【カードローンではどんな審査を行っている?】お申込みする前に知っておきたいこといろいろ

スポンサーリンク

属性スコアリング審査を行っている

最近のカードローンではインターネットで来店不要でお申込みできるようになりました。
パソコン、ケータイ、スマートフォンでいつでもお申し込みが可能です。
カードローンのホームページにはお申込フォームがご用意されており、このお申込フォームにはお申込者の属性を入力する欄があります。
カードローンの審査ではこれらの属性にスコアリングを付けています。
スコアリングにより属性を点数化してその結果に応じて審査の合否を判断すると言う審査方法です。
カードローンの会社では顧客データを保有しています。
優良顧客のスコアリング、リスクの高い顧客のスコアリングがどのくらいなのか顧客データを見ると分かりやすいです。
この保有している顧客データはカードローン各社で違います。
コンピューターが自動的にスコアリングを付けており、パソコン、ケータイ、スマートフォンの画面上ですぐに審査結果を表示するカードローンが見られます。

評価の高い属性と評価の低い属性は

属性の内容によって評価の高いもの評価の低いものに分かれます。
審査で特に重視している属性は職業や年収、勤続年数、健康保険の種類、住居形態、家族構成などです。
職業では公務員や大企業の会社員は評価が高いです。
その次に評価が高いのが中小企業の会社員です。
自営業やアルバイトやパートは評価が低くなります。
勤続年数は5年以上10年以上あると評価が高く、6カ月未満だと評価が悪くなります。
最低でも1年以上の勤続年数がないと良い評価は得られないです。
年収は400万円以上が一番評価が高く、その次に評価が高いのが200万円以上です。
200万円以下だと評価が落ちますが、年収が安定していることを重視しています。
保険の種類は公務員の共済組合、大企業の組合健保、中小企業の社会保険、自営業アルバイトの国民健康保険などがあり左に行くほど評価が上がります。
住居形態は本人名義の持家、家族名義の持家、官舎や社宅、賃貸、公営住宅から左に行くほど評価が上がります。
家族構成は独身より同居家族が居るほうが評価が高いです。

信用情報機関に信用情報の照会を行っている

カードローンの審査では信用情報機関に個人の信用情報の照会を行っています。
信用情報機関は信用情報の収集や管理、提供などを行っています。
信用情報機関は全国銀行個人信用情報センターKSC、株式会社シーアイシーCIC、株式会社日本信用情報機構JICCと3つあります。
KSCは主に銀行が加盟、CICやJICCは主に消費者金融や信販、クレジット会社などが加盟しています。
信用情報には過去のローンやクレジットのお申込み状況や利用状況などいろいろな情報が登録されています。
信用情報に遅延の無い優良なご利用実績が登録されていれば特に問題はないですが、事故情報が登録されている時は問題です。
事故情報は3カ月以上の延滞や債務整理などがあり、信用情報に残っているとカードローンからお金を借りるのは難しくなります。
保有期間が過ぎれば削除してくれますので、削除されてからカードローンにお申込みすると良いです。
開示請求を行うと削除されたかどうか確認することが可能です。

勤務先に在籍確認を行っている

カードローンの審査ではお申し込み時に申告された勤務先の電話番号にかけて在籍確認を行っています。
一部には嘘の申告をされる人が見られるので、きちんと申告された勤務先に勤務しているかどうか確認しています。
カードローン会社名ではなく担当者個人名で電話をかけるのが基本です。
本人ではない人が電話に出てもカードローン会社だとは分かりませんので安心です。
不在でも在籍確認が取れるような返答があれば問題なく終了します。
本人が出た時は名前と住所を聞かれることがあります。
会社の人に知られてしまう心配は無いですが、ケータイやスマートフォンを持っているのになぜ会社に電話がかかってくるのだろうと怪しまれる可能性はあります。

在籍確認が困る時は代替処置がある

在籍確認の電話連絡がどうしても困ると言う時は相談すると代替処置を取ってくれる場合があります。
カードローン会社にもよりますが代替処置としては収入証明書類の提出があります。
在籍確認が取れるような収入証明書類は保険証や社員証、給与明細などです。
通常は希望されるご利用限度額が高くなければ、他社借入額が多くなければ収入証明書類の提出は不要です。
即日融資を受けたいけど会社が休日で在籍確認が取れないと言う場合は、いったんご利用限度額を低くして即日融資を行い、月曜日に在籍確認を行い終了次第ご利用限度額を元に戻してくれるカードローン会社もあります。
代替処置を取ってくれるかどうかホームページには書いてありませんので、お申し込み時にお電話などで聞いてみて下さい。

簡易診断をまずは受ける

カードローンではホームページで簡易診断と言うサービスを提供している場合があります。
この簡易診断では簡単な入力と選択だけで診断結果がすぐに出ます。
まずは簡易診断を受けておき、良い診断結果が出てから審査を受けてみると良いです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*