間違いではありません。しかし、基準価額は基準価額であり、株価とはやはり別物になります。

その基準価額と株価の違いで1つ大きなものは基準価額というのは1日に1回しか算定されないということです。そして、1回算定された基準価額でその日の売買取引が行われることになります。これに対して株価というのはリアルタイムで投資家の売買状況によりその値段が大きく変化していくものになります。この点が基準価額と株価との大きな違いとして挙げることが出来るポイントになります。

そして、基準価額はファンドの運用状況によってその値段が変わり、株価は投資家からどのように人気を集めているかによって値段が変わると言う点も大きな違いになります。

基準価額についてのまとめ

上記では基準価額について述べてきました。基準価額には純資産総額をベースとした独自の算定方法があり、株価と似ているものでありながら、実際はさまざまな違いがあります。投資信託を購入する場合はまずこの基準価額というものは何かについて押さえて取引をするようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。