ついつい借りすぎた!?カードローンの金利は事前にチェック!

スポンサーリンク

金利計算を事前に

ローンの金利計算を事前に上手に行っておけば借り入れしてからもマイペースに返済を行っていくことが出来ます。ローンの金利のシュミレーションをしっかり行っていないと、ローンが負担に感じ手しまう方や支払いが不可能になってしまう方もいますので注意が必要です。ローンの支払いが出来なくなりそうな方は税理士に相談することでローンの金利や、支払い年数を、わかりやすく解消する事が出来ます。

債務のシミュレーション

今現在の借り入れが1000万円ある方、年率20%で返済をすると、200万円が利息となってしまう計算になります。200万円以上、返済しないことには元金が減らない仕組みになっています。毎年200万円が利息で、年収が360万円の方は、自分の年収以上を支払わないと、元金が減らない仕組みになっています。

多くの金融機関での遅延損害金は28%

また住宅ローンやキャッシング、カードローンの返済では、支払いが遅れてしまいますと、その分の遅延損害金がかかります。そのため支払いは出来るだけ遅れないようにしたいところ、多くの金融機関での遅延損害金は28%になります。1000万円の支払いを一ヶ月遅れてしまいますと、その分の遅延損害金は280万円ということになります。また支払いをしていない場合にはその分の支払いをしないといけなくなってしまいます。遅延損害金と、利息を含めただけで480万円の支払いになってしまいます。そうならないように早めに措置を取ることが求められます。措置とは法的に利息を止めること、また、借金を減額する事などをお勧めします。

支払いおけるコンディションを整える

しっかり支払いを出来るようにしておくことが可能で、支払いにおけるコンディションを整えることが出来ます。債務整理は借り入れしている債務の利息を止めることが出来ますので、上記で述べた1000万円以上の借り入れをしている方は年間200万円以上も支払いが安くなります。

または支払いが出来るまで、元金を減額する事が出来る任意整理もお勧めです。過去の事例では1000万円の借り入れが焼く300万円まで減額された事例もあります。そのため高額な借り入れがある方は債務整理、返済しましょう。

債務整理や任意整理について

借りすぎてしまった方は法的にしっかり完済できるようにしましょう。完済できる金額に調節する事が出来るのが債務整理や任意整理です。また保証人になってしまった方で高額な借り入れがある方もここで一度検討しましょう。

住宅ローンが高くてローンの返済で困っている方

具体的に、住宅ローンの比較や、諸費用の概算を踏む馬手見直しを図りましょう。年収、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額を計算する事が出来ます。はじめのうちは借り換えなどを検討する人も少なくありません。借り換えを行うことで一時的に利息を安くする事が出来るケースもありますが、元金が減らないことには、ローンを完済する事は出来なくなってしまいます。

ローンの変更条件を変更

ローンの変更条件を変更する事で、毎月の返済額を増額して、返済期間を短縮する事が出来ます。また毎月返済のみをボーナス併用返済に変更する事も可能になり、合理的な返済を行うことが出来るようになります。パソコンにダウンロードして、利用できるシミュレーションする事が出来るツールを提供している会社もあります。ローン全額を処理したい方はローンの切り替えよりも、法的処理を行うことをお勧めします。そのほうが、基本的にわかりやすく、額面も大きく減っていくからです。

額面が2000万円以上の借り入れがある方は自己破産か

債務はキチンと処理を行っておくことが基本です。そのままにしておくと元金も大きくなり、最終的には支払いが出来ない金額になってしまう可能性もあります。金額が大きい方は自己破産を行うことも視野に入れましょう。額面が2000万円以上の借り入れがある方は自己破産を行うことが有意義です。しっかりシュミレーションをして返済を行う事が大切です。

ローンを支払いきれないと感じている方は法的な措置も含めて検討する

返済におけるしっかりとした条件を確認しておきましょう。自分の選択しだいでローンの負担を軽減する事も出来ます。自分の借り入れしている利息などの条件をしっかり認識しておきましょう。ローンを支払いきれないと感じている方は法的な措置も含めて支払いを検討しておくことをお勧めします。ローンの返済はこのようにたくさんの解消方法があります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*