車ローンシュミレーションで無理なく返済金額を安くする計画をたてよう

スポンサーリンク

車ローンの仕組み

車は高い買い物です。一括で支払うだけの貯金が出来ていれば何も問題はありませんが、貯金をする前に車が必要となる場合や、どうしても車を買い換えたい場合など、一括で買うだけの資金がなくても車ローンを使うことで、金融機関からお金を借りて車を購入する方も多いかと思います。

このとき、車ローンを返済する際には、借りたお金だけでなく金利がかかっています。
金利とは、借りたお金に対して金融機関へ借りた額にプラスした金額を返済していく仕組みのことで、この金利によって金融機関は利益をあげています。
金利はそれぞれの金融機関によって利率が変わり、金利が低い金融機関でお金を借りることで返済する金額も少なくすることが出来ます。
また、金利は元金に対して計算されるため、元金が少なければ少ないほど返済する金額も減らすことができるといえます。

車ローンシュミレーションの見方

車ローンのシュミレーションを行なうには、インターネット上で多くのサービスが提供されていますので、そのサイトを使うことで、月々の返済金額や総支払額の計算は簡単に行なうことができるでしょう。
しかし、シュミレーションサイトにのっている言葉には難しいものが多くありますよね?

ローンのシュミレーションが理解しやすいように以下の言葉の意味を理解ておくとよいでしょう。

「借り入れ金額」・・・実際に借りる金額
「返済期間」・・・借りた金額を返すまでに考えている期間
「ボーナス返済額」・・・ボーナス期(6月、12月)に上乗せできる返済額
「金利」・・・借りた額に対して銀行に払う金額の割りあい
「元利均等返済」・・・返済額が毎月同じ金額の返済方法
「元金均等返済」・・・借りた額(元金)の返済を毎月同じにする返済方法

このうち、「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いはわかりにくいかと思いますので、その違いについて解説します。

「元利均等返済」と「元金均等返済」の違い

車ローンシュミレーションサイトの中で特にわかりづらいのが「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いです。
文字では「元金」と「元利」の違いだけですが、この返済方法を間違えると毎月の返済金額が大きく変わることとなり、生活費にも大きく影響を与えますので注意をしなければなりません。

一般的には「元利均等返済」が一般的であるため、迷った場合には「元利均等返済」を選ぶとよいでしょう。

では、「元利均等返済」と「元金均等返済」ではなにが違うのか?

車ローンで借りた金額を金融機関に返済するには、毎月「元金」と「金利」の両方を支払っています。

元金とは借りたお金そのものを返済している額で、金利とは借りたお金にかかっている利息を金融機関に支払っている金額です。

この元金と金利の割りあいの違いが「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いになります。

では、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

「元利均等返済」と「元金均等返済」のメリットとデメリット

「元利均等返済」とは、元金と金利の両方を合わせた額が毎月同じ金額となり、毎月同じ額を返済していく方式で、毎月の返済額が分かりやすいため、一般的にこの方式を利用している方が多いです。最初のうちは金融機関の儲けとなる利息の返済額の割合が多く、金融機関から借りている元金はあまり減らずに、金利の支払いが大きくなるというデメリットがありますが、毎月の返済金額が分かりやすいというメリットがあります。

「元金均等返済」では、元金のみを均等とし、それにプラスして金利を支払う方式であり、毎月支払う金額が金利の上乗せ分だけ大きく変動が発生することとなります。そのため、返済額が少ない最初の時期は返済金額が大きくなるため、計画的に利用しなければ家計を圧迫するデメリットもありますが、元金の返済は早くなり、後々の返済金額も減るため、トータルで見ると安く返済できるメリットがあります。

車ローンをお得にする方法が実践できるかシュミレーションしよう

車ローンお得にするには4つの方法がありますので、しっかりのシュミレーションをして無理なくお得に返済計画をたてましょう。

車ローンをお得にする考え方は非常に簡単で、金融機関に支払う金利を減らすことでトータルのローン支払い額を抑えることができます。

金利を抑えるために次の4つの方法があります。

1.金利の安い金融機関を利用する
車ローンを組む際に、ディーラーのオススメする金融機関をそのまま利用していませんか?ディーラーがオススメするのは審査が通りやすい車ローンが多く、基本的に金利の高い車ローンを紹介されます。少し手間がかかりますが、銀行などの金利が低い車ローンを使うことをオススメします。

2.元金均等返済を行なう
利息を減らすための手段は元金を減らすことです。元金を減らしやすい元金均等返済であれば、最終的な車ローン支払い金額は抑えることが可能です。

3.返済期間を短くする
返済期間が長ければ長いほど、払っている利息は大きくなります。家計に無理のない範囲でなるべく短い返済期間にすることがトータルでの返済金額を抑えることとなります。

4.ボーナス払いでなるべく多く返済する
ボーナス返済分には利息がかかっておらず、元金をまるまる返済することが出来るのでボーナス払いはなるべく多く設定しておいたほうが返済金額はおさえられるでしょう。ただし、ボーナス自体が不確定な収入であるため、ボーナスが減らされたときなどに苦しくならないように無理のない範囲で返済計画をたてるとよいでしょう。

車ローンシュミレーションで無理のない返済計画をたてよう

車ローンをお得に使うにはなるべく金利をおさえることが重要です。そのためには、金利の利率が安いところで車ローンを契約し、早くたくさんの返済を行なうことが重要となります。
ただし、返済金額に無理があると支払い延滞などでh大変な事態となる恐れもあるため、車ローンシュミレーションサイトを利用して、家計に無理のない範囲での返済ができるようにしっかりとした計画をたてましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。