急な教育資金に困ったときは教育ローン

スポンサーリンク

教育ローンっていったいどんなもの?

教育ローンという言葉自体はよく耳にすると思いますが、では、実際どのようなローンのことで、どのようなメリット・デメリットがあり、いったいどのような人が利用しているのか知っていますか?

教育費用の融資を受けようとする場合、教育ローンのほかに「奨学金」というものもありますが、「奨学金」は教育を受ける学生が資金を借り、その学生自身が卒業後に返還するものです。一方、「教育ローン」は保護者賀が融資を受け、その保護者が返済するものです。
このように、教育ローンは保護者(多くは親)が借金を背負うことになりますので、家庭の事情によってはます奨学金を優先的に考えるケースもあるでしょう。

なお、教育ローンは国の機関である日本政策金融公庫が取り扱うものと、民間の銀行、信用金庫、信販会社や、ノンバンクなどが取り扱うものがあります。

公的教育ローンと民間教育ローンの違い

公的教育ローンの特徴は、
- 無担保でも金利は低く設定されている。
- 将来的な金利の変動に左右されない固定金利で融資を受けることが出来る。
- 在学中は元金返済の据え置き、利息のみの返済も可能。

民間教育ローンの特徴は、
- 有担保と無担保のローンがあり、選ぶことが出来る。(有担保のほうが金利は安い)
- 金融機関などによっては変動金利と固定金利のどちらかを選ぶことが出来る。
- 入学シーズンになると顧客獲得のため、金利優遇キャンペーンが行われたりする。
- 公的教育ローンは高校生以上でないと対象とはならないが、幼稚園入園時から利用可能の場合があり、学校などに支払う費用以外の習い事や学習塾などにかかる費用についても対象となることもある。

公的教育ローンについて注意しておくべきこととは

あくまでも国が取り扱う公的なローンですので、資金使途は原則として「教育」に限定されます。よって、入学金や授業料、初年度納付金など、その資金使途を証明する書類や入学通知書などが申込みの際に必要とされるでしょう。

審査にあたっては年収制限があり、特に1月から3月の入学を控えた時期などには審査そのものに相当な時間がかかることもありますので注意が必要です。

対象となる学校は高校以上で国が対象として規定している学校以外は教育ローンの融資を受けることは困難です。これには義務教育期間中の費用についても含まれます。

融資額についても、民間の教育ローンと比較すると低く、現在では最高で350万円までとなっています。ですので、350万円以上が必要となる場合には民間の教育ローンも検討する必要があるでしょう。

民間教育ローンについて注意しておくべきこととは

では、民間の教育ローンについて注意しておくべきこととはいったいどのようなものでしょうか。まず、金利についてですが、無担保や有担保、変動や固定金を選べる自由さはありますが、その自由さゆえ金利自体が公的教育ローンと比較すると高めに設定されています。また、借入限度額も500万円まで融資が可能なところもあり、民間の教育ローンよりも高額な融資を受けることも出来るかもしれません。

ですが、融資はあくまでも借金ですので、あまりに高額なローンを組み、謝金返済行き詰ることのないように十分注意が必要です。どうしても、子供の教育費となるとどんなに高額であっても何とか工面しようとするのが親心ですが、現実から目をそらすことのないように十分注意しておきましょう。

教育ローンは必要か・いざとなってから慌てないためには

実際のところ、教育ローン自体必要なものなのでしょうか。教育ローンはあくまでもそれなりの費用の支払いが発生する見込みが立った段階で考え始める資金調達の手段と言えるでしょう。ですので、もし、もっと早い段階で将来的に発生する各種支払い、費用発生の見込みがついていれば教育ローンに頼る必要はないのです。

とはいうものの、十数年先までの教育費用を厳密に割り出すことはまず不可能と言っていいでしょう。ですので、大雑把でも、大学入学時にかかる費用プラスアルファだけでも出来るだけ早い段階から貯蓄を始めるのが肝となってきます。世の中には学資ローンというものもあり、取り扱う会社の中には専門のファイナンシャルプランナーが教育資金に関する相談にのってくれるところもありますので学資保険を活用することも無理のない教育資金を確保するために有効な手段でしょう。

教育ローンの比較・メリット・デメリット

・教育ローンには公的教育ローンと民間教育ローンがある。
・それぞれのローンにはメリットとデメリットがあり、注意が必要。
・教育ローンとは別の、奨学金も検討するべき。
・学資保険を活用して出来るだけ早い段階から貯蓄を始めることも一つの手段。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。