【知らないとマズイ!?】カードローンの借り換えの当たり前

スポンサーリンク

カードローンの借り換えって何?

カードローンの借り換えというのは文字通り、カードローンの借入先を変更するということになります。この借入先を変更することによって、より有利な条件で返済を進めていこうというのが、借り換えが目指している目的になります。また、カードローンの借り換えと似たような言葉に最近流行りの多重債務者などが複数の金融機関に抱えてしまった借入れを一本化するというおまとめローンというものがあります。このおまとめローンですが、複数の金融機関からの借入れをそれぞれおまとめローンを運営している金融機関のおまとめローンに借り換えを行っていくことによって一本化するというものになります。基本的に近年カードローンの借り換えを行う場合、このおまとめローンというものを使って多重債務を一本化するというカードローンの借り換えを行うケースが増えています。

カードローンの借り換えってどうするの?

カードローンの借り換えを行う場合にはまずカードローンの借り換えを行いたい先の金融機関に申し込みを行う場合があります。その際には新規のカードローンの申込と同様に審査が行われる場合があります。この際、1つの会社からしか借入れをしておらず、その会社からの借入れをほかの会社の方が条件がいいので借り換えという形で返済先を変更したいという場合とおまとめローンのいう形の借り換えを行い、複数の債務を1つの会社のカードローンにまとめたいという借り換えでは審査基準がことなります。一般に1つの借入れしかない場合の借り換えについてはその人の返済実績などの問題がないようであれば、スムーズに審査が進みます。しかし、多重で債務を抱えている人に関してはその返済可能性に疑問符がつくため、審査も厳しく行われるというケースが多くなっています。この審査を通過するとはれてカードローンの借り換えが認められることになります。

カードローンの借り換えを選ぶ基準は?

カードローンの借り換えを検討する人には多重債務者が多いと上記で述べてきました。このような多重債務者がカードローンの借り換えを考える時、最初に考えなければいけないことに「総量規制」という基準があります。総量規制というのは貸金業者を規制するために設けられている法律で、借入れを行う人の年収の1/3までの金額しかお金を貸してはいけないというものになります。カードローンの借り換えを考える人に関してはさまざまな会社からの借入れを抱えており、すべてを合計していくと、自分の年収の1/3を超えているという場合もざらにあります。そのようにして自分の年収の1/3を超える借入れを行っている場合には消費者金融系で借り換えを検討することはできません。なぜなら、この総量規制の対象となっている貸金業者に該当するためです。ただ、銀行に関しては貸金業者には該当しません。したがって、銀行のカードローンへの借り換えであればこの総量規制の影響を受けないことになります。したがって、カードローンの借り換えを考える場合にはまずこの総量規制の基準に引っかかるかどうかをチェックするようにしましょう。

カードローンの借り換えを行うメリット

カードローンの借り換えを行うメリットとして最大のものは金利を安くすることが出来るかもしれないということです。このカードローンの借り換えは一つの借入先からのカードローンの支払いしかない場合にもメリットがありますが、最も大きなメリットを享受できるのは多重債務を抱えている場合になります。カードローンの借り換えを行う人は多重債務であちこちから借入れを行い、少額の借金をたくさん抱えているというケースが多くみられます。一般的に借入れは額が少額であればあるほど金利が高くなっていき、逆に借入れの金額が大きくなれば金利は低くなっていくという傾向があります。このように多重債務であちこちから借り入れている人は少額の借金が多いので、金利もほとんどの借金が上限金利で支払いを行っている状態になります。したがって、カードローンの借り換えをすることによって、1社からの借入れに統合することにより、借入れの金額を大きくして、金利を低くすることが出来る可能性が出てきます。これがカードローンの借り換えを行う最大のメリットになります。

カードローンの借り換えの注意点って?

カードローンの借り換えを行う場合に注意しておかなければいけない点はカードローンの借り換えのメリットを享受できないようなカードローンに一本化しないということです。具体的にいうとカードローンを一本化できるからといって、金利が高いカードローンに借り換えして一本化するということです。これではカードローンの借り換えのメリットを得ることが出来なくなります。また、逆にあまりにもカードローンの借り換えの金利が低い会社にも注意が必要です。常識では考えられないような低金利をうたっているカードローンの場合には詐欺まがいの悪徳業者が経営している場合もあります。十分に注意するようにしましょう。また、カードローンの借り換えを行う場合、その返済期間もしっかりチェックしておく必要があります。返済期間を長くする場合、月々の返済額は低くて済みますが、最終的に返済しなければいけない金額は大きくなります。ただ、月々の返済額を高くするとそもそも日々の生活が非常に圧迫されてカードローンの返済がままならなくなる場合もあります。したがって、一概に返済期間が長いカードローンが悪いとも言えません。自分の状況に合わせて適切な返済期間を選ぶようにしましょう。

多重債務者はカードローンの借り換えを検討すべし!

上記ではカードローンの借り換えについて細かく見てきました。もっともカードローンの借り換えがそのメリットを発揮するのは多重債務を抱えている場合です。多重債務を抱えている人はカードローンの借り換えについて検討してみましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*