ニーサを使って投資するべきおすすめの投資先

スポンサーリンク

ニーサ投資の基本は5年間の長期保有

まず、ニーサ口座を作って実際にそのニーサの非課税枠を使って投資をスタートする前に押さえておきたいポイントがあります。それがニーサ口座を使って投資する場合には短期的に売買を繰り返すような株式は向いていないということです。

そもそもこのニーサという制度が作られた趣旨が個人レベルの投資を促進して、国民の長期的な資産形成を図るということにありました。つまり、貯金をしているだけでは資産が増えない時代において、ニーサという制度を利用して資産形成を投資で行っていくことを目的にしていました。

このニーサの制度設計の趣旨としては「長期的な資産形成」というところがポイントになってきます。つまり、短期的に売買を繰り返すことによって利益を得る投資家を作ることは目的としていないということです。したがって、このニーサという制度は長期投資を前提にして株や投資信託の長期保有を行った場合にメリットを最大限に享受できるような形で制度設計が行われています。

国内の割安株

さて、上記のような特徴を踏まえたときに投資先として選択するべき株式や投資信託は普通の口座とは違った基準で選ぶ必要が出てきます。例えば、国内の株式に投資する場合、普通の口座であれば資産を減らしたくない場合にはディフェンシブ株といったような非常に経営が安定して値動きが激しくないといったような株を選ぶことになるでしょう。また、そこまでいかなくても東証一部上場で名前を言えば誰でも知っているような会社の株を購入する人がほとんどだと思います。

しかし、ニーサで投資をする場合には長期投資を前提に投資先を選択する必要があります。長期的な投資を行うことを前提に考えた場合に選ぶべきなのは今後大きく成長が見込まれる可能性があるのに現在の株価は安いといった将来性のある割安株を見つけることです。基本的には5年間という長期保有が前提となり、目先の値動きに右往左往する必要が無いので、腰を据えて成長を見守ることが出来るような企業の株を購入することがおすすめです。

新興国を投資対象とするファンドへ投資

ところで、上記の項目では国内において今後成長が見込まれる企業に対してニーサ口座を使って投資を行っていくべきであるということを述べました。ただ、日本自体が長らく低成長時代が続いており、今後劇的な高度成長が始まるということはもはや考えにくい時代になっています。

ただ、世界を見渡すと、昔の日本における高度経済成長時代のようなペースで、年率10パーセント近い伸び率でGDPを急成長させている国々もたくさん存在しています。このような新興国は短期的なスパンで見ると激しい浮き沈みがあるでしょうが、長期的に見るとどんどん成長していくというのはまず間違いない事実です。したがって、このような新興国の株式に投資するというのも一つの方法になります。

このような新興国を対象にして投資を行っているファンドも存在するので、このようなファンドに投資するのが良いでしょう。

新興国への投資はバランスファンドがおすすめ

さて、上記では成長が見込まれる新興国を投資対象とするファンドに投資するということについて述べてきました。しかし、新興国というのはよくも悪くも先進国のように安定しておらず、それこそ年率10パーセントで経済成長を記録してきたかと思えば、政治情勢の悪化などで一気に経済状況が悪くなるという場合もあります。
したがって、新興国の中で一国を対象にして集中投資するというのは非常に不安があります。そのため、原則は分散投資を考えることになります。

このような分散投資を考える場合にはアジア諸国全体にまんべんなく投資するファンド、新興国全体に投資するファンドなどが有力な選択肢として挙がってきます。例えば新興国全体のインデックスに対して投資する「MSCIエマージング・インデックス」などがよく知られている商品になります。このような商品から投資先を選んでみましょう。

株主優待を狙って投資

さて、上記の項目においてはニーサ口座を使って長期保有をすることによって大きく儲けることが出来る可能性がある株や投資信託を購入することをおすすめしてきました。

しかし、このような成長可能性がある企業や新興国というのはよくも悪くも安定しているとは言えません。経営基盤や国の制度が未成熟であるため、その投資環境も大きく変化する可能性があり、多少はギャンブル的な要素があることは否めません。

このような不安定さがどうしても我慢できないという人はニーサを使って株主優待を狙った投資を行うというのも一つの手になります。このように株主優待を狙って投資を行えば、まず確実に株主優待という形でリターンを得ることが出来ます。

したがって、自分がほしいと思う株主優待の特典から投資先を選ぶというのも選択肢のひとつになります。

ニーサでおすすめの投資先についてのまとめ

上記ではニーサでおすすめの投資先について述べてきました。ニーサでおすすめの投資法には国内の将来性がある企業や海外の新興国といったような今後の成長が見込まれる投資先に将来性を期待して投資するというものがあります。
ニーサでは基本的には長期の投資を前提に将来性のある投資先に投資を行っていきましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。