低金利・即日融資三井住友銀行のカードローンの特徴まとめ!

スポンサーリンク

カードローンって何?

お金を借りる手段としてはキャッシングなどの手段が用いられるケースが多くなっています。しかし、キャッシング以外にもお金が必要になったときに手に入れるための手段はたくさん設けられています。そのようなお金を手に入れるための手段の一つされているのがカードローンです。カードローンというのは個人向けに金融機関が行っている無担保融資のことをいいます。このようなカードローンに関しては審査というものはそこまで厳しいものではなく、定期的に安定した収入がある職業についていれば申し込むことが可能になるものになります。また、近年では学生や主婦でも申し込むことができるカードローンなども登場しています。カードローンについては銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2つの種類に分かれています。

銀行系カードローンの特徴って何?

銀行系カードローンに関しては消費者金融系のカードローンと比較すると審査条件が厳しいというものになっています。しかし、そのように厳しい審査条件を設ける代わりとしてカードローンの金利については消費者金融系カードローンよりも割安になっているという場合がほとんどです。また、消費者金融系カードローンと比較するとその使用可能な限度額も高く設定されている場合が多くなっています。加えて、大手銀行が運営するカードローンに関しては総量規制というものの対象になりません。総量規制という制度は個人の借入れ限度額について、その個人の年収の1/3までに制限するという制度になります。消費者金融系のカードローンではこの総量規制の枠がありますが、大手銀行のカードローンにおいてはこの総量規制の枠が無いため、高額の借入れも可能になります。

三井住友銀行のカードローンの特徴って何?

さて、そのような銀行系カードローンの代表としては三井住友銀行のカードローンがあります。この三井住友銀行のカードローンには3つの特徴があります。まず、カードローンの金利が年4.0パーセント~14.5パーセントとなっており、銀行系のカードローンの中でも低金利の部類に入るということです。つぎに利用限度額が大きいというメリットもあります。銀行系カードローンでもその利用限度額の上限を500万円程度としているところも見られますが、三井住友銀行のカードローンについてはその利用限度額の上限は800万円となっています。かなり利用限度額が大きいため、三井住友銀行のカードローンだけで借入れをまかなうことができるケースが多くなっています。そして、お金がすぐに必要な人にはうれしい即日融資に対応しているというのも特徴になります。

三井住友銀行のカードローンはどうやって申し込むの?

三井住友銀行のカードローンを申し込む場合、インターネットによる申し込み、ローン契約機による申し込み、電話での申し込み、郵送での申し込み、直接窓口で申し込むといった方法があります。この中で最近主流になっているのはかかる手間が少ないことからもインターネットによる申し込みになっています。インターネット上での申し込みを行うと、30分程度という非常に短時間で融資が可能かどうかの審査結果を伝える電話がかかってきます。この審査結果を受けて会社に在籍確認の電話がかかることになります。しかし、この在籍確認の電話がかかってきてはまずいという人も多いでしょう。そういった人はその後に会社発行の給与明細の最新のもの、会社発行の社会保険証、社員証を提出する必要が出てきます。そして、ローンカードも申し込む場合、その後1週間ほどでローンカードが送られてくるという流れになります。

三井住友銀行カードローンの注意点って?

三井住友銀行カードローンに関しての注意点としては三井住友銀行の口座が無い場合、三井住友銀行カードローンが提供しているサービスのうちのいくつかのサービスを受けることができなくなるということです。例えば、インターネットバンキングを利用した借入れを行う場合には三井住友銀行の口座を持っていることが必須条件になります。また、返済方法についても三井住友銀行の口座を持っていない人の場合にはATMか振り込みに限られてきます。そのため、口座引き落としによる返済を行うことができないことになります。また、それ以外にもホームページ上で利用状況を確認したり、口座残高が不足した時に自動的に融資を行うなどといったサービスについては三井住友銀行に口座がないと使えないサービスになります。

低金利・即日融資可能な三井住友カードローン

上記では三井住友カードローンについて説明してきました。やはり、三井住友銀行のカードローンの魅力としては低金利・即日融資が可能な点が挙げられます。また、総量規制の対象外であり、利用可能額の上限が高いことも魅力です。カードローンの利用を考えている人の候補の一つになるカードローンが三井住友カードローンです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*