組める?組めない?任意整理後の住宅ローンの審査について

スポンサーリンク

任意整理とは

任意整理とは債務整理手続きの一種で、膨れ上がった借金を債権者との話し合いを通じて返済可能な金額まで生理圧縮し、返済計画に基づいて無理のない完済を目指す手続きです。任意整理は裁判所の仲介を必要とせず、債務者の代理人と債権者との合意のみに基づいて成立します。どの程度借金が減額されるか、毎月の返済金をいくらに設定するのかなど細かい内容はケースによって異なります。

任意整理のメリット

任意整理手続きを行うと、借金が減額され返済できる金額まで圧縮されます。更にグレーゾーン金利の借り入れがある場合は借金の相殺や過払い金の返還請求が行われるため、場合によっては借金を完済出来るだけでなく過払い金が手元に戻ってくる可能性もあります。借金の減額が認められない場合でも利息の引き下げや遅延割増のカット等が認められる可能性は高く、返済負担の大幅軽減が見込めます。

任意整理のデメリット

任意整理は借金が減額されますが、金融上の信用を損なう行為のため手続き後数年間は新たにフリーローンやキャッシングを利用して借り入れることはできなくなります。人リ整理手続きの情報は信用情報機関に登録され金融業者感で共有されるため、別の金融機関で借り入れを申し込んでも扱いは同様です。ただし、約5年程度で任意整理を行ったという情報は削除されるので、それ移行は以前と同様ローンやキャッシングを利用できるようになります。

任意整理と住宅ローン

住宅ローンの取り扱いに関しても基本的にはキャッシングやフリーローンと同様に利用できなくなります。任意整理は債務者にとっては返済できなくなってしまった借金を解決してくれる手続きですが、債権者にとっては返すという約束でかしたお金が返済されなくなるという約束破りの行為です。任意整理をした人や約束を守らない信用出来ない人物となり、新たに住宅ローンを組むことは非常に難しくなります。

任意整理で過払い金返還があった場合は住宅ローンが組める

任意整理でも、過払い金の返還が行われた場合は住宅ローンを組むことができます。同じ任意整理でも過払い金の返還があるケースでは、借金を減額すること無く過払い金を返済に当てることによって債務を完済したという扱いになります。過払い金で借金を完済したのですから金融トラブルにもならず、信用情報機関に情報が登録されることもありません。5年を待つことなく住宅ローンを利用できます。

家族が任意整理していた場合

家族が任意整理手続きを利用して債務整理を行っていても、住宅ローンには影響ありません。チェックされるのは住宅ローンを申し込んだ本人のみであり、家族の信用情報は審査とは無関係です。ただし、保証人に関しては信用情報がチェックされるため、任意整理の事実が確認された人物は保証人として認められません。親や配偶者が任意整理をしていて一定期間が経過していなければ、別の人物を保証人にする必要があります。

住宅ローンが組める可能性もあり

住宅ローン審査に関しては個別の事情を考慮して審査が行われるため、任意整理したから絶対審査に落ちるとは限りません。実際に任意整理手続き後に住宅ローン審査に通過したという報告もあり、低いとはいえ可能性は残されています。審査に通過するためには「借入比率が低い」「勤務先が大手」「返済プランに余裕ある」など厳しい条件をクリアしなければいけませんが、住宅ローンが組める可能性はゼロではありません。

すでに住宅ローンを組んでいる場合

任意整理手続きを行う前に住宅ローンを組んでいる場合、住宅ローンは任意整理の対象に含まれません。返済日を守ってきちんとローンの返済を続けている限り、住宅ローンをそのまま継続してマイホームに住み続けることができます。ただし、返済が苦しくなってしまった場合は返済額や返済期間の見直しをしなくてはならず、任意整理の事実も含めて金融機関と話し合う必要があります。

任意整理以外の自己破産で自宅を守る

債務整理手続きには任意整理以外の方法もあります。個人再生は主にマイホーム所有者を対象にした債務整理手続きで、不動産所有を認められたままで債務を整理できる手続きです。整理の対象になるのは住宅ローン以外の債務で、債務額の5分の1を3年間で返済していくことになります。債権者の合意を得なければならず官報に掲載されて債務整理の事実が公表されてしまいますが、借入中の住宅ローンは引き続き利用できます。

任意整理と住宅ローンに関するまとめ

任意整理をすると、信用情報が消えるまでの間は基本的に住宅ローンは利用できません。任意整理は金融上の信用を大きく損なう行為ですから、軽い気持ちで利用するべきではありません。住宅ローンが利用できないとマイホーム購入はほぼ不可能になってしまいます。将来のライフプランに支障をきたさないためにも、借り入れは計画的に利用してください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。