自動者ローンの利息節約のコツと金利の計算方法とは?

スポンサーリンク

ディーラーローンと自動車ローンはどちらが得なのか?

自動者を購入する際にローンを組む場合は、どこでローンを組むのかが大切です。何故ならどこでローンを組むのかで金利は異なるからです。

自動者を購入する為にローンを組むのであれば、できるだけ低い金利にしたいですよね。ではローンはどのようなところを選ぶべきなのでしょうか。

細かい選択基準はいくつかありますが、大切なことはディーラーローンからお金を借りないことです。もちろんディーラーローンを活用することにメリットがないわけではありません。

ディーラーローンであれば金融機関の自動車ローンよりもローンが組みやすい、というメリットがあります。安定的な収入の証明が難しい場合でも、しっかりとした保証人がいればお金を借りられる可能性が高いのです。

しかしながらディーラーローンは金利が高い場合が多く、そのほとんどが6%前後です。ところが金融機関の自動車ローンであれば金利が2%前後のところが多くなります。

ディーラーローンと金融機関の自動車ローンを比較して考えた場合、金融機関からの自動車ローンの方が安く借りられる可能性が高いのです。

自動車ローンの金利計算の前に考えるべきこと

自動者ローンの金利計算をする際は、まずは目的意識を明確にすることが欠かせません。何故細かい金利計算をする必要があるのか。その目的意識を明確にするのです。

金利計算をする目的はトータルで支払う金額を抑える為ですよね。この目的意識を損なってはいけません。例えば頭金は現金で用意して200万円を自動車ローンで借りたとしましょう。

最初に自動車ローンを低金利で組むことは欠かせませんが、ある程度の現金が用意できるようになれば繰越返済することも重要です。そうすることで結果として支払うトータルコストが抑えられる可能性が高くなるからです。それに200万円程度であれば、ボーナスや昇給で数年以内に準備できる可能性がありますよね。

しかしこのような目的意識を忘れてしまうと経済的に余裕ができているにも関わらず、いつまでも金利を払い続けてしまいがちです。したがって自動車ローンを組む際は現金が準備でき次第、一括返済するという考え方を持つことが大切なのです。

自動者ローンの金利計算方法

ローンといえば住宅ローンを思い浮かべるかもしれませんが、金融機関の自動車ローンは住宅ローンのように金利が変動することはほとんどありません。

金融機関の自動車ローン大きな変動がなくほとんどが2%程度です。したがって金融機関から返済額を計算する際は、2%を想定して計算しましょう。

以下に自動車ローンの金利計算方法を紹介します。
・元金÷返済月数+元金×利率÷365×30・・・①
(元金÷返済月数+①+元金÷返済月数)÷2=返済額/月

250万円を1.8%の金利で借りて、84ヶ月で返済することを決めたとしましょう。
その数字を計算式に当てはめると、毎月の返済額は、3万円程度になります。

この計算式を活用すれば利率が1%、2%上がることがどれだけの違いとなるのか、実感しやすくなります。

自動者ローンの返済方法の種類について

金融機関から自動車ローンを借りる際に、しっかりと計算して月々の返済金額を把握することは欠かせません。そしてそれと同様に慎重に考えて判断すべきことがあります。

それは返済方法です。自動車ローンを借りる際は利率だけではなく、元金均等返済、もしくは元利均等返済にするのか返済方法についても考えなければいけません。

元金均等計算では、元金と利息の比率が毎月同じではありません。元利均等返済ではそれらが同じ比率となります。元金均等返済は一定の金額を毎月元金に返済します。

このように最終的なトータルの支払い金額は利率だけで決まるものではありません。金融機関から自動車ローンを借りる場合は返済方法も慎重に選択しましょう。

自動者ローンを申し込む際の注意点とは?

自動者ローンを選択する場合は、ここまで紹介したように毎月の返済金額とトータルの返済金額を計算することが欠かせません。

しかし自動車ローンは自動車ローンの内容だけで選択してはいけません。自動者の使用年数まで考える必要があります。自動者の平均的な使用年数は12年です。

したがって、12年経過した後は、また新たな自動車ローンを組むことを考えなければいけません。新たに自動車ローンを組むのであれば頭金の準備が必要になりますよね。

その為、どれだけ毎月の支払を抑えたいとしてもあまり長期的な返済期間にすべきではありません。例えば返済期間を8年にすれば自動者ローンの支払いが終わって、次の自動車ローンを組むまでの期間は4年しかありません。

返済期間を7年にすれば次の自動者ローンを組むまでの貯金できる期間が5年になります。このように、自動車ローンを組む際は俯瞰して10年単位で次の自動車を購入することまで考えておきましょう。そうすることで程良い節約と無理のない支払いができるのです。

自動車ローンを借りる際は、一括返済を想定しよう

ここまで、自動者ローンの利息節約のコツと金利の計算方法について紹介しましたが、いかがでしたか。自動者を購入する際にローンを節約するコツは、とにかく金利が低いところから借りることです。できるだけ複数の自動車ローンを比較検討して、金利が低いところを選択しましょう。

そしてもう一つ大切なことは、経済的な余裕ができたら一括返済することです。計算式からも分かるように、返済期間は長くなればそれだけ、トータルで支払う金額が多くなります。昇給や賞与で経済的な余裕ができた際は、一括返済を検討してみてはいかがでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。