ニーサって何?ニーサについて徹底解説

スポンサーリンク

ニーサって何?

ニーサという言葉は日本語では「少額投資非課税制度」と言われています。その名のとおり少額の投資であればその儲けに税金を課さないというのが、このニーサのポイントになります。

ニーサが導入された背景としては個人レベルでの投資を活発化させて、個人の資産形成を促していきたいという意図があります。ニーサの目的はあくまでも頻繁に株式売買を行うことにより、利益を得るのではなく、貯金に代わるような形で将来に向けての投資として利用してもらうことを意図しています。

そのような将来に向けての資産形成に役立ててほしいという前提があるため、ニーサの制度自体も長期的な投資を対象とした制度設計がされています。その点については後述していきたいと思います。

ニーサのメリットって?

ニーサのメリットは上記でもの述べたように株や投資信託といったような金融商品を購入して、そこから運用益や配当を得た場合にそれらの運用益や配当について税金が課されないということです。通常はこのような株や投資信託の運用によって得た運用益や配当については20.315パーセントの税金がかかることになっています。この20.315パーセントの税金がかからないこと、それが最大のメリットになります。

つまり、例えば配当金として10万円を受け取ったとしたら、ニーサ口座でなければ、20.315パーセントが差し引かれ、自分の手元に入ってくるお金は約8万円になります。ただ、ニーサ口座であれば、10万円の配当金がそのまま自分の手元に入ってきます。結果として税金分の2万円得することになります。これがニーサのメリットになります。

ニーサ口座をつくる証券会社の選び方は?

ニーサ口座をつくる証券会社を選ぶ際にチェックしておきたいポイントは株式売買手数料になります。この株式売買手数料が高額な証券会社を選んでしまうと、結局株式売買手数料で損をしてしまうため、ニーサで税金が非課税になった分の利益が相殺されてしまう可能性もあります。したがって、証券会社を選ぶ場合にはまず、株式売買手数料に着目するようにしましょう。

おすすめは店舗型の証券会社ではなく、ネット証券と呼ばれるような証券会社です。中でも松井証券、GMOクリック証券、楽天証券、SBI証券といったような証券会社はこの株式売買手数料を100万円以下は無料としています。どの証券会社でニーサ口座を作っていいか分からない場合にはこのようなネット証券会社から好みの会社を選んでみるのも選択肢の一つになります。

ニーサのメリットを理論上最大に生かすためには?

上記でも述べてきたようにニーサ口座についてはその株や投資信託の値上がり益や配当金について非課税になる金額が毎年120万円までと設定されています。そして、このニーサの非課税になる金額は1つの商品に対して5年間までとされています。また、このニーサの対象となる投資の金額にも上限が設けられており、1年間で100万円まで最長5年となっています。

したがって、500万円まで非課税枠の中で投資ができます。なお、売却した時点でニーサの対象にはならなくなります。

つまり、ニーサのメリットを最大限生かすためには最初にニーサの枠を最大限使って100万円の金融商品を購入して、その購入した100万円の商品を5年間保持し続けて、毎年120万円の配当などを非課税で得る、そして5年間のちょうど最後のあたりで売って売却益を出す。このようなパターンが実現された場合、理論上ニーサのメリットを最大限に享受したことになります。

ニーサ口座で運用するべき対象は?

この場合、ポイントになるのは「5年間保持し続ける」ということです。つまり、ニーサのメリットを最大限に享受する場合、運用の対象とするのは長期保有型の株や投資信託になります。

したがって、このような長期保有のメリットを最大限に生かせる証券を考えていくと、「割安の値段で売買されているが、今後大きく成長が見込める企業の株」、「今後経済発展が見込まれる新興国を投資対象とするファンドの商品」などといったところになってきます。

このように短期的な視点では売り買いせず、5年という長期の期間で見たときにほぼ間違いなく、現在の値段よりは値上がりするであろうといったような株や投資信託にニーサ口座のお金を投資していくことになります。

ニーサ口座についてのまとめ

ニーサ口座については限度額があるものの、普通はかかってくる税金がかからないということがあり、ニーサ口座で投資をすると税金分の金額がそのまま儲けとして戻ってきます。そういった点から、ニーサ口座を作っておいてもまず損をすることはありません。まだ、ニーサ口座を作っていない人は前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。