【借りても平気?】日本政策金融公庫、教育ローンを上手く使う方法。

スポンサーリンク

日本政策金融公庫、教育ローンとは?

日本政策金融公庫、教育ローンとはどのような制度なのでしょうか?これは、国が一般家庭に行う貸付で、子供の教育費のローンです。子供一人につき、350万円以内(外国の短大・大学・大学院に在籍する場合は450万円以内)で融資を受けることができ、返済期間が15年となっています。固定金利が、年1.9%ですので、銀行ローンに比べるととても安く融資が受けられ、国が教育を援助していくという姿勢がうかがえますね。

就業年限が原則6ヶ月以上で、中学校卒業以上の子供を対象とする教育施設が対象となり、入学・在学資金や海外留学援助、資格取得など幅広く子供の教育に役立てることができます。日本政策金融公庫、教育ローンは、学びたいという意欲を持った子供の背中を後押しする力強い制度なのです。

日本政策金融公庫、教育ローンの申し込みの仕方は?

さて、教育ローンの申し込みの仕方についてご説明します。国の教育ローンは一年中いつでも申し込みを受け付けています。入学時の費用は合格発表前にお申し込みができますので、志望校が決まり次第お申し込みすることをお勧めします。申し込み後、融資が受けられるかどうかの審査がありますので、資金が必要になった時に出来るだけ早く申し込みをするのが良いです。

この日本政策金融公庫、教育ローンは国民生活事業の各支店窓口で申し込むことができます。または、ホームページからも簡単に申し込むこともできます。審査に必要な書類の準備もありますので、事前にホームページなどで必要書類の確認をしておくことで、お申し込みがスムーズになります。

教育ローンの返済について

教育ローンの返済は、長期戦になりますので、無理せず出来るだけストレスを溜めないのが肝心です。ボーナス月がある場合は、その月だけ多く返済できる方法や、在学中は元金を据え置き、利息だけ返済する方法がありますので、自分の状況に合わせて、プランを選択し負担を軽減していくことが大切です。母子家庭や父子家庭は、金利が低減する制度もありますので、詳しく理解をしておくことで、より返済がしやすくなります。

返済期間は、だいたい10年~15年とみておくのがよいです。お借入れ金額が100万円とすると、10年で完済するはだいたい、月9300円ほど返済することになります。無理なく返済できる金額を出来るだけ正確に予測して、融資を受けることが必要です。自分の手におえなくなってしまったら、大切な家族に迷惑をかけてしまうからです。

積極的に利用しよう!国の教育ローン

日本政策金融公庫、教育ローンは国の制度ですので、民間の会社とは少し違います。民間の銀行や保険会社は、企業利益を出すために経済の動向を分析して、金利を計算するので、どうしても利子が高くついてしまいます。国の教育ローンは、より国民の生活に根付いた制度ですので、民間企業よりも利息が安く融資が受けられ、家計の負担を軽減してくれます。

例えば、株式や投資ですと、第一線の人達は個人でも利益を出すことができるでしょう。しかし、教育ローンのように貸付になると、金利については自分の力ではどうにもできません。情報を知ることで、どこから教育ローンの融資を受けるのがよいのか、状況に合わせて判断する力が必要です。

日本政策金融公庫、教育ローンの使い道

さて、教育ローンはどのような学資に使用できるのでしょうか?入学金や在学の費用だけでなく、在学時の住居費用や教科書代パソコン代にも使えます。また、受験にかかった費用も教育ローンから支払われます。受験料・宿泊代・交通費など、学校納付金以外にも利用できるので、便利ですね。また、すべりどめで受験した学校の入学金や受験費用にも利用できます。

教育ローンを上手く利用することで、子供が安心して勉強に勤しめるように手助けをしてあげましょう。学びたいと思った時に、金銭的な理由で諦めてしまってはとても、勿体ないことです。

まとめ

子供が企業で自立して働く、または良い相手と結婚をするために、高度な教育を受けさせたいと思うのが親心です。しかし、子供の教育費は、年度毎にまとまったお金が必要なので、収入や預貯金の準備が少ない家庭は大変な痛手です。また、不況下では、自分が直接的な原因でなくても、就業が困難であったり、収入が思うように上がらなかったりするのが現状です。

日本政策金融公庫、教育ローンを上手く使い、子供が社会で活躍できるように手助けをしてあげたいですね。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。